ニュースリリース

テクノロジー企業成長率ランキング「デロイト 2019年アジア太平洋地域テクノロジーFast 500」発表

デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(DTTL)は2019年12月11日、「2019年 アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」の受賞企業を発表しました。1位を受賞したのは、元軍人や退役軍人の就職およびキャリア開発支援に特化したオーストラリア企業WithYouWithMeで、同社は13,361%という高い成長率を示しました。

  • 1位はオンラインの就職・研修支援企業WithYouWithMe
  • オーストラリア企業の1位受賞は15年ぶり
  • 中国企業が引き続き上位10社の大半を占める
  • 応募企業のうち、オーストラリア企業はほぼ全てがランクイン
  • ライフサイエンスの平均成長率が1,080%で、セクターとして最も急速に成長

本ニュースリリースは、12月11日にニュージーランドで配信された内容を和訳し、文末にFast500受賞日本企業の一覧を加筆しています。プレスリリース(英語版)と以下の内容に相違がある場合は、英語版の内容が優先します。

2019年12月11日

デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(DTTL)は2019年12月11日、「2019年 アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」の受賞企業を発表しました。1位を受賞したのは、元軍人や退役軍人の就職およびキャリア開発支援に特化したオーストラリア企業WithYouWithMeで、同社は13,361%という高い成長率を示しました。

テクノロジーFast 500は、ハードウエア、ソフトウエア、通信、メディア、ライフサイエンス、クリーンテック業界において最も著しい成長を果たしたアジア太平洋地域の企業について年次でランキングするものです。受賞企業は過去3年間の収益(売上高)成長率に基づいて選出されます。

WithYouWithMeは、オーストラリア企業として2004年以来の1位受賞となりました。同社は、シドニーに拠点を置き、優秀な退役軍人や元軍人の経済界への転職を支援するために、無料のオンライントレーニングプラットフォームを通した人材育成と能力開発を提供しています。

デロイト アジアパシフィックのデロイト プライベートのリーダーを務めるMike Horneは、次のように述べました。「ランキングに挙がった企業はアジア太平洋地域における素晴らしい成功の可能性を示しています。アジア太平洋地域は地域として多様性に富んでいるだけではなく、テクノロジー分野で成功している多様な企業が拠点を置く場所でもあります。様々なセクター、地域、製品、サービスの企業がランキングに挙がりましたが、どの企業においても粘り強さ、創造性、熱心さといった共通項が見られます。2019年テクノロジーFast 500を通して、このような素晴らしい特質と、それを備えた企業を評価することができたことは光栄なことです」

ニュースリリース全文(PDF, 511KB)

地域別動向

地域別動向2019年テクノロジーFast 500において、オーストラリアは1位にランクインしたことに加えて、全体でも98社がランクインしました。これはランクインしたオーストラリア企業数としては最多であり、昨年度の71社を上回りました。
中国本土を拠点とする企業が引き続き上位10社のうち6社を占め、全体でも140社がランクインしました。

台湾企業は2018年には上位10社に入りませんでしたが、今年は返り咲きました。ライフサイエンス企業のTaiMed Biologics Inc.が11,511%の成長率で3位にランクインしました。インドに関しても、ソフトウエア会社のSmartpaddle Technology Private Limitedが成長率8,271%で5位にランクインし、上位10社入りを果たしました。

セクター別動向

2019年テクノロジーFast500のセクター別の上位も中国およびオーストラリア企業が占めました。中国企業は4つのカテゴリー(ライフサイエンス、ハードウエア、通信、クリーンテック)で最も急速な成長を遂げ、残りの2セクター (メディアおよびソフトウエア)はオーストラリア企業となりました。

ライフサイエンスセクターが平均売上高成長率1,080%と、最も著しい成長を見せました。次いでメディア(同970%)、クリーンテック(同833%)、ソフトウエア(同669%)、通信(同539%)、ハードウエア(同522%)となりました。

セクター別の成長率においてソフトウエアが最上位とならなかったのは7年ぶりのことですが、依然として上位10社のうち4社はソフトウエア企業が占めるなど、強さは健在でした。同セクターではオーストラリア企業のBrighte Capitalが8,881%のセクター内成長率でトップとなりました。

売上高成長率の動向

今年の上位500社の平均売上高成長率は717%でした。また、今年度の上位10社の平均売上高は27,349,513米ドルで、同平均売上高成長率は8,569%でした。

この平均売上高成長率は、テクノロジーFast 500で記録された成長率としては2018年の987%に次いで2番目に高い水準となりました。

「デロイト2019年アジア太平洋地域テクノロジーFast 500」ランキング上位10社

順位会社名国・地域業種成長率
1WithYouWithMeオーストラリアメディア13,361%
2Chengdu Suncadia Medicine Co.,Ltd.中国ライフサイエンス12,571%
3TaiMed Biologics Inc.台湾ライフサイエンス11,511%
4Brighte Capitalオーストラリアソフトウェア8,881%
5Smartpaddle Technology Private Limitedインドソフトウェア8,271%
6Social Power Information Technology (Shanghai) Co., Ltd.中国ソフトウェア6,666%
7Sichuan Subao Network Technology Co., Ltd.中国通信6,421%
8Hangzhou Tuya Information Technology Co., Ltd中国ハードウェア6,182%
9Beijing Geekplus Technology Co., Ltd.中国ハードウェア6,033%
10Guangzhou Leyaoyao Information Technology Co., Ltd中国ソフトウェア5,790%

全500社のランキングは、https://www.deloitte.com/fast500asiapacific(英語)をご覧ください。また、プログラムの推薦および資格基準についてはhttp://www.deloitte.com/fast500(英語)を参照してください。

「デロイト 2019年 アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」を受賞した日本企業39社

日本企業は株式会社カンム(成長率3,592%)が18位、AI inside 株式会社(成長率972%)が81位、and factory株式会社(成長率682%)が113位、株式会社Macbee Planet(成長率551%)が148位と4社が上位150位内にランクインしました。また、Fast 500ランキングを受賞した日本企業は全部で39社となりました。

順位会社名事業領域事業内容
(各社からの提供資料を基に記載)
成長率
18株式会社カンム(未)ソフトウエアブランドプリペイドカード「バンドルカード」の開発・運営3,592.16%
81AI inside 株式会社(未)ソフトウエア企業のAI導入を加速する、独自開発のAIを開発・提供971.56%
113and factory株式会社ソフトウエアスマートフォンアプリ開発及びIoTプラットフォーム開発・提供682.00%
148株式会社Macbee Planet(未)ソフトウエア自社開発ツールを活用した最先端のデータマーケティング事業551.12%
153ENECHANGE株式会社(未)クリーンテック世界のエネルギー革命を加速させるエネルギーデータプラットフォーム524.61%
157株式会社ビザスク(未)通信日本有数のビジネス領域に特化したスキルシェアプラットフォーム512.95%
172株式会社アドベンチャーメディア航空券等の旅行商品が一括検索できるオンライン旅行会社462.41%
176株式会社カラダノート(未)ソフトウエアライフステージの変遷にまつわるファミリー層による意思決定を支援456.00%
194株式会社自律制御システム研究所ハードウエア自律制御型各種システムの研究開発414.60%
229株式会社サイバーセキュリティクラウド(未)通信AI技術を活用したWebセキュリティサービスの開発・提供338.58%
247株式会社BitStar(未)メディアインフルエンサーマーケティングのトータルソリューションを提供301.61%
258株式会社ジーエヌアイグループライフサイエンス医薬品及び医療機器事業を多国籍展開する日本に上場の製薬企業284.03%
264株式会社カオナビソフトウエアクラウド人材管理システム「カオナビ」の製造・販売・サポート271.61%
278株式会社Amaziaメディアフリーミアム型マンガアプリ「マンガBANG!」の企画・開発・運営253.31%
279toBeマーケティング株式会社(未)ソフトウエアデジタルマーケティングのコンサルティングや関連ツールの販売253.22%
305株式会社PKSHA Technologyソフトウエア機械学習技術等を利用したアルゴリズムの開発・ライセンス提供227.09%
320トビラシステムズ株式会社ソフトウエア迷惑情報フィルタシステムの開発・提供205.84%
326株式会社トレタ(未)ソフトウエア飲食店向け 予約/顧客台帳サービス200.38%
335株式会社ギガプライズ通信集合住宅向けISP事業、不動産事業などインターネット関連通信サービス事業者190.95%
338株式会社RS Technologiesハードウエア半導体製造装置の調整に用いるテスト用ウエハの再生加工受託187.42%
339株式会社セレスメディアモバイルサービス事業・フィナンシャルサービス事業187.31%
341AI CROSS株式会社(未)通信メッセージング、ビジネスチャット、AI Analytics各サービスの企画・開発・運営185.91%
346みんな電力株式会社(未)クリーンテック再エネ電源開発/再エネ電力小売/新電力向けBPO/研究開発180.11%
349ユニファ株式会社(未)ソフトウエア「スマート保育園」を実現する、保育現場支援のトータルソリューションの提供178.53%
354株式会社ギフトモール(未)メディアギフト・プレゼント市場へのテクノロジープラットフォーム展開174.66%
373ログリー株式会社ソフトウエア「LOGLY lift」を主軸としたネイティブ広告プラットフォーム事業160.24%
382株式会社アイリッジソフトウエアO2O関連事業を軸に、フィンテック、音声AI等の事業を展開154.52%
392株式会社アカツキ通信モバイルゲーム事業、ライブエクスペリエンス事業を展開143.61%
407株式会社ツクルバメディア中古・リノベーション住宅の流通プラットフォームcowcamo137.75%
408株式会社SKIYAKI通信ファンメディアを中心とするプラットフォーム事業137.21%
421株式会社SHIFTソフトウエアソフトウエアの品質保証、ソフトウエアテスト事業132.09%
432株式会社チームスピリットソフトウエア勤怠管理、経費精算、工数管理等を一体化したクラウドサービス128.11%
435メドピア株式会社ライフサイエンス医師専用コミュニティサイトの運営、その他関連事業125.87%
446株式会社ホープメディアアプリやwebメディアの運営を通じて地域と行政をつなぐ117.62%
453株式会社オークファンメディア価格相場データを活用した在庫流動化支援事業115.14%
456株式会社ユビキタスAIコーポレーションソフトウエア組込みソフトウエア等の開発・輸入・販売114.10%
457株式会社グッドパッチ(未)ソフトウエアUI/UXに特化したデザインカンパニー113.25%
464トヨクモ株式会社(未)ソフトウエア安否確認など、ビジネス向けクラウドサービスの提供109.71%
493株式会社アシロ(未)メディアインターネットメディア運営98.15%

※(未) は未上場企業、それ以外は上場企業を示す(2019年9月末時点)。

デロイト アジア太平洋地域テクノロジーFast 500とは

テクノロジーFast 500は、デロイト トウシュ トーマツ リミテッドが、TMT(テクノロジー・メディア・通信)業界の急成長企業を、世界3極(アジア太平洋地域、北米地域、EMEA地域)の地域レベルで顕彰するプログラムです。2019年で18回目を迎えた「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」は2002年に開始、日本は初年度から参加しています。ランキング基準は、直近3決算期(北米地域、EMEA地域は直近4決算期)の収益(売上高)に基づく成長率としており、現在はオーストラリア、中国(香港含む)、インド、日本、韓国、マレーシア、ニュージーランド、シンガポール、台湾から、上場、未上場を含む様々な規模の企業が参加しています。ランキング対象となる事業領域は、①半導体や部品・コンピュータ、周辺機器等を含むハードウエア、②アプリや各種管理運用システムを含むソフトウエア、③インターネットやクラウドサービスを含む通信、④広告やマーケティング、Eコマースを含むメディア、⑤バイオや製薬を含むライフサイエンス、⑥再生技術やエネルギー貯蔵、機器を含むクリーンテック、以上の6領域としています。

【本プログラムで開示されている情報について】

この情報は、集計に当たり正確を期しておりますが、企業からの回答をそのまま集計し反映したものであり、デロイト トーマツ グループやデロイト トウシュ トーマツ リミテッドは、明示または黙示を問わず、これらの情報の正確性などについて何らかの意見を表明したり、または内容を保証したりするものではありません。

報道機関の方からの問い合わせ先

デロイト トーマツ グループ 広報担当 内山
(デロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社)
Tel: 03-6213-3210
Email: audit-pr@tohmatsu.co.jp

デロイト トーマツ グループは、日本におけるデロイト アジア パシフィック リミテッドおよびデロイトネットワークのメンバーであるデロイト トーマツ合同会社ならびにそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人、DT弁護士法人およびデロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは、日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査・保証業務、リスクアドバイザリー、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、税務、法務等を提供しています。また、国内約40都市に1万名以上の専門家を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)とは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)、ならびにそのグローバルネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびそれらの関係法人のひとつまたは複数を指します。DTTL(または“Deloitte Global”)ならびに各メンバーファームおよびそれらの関係法人はそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTLはクライアントへのサービス提供を行いません。詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。

デロイト アジア パシフィック リミテッドはDTTLのメンバーファームであり、保証有限責任会社です。デロイト アジア パシフィック リミテッドのメンバーおよびそれらの関係法人は、それぞれ法的に独立した別個の組織体であり、アジア パシフィックにおける100を超える都市(オークランド、バンコク、北京、ハノイ、香港、ジャカルタ、クアラルンプール、マニラ、メルボルン、大阪、上海、シンガポール、シドニー、台北、東京を含む)にてサービスを提供しています。

Deloitte(デロイト)は、監査・保証業務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、リスクアドバイザリー、税務およびこれらに関連する第一級のサービスを全世界で行っています。150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じFortune Global 500®の8割の企業に対してサービス提供をしています。“Making an impact that matters”を自らの使命とするデロイトの約286,000名の専門家については、(www.deloitte.com)をご覧ください。