ファイナンス

デロイト トーマツ グループは、M&A取引、リストラクチャリング、資金調達、フォレンジック調査等に関するアドバイザリーサービスを提供しています。同様に、ビジネスモデリング、PPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ)、インフラ構築アドバイザリー、バリュエーションといった、多面的なサービス提供も可能です。

ナレッジ

平成27年度税制改正大綱の概要

平成26年12月30日に「平成27年度与党税制改正大綱」が公表された。法人課税を中心として重要度が高いと思われる項目について解説する。

ナレッジ

バーゼル銀行監督委員会が「予想信用損失会計に関するガイダンス」の市中協議文書を公表

IAS Plus 2015.02.03 バーゼル銀行監督委員会は、「予想信用損失会計に関するガイダンス」と題する市中協議文書を公表

ナレッジ

金融庁が「『コーポレートガバナンス・コードの基本的な考え方(案)《コーポレートガバナンス・コード原案》~会社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上のために~』の公表について」を公表

平成26年12月17日、金融庁より公表されたコーポレートガバナンス・コードの基本的な考え方(案)について解説しています。(月刊誌『会計情報』2015年2月号)

ナレッジ

事例で見る事業売却

事業売却の現場にスポットを当て、事業売却を決断するに至る背景と、売却を推進する立場と他社に転籍する立場とに分かれた従業員の心情を見てみる

ナレッジ

基礎からのM&A講座

大学で講義を受ける感覚で基礎からM&Aを学ぶ12回完結の講座型連載記事。今更聞けないM&Aの基礎から、事例を踏まえた解説など、実践に役立つ内容です。

ナレッジ

Industry Eye 第3回 マニュファクチャリング(自動車セクター)

「Industry Eye」第3回は、自動車業界の動向と最新のトピック(米国民事訴訟やカルテル摘発など)について解説を行う。

ナレッジ

Industry Eye 第6回 金融(前編)

Industry Eye 第6回は、金融業界の最近の潮流について2回に分けて解説をします。

ナレッジ

Industry Eye 第7回 金融

Industry Eye 第7回は、身近な環境で行われている「金融のM&A」について、日本市場の概況を述べていく。

ナレッジ

勝ち組企業は事業を売っている

勝ち組企業は、ためらうことなく不採算事業を売却し、事業の新陳代謝を行っている。

ナレッジ

日本版スチュワードシップコード

日本版スチュワードシップコードがもたらす未来

ナレッジ

4 Faces of CFO

デロイト トーマツ グループでは、CFO及びCFO組織の役割『4 Faces of CFO』を定義し、CFO組織変革や、企業にとって必要なCFO機能の進化をサポートします。

ナレッジ

グローバルサーベイにみるアウトソーシングの現状 2014年版

トーマツグループが2014年に実施したグローバル アウトソーシング・インソーシング サーベイより、グローバルにおけるBPO(ビジネス プロセス アウトソーシング)の実態・トレンドを紹介。

サービス

IFRS TOP

任意適用が開始されて以降、国際会計基準(IFRS)の適用を表明する日本企業も増加しつつあります。

サービス

ファイナンストランスフォーメーション TOP

企業のファイナンス組織が進化に向けて取り組むべき10テーマに対し、デロイト トーマツ グループのファンクションの専門性の連携を図り、サービス提供します。 

サービス

CFOサービス TOP

CFO及びCFO組織の変革のみならず、企業にとって必要なCFO機能の進化をサポートします。 

サービス

Deloitte Analytics TOP

デロイトおよび デロイト トーマツ グループが提供する、アナリティクスを活用したコンサルティングサービスです 

サービス

株式上場(IPO)TOP

株式上場(IPO)に向けて、個々の企業ごとにカスタマイズした上場支援サービスを提供することにより、企業のIPOの実現を支援します。  

サービス

人事・組織コンサルティング  TOP

グローバル化、M&A、デジタル化等、大規模な経営変革を実現するために、人事と組織に関する様々な経験にもとづく最新の知見を提供いたします。日本企業が抱える経営課題は、複雑かつ難易度が高く、グローバル化しています。そのような経営課題も、デロイト トーマツ グループが有する組織の強み・組織文化を、最大限に機能させ、支援先企業の力と連結することで、必ず解決できると確信しています。

サービス

M&A TOP

グローバルネットワークと業界及びM&A専門家の知見を最大限に活用し、お客様一人ひとりの状況に応じたM&Aを迅速かつ効果的にサポートします。 

サービス

組織変革 TOP

グループ組織のパフォーマンスを継続的に向上させつつ、さらなるグループ企業価値の拡大・向上を実現できる「組織改革・変革」を支援します  

サービス

年金コンサルティング TOP

企業全体の命運を左右する大きな経営問題である、退職金・年金の問題に対してデロイト トーマツ グループは中立的な年金コンサルティングサービスを提供します。  

サービス

知的財産アドバイザリー TOP

知的財産に関するニーズに対し、国内外のネットワークを活用し、財務・税務・ビジネス・技術の視点から、クライアントの持続的な成長に貢献します。 

ナレッジ

Post M&Aを通じて目指すべきファイナンス組織のあり方

◆ファイナンス組織変革(ファイナンストランスフォメーション)シリーズ◆第7回 本稿では、1.M&Aが経営戦略の手段として一般化する中で、実行体制の整備やノウハウ蓄積が課題、2.M&A後のシナジー効果を高めるにはファイナンス組織の関与が必要、3.平時の備えが重要。これらの点について説明します。(月刊誌『会計情報』2014年12月号)

ナレッジ

ファイナンス組織の高付加価値化に向けたシェアードサービス

◆ファイナンス組織変革(ファイナンストランスフォメーション)シリーズ◆第8回 本稿では、シェアードサービスを活用しながらファイナンス組織の高付加価値化を実現するための手法を先進企業の事例を交えて紹介します。(月刊誌『会計情報』2015年1月号)

問い合わせ

オンラインフォームより問い合わせ

サービス一覧はこちら

クイックアクセス

ナレッジ

デロイト トーマツ メールマガジン

デロイト トーマツ グループでは、専門性と総合力を活かしたナレッジや最新情報を、「デロイト トーマツ メールマガジン」として無料で皆さまにお届けしています。

出版物

月刊誌『会計情報』 - 2015年

『会計情報』は、創刊以来39年目を迎える月刊誌です。その時々に話題となっている会計、税務、コンサルティング等をテーマに取り上げ、デロイト トーマツ グループの専門家がわかりやすく解説しています。

ナレッジ

「リアル経理学」

「ファイナンス部門の本来の仕事」CFOをはじめとしたファイナンス部門の本来の仕事は何か。日本に拠点を持つグローバル企業のCFOへのインタビューから、そのヒントをさぐる。全12回。(ダイヤモンド社Dimond Online連載記事)

ナレッジ

IFRS基準別の解説

すでに基準化されているIFRSに関して、デロイト トーマツ グループ発行の日本語の解説記事をピックアップし、基準書・テーマ別に紹介しています。

お知らせ

IFRS関連ニュースレター

デロイトが発行するIFRSに関するニュースレターやニュース記事を、日本語に翻訳して紹介しています。

ナレッジ

のれんの会計処理に関するディスカッション・ペーパーについてのフィードバック・ステートメント

IAS Plus 2015.02.04 のれんの会計処理に関するディスカッション・ペーパーについてのフィードバック・ステートメント

ナレッジ

Closing Out 2014-2014年12月末終了年度に関連する可能性のある財務報告の論点

IFRS in Focus 2014.12.16  規制当局の焦点の分野、現在の経済環境または会計基準の変更を受けて2014年12月31日に終了する年度に関連する可能性のある財務報告の論点を記載

セミナー

2015年1月のIASB理事会概要

IFRSオンラインセミナー 1月度はリースに関して、借手の開示について暫定合意を行いました。また保険契約に関して、追加の移行措置について暫定合意を行いました

セミナー

2014年12月のIASB理事会概要

IFRSオンラインセミナー 2014年12月度はリースに関して、リースの定義における残る論点について暫定合意を行いました。

ナレッジ

株式上場の流れ

意思決定から上場までの事業年度別の流れをみる。 

ナレッジ

グローバルマネジメントを支える経営インフラ

日本企業のグローバルマネジメントに求められる経営インフラについて、日本企業と海外企業のマネジメントの特徴とその違いを含め解説。