財務管理対策

Article

財務管理対策

3 April 2020

COVID-19の感染を抑えるために導入された公共政策は、多くの企業に重大な業務の混乱をもたらしています。スタッフの隔離、サプライチェーンの障害、在庫の不足、顧客からの需要の急激な減少により、ビジネスに深刻な問題が生じています。多くの企業は非常に悪い取引条件に数ヶ月は直面するでしょう。ほとんどの場合、この期間に失われた収益は永続的な損失を表し、流動資産に予期しない圧力をかけています。これらの問題に関連して、以下の対策を提案いたします。

流動資産予測とヘッドルーム

トレーディングとキャッシュフローを再予測するために、ビジネスはすべての前提条件をテストして見直し、トレーディングとキャッシュフローの予測が統合されていることを確認するとともに、下振れのリスクシナリオをモデル化して、現在・潜在的なニーズを理解する必要があります。企業は、キャッシュフロー予測も検討する必要があります。今後3か月のキャッシュフローの詳細をレビューし、短期/中期的にキャッシュを維持するためにどのような緩和策が取れるかを見極める必要があります。貸出金に関しては、企業は貸付関連文書を確認し、主な用語、契約、ヘッドルームの大きさ、銀行および財務書類の柔軟性を理解することをお勧めします。また、企業は主要な利害関係者と連絡を取り続け、貸し手や投資家と定期的にコミュニケーションを取り、信頼とサポートを維持する必要があります。

運転資本

運転資本の管理は困難になる可能性が高いです。崩壊する需要とサプライチェーンの閉鎖は、現金と運転資本に負担をかけています。企業が運転資本の負担を少しでも解放するために検討できるいくつかの手段としては以下が挙げられます。

  • 債権:迅速かつタイムリーに請求書を作成し、割引と引き換えに短期払い条件を提供することを検討する。また、顧客の支払条件を確認し、顧客全体の裁定取引の機会を特定し、債務者ファクタリングなどの資金調達ソリューションを検討する。
  • 在庫:注文数量とバッチサイズを最小限に抑え、注文と生産頻度を増やし、予測精度、リードタイム、供給とサービスレベルの変動性などの要素によって引き起こされる既存の安全在庫パラメーターに挑戦する。
  • 支払債務:重要なサプライヤーをマッピングして支払いの優先順位を決定し、サプライヤーベース全体で支払い期間の裁定取引機会を特定できるようにし、合意した支払い方法で支払いが行われるようにする。

企業は、運転資本を最適化し、「クイックウィン」の独自策を特定することにより、キャッシュフローを改善することが推奨されています。持続可能な資金調達は反復的なプロセスであるため、マネジメントはプランとオプションを積極的に見直す必要があります。

詳細は右上のボタンからレポートをダウンロードの上ご参照ください。
当アップデートに関してご質問等ございましたら、ページに記載されているコンタクトにお気軽にお問合せください。

Addressing the financial impact of COVID-19
Did you find this useful?