Posted: 14 Aug. 2019 1 min. read

打ち水大作戦 in 淀屋橋へ参加 

地域の環境保全活動

2019年7月26日、『打ち水大作戦in淀屋橋』に、今年もCSR活動の一環として参加しました。

沿道で水を撒く様子
沿道での打ち水の様子

デロイト トーマツ グループは、地域社会で果たすべき役割、責務とは何かを考え、事務所のある日本各地で活動を展開しています。環境整備、教育支援活動などのさまざまな取り組みを通じて、地域や社会の発展に貢献しています。

【参考】地域や社会のために

 

当イベントでは、淀屋橋エリア一帯となって打ち水に取り組み、様々な企業、団体、住民の方々が参加されています。デロイト トーマツ グループからの参加者は総勢26名が参加しました。

参加者が横一列に並んで水を撒く様子
総勢26名が参加

天気は晴れのち曇りで強い日差しはなかったものの、暑さは厳しく地表温度は33℃もありました。

司会者の「そーれ!」という掛け声とともに打ち水開始です。

一斉に水を撒く様子
そーれ!
たくさんのバケツが並んでいる様子
打ち水に使用した再利用水

打ち水大作戦で使用する水は河川の水、高度処理水などの再利用水を使用しており「水道水は御法度」が基本となっています。Odonaビル前に並んだ、参加者約150名が一斉に水を撒くと地表温度は31℃まで下がり、少し涼しく感じました。参加者は積極的に水を撒いており、とても楽しそうな雰囲気でした。

積極的に水を撒く参加者
見た目にも涼しく、参加者も楽しそうです

打ち水は、道路や庭に水をまいて夏の涼を得る、昔からの日本人の知恵であり、身近なヒートアイランド対策です。古き良き日本の風習に触れるとともに、心地よい涼しさを感じることができます。8月も引き続き厳しい暑さが予想されるため、皆さんも一度試されてみてはいかがでしょうか。

参加者全員の記念写真
参加者全員で

デロイト トーマツ グループは季節ごとの地域活動を通して、地域の人々とのコミュニケーションを大切にしながら、美しい環境づくりに努めています。

デロイト トーマツ グループのCSRについて