Posted: 09 Aug. 2019 4 min. read

Mt. Fuji Climbプロジェクト ファンドレイジングを実施

職場での取り組み

パートナー・ディレクターを対象としたミーティング開催にあわせ、WorldClassイニシアティブの一環として、ファンドレイジングを実施。認定NPO法人富士山世界遺産国民会議への寄付を集めました。

Mt. Fuji Climbプロジェクト ファンドレイジング、広報ブース
Mt. Fuji Climbプロジェクト ファンドレイジング

寄付という「カタチ」に

2019年7月25日、デロイト トーマツ グループのパートナーズミーティング開催にあわせ、WorldClassイニシアティブの一環として、ファンドレイジングを行い、認定NPO法人富士山世界遺産国民会議への寄付を集めました。これは、本ミーティング終了後に、パートナーの有志メンバーが富士登山にチャレンジすることにちなんだものです。富士山クライマーを応援する気持ちを寄付という「カタチ」にしよう!をキャッチフレーズに、認定NPO法人富士山世界遺産国民会議が実施しているキッズ・スタディ・プログラムへの貢献を目標に寄付金を募りました。

Mt. Fuji Climbプロジェクトの展示パネル
Mt. Fuji Climbプロジェクト広報ブース

目標金額を達成!

デロイト トーマツ グループ CEOの永田高士はもちろん、デロイト グローバル CEO Punit Renjenや、デロイトAP CEOの Cindy Hookも加わり、想定以上の盛り上がり。その結果、目標金額の100万円を大幅に上回る寄付金が集まりました。集まった寄付金は、認定NPO法人富士山世界遺産国民会議が提供する、キッズ・スタディ・プログラムを通じて、未来を担う子ども達が、富士山に代表される日本の伝統や文化を学ぶために使用されます。

デロイト トーマツ グループ CEO 永田高士、デロイトAP CEO  Cindy Hook
デロイト トーマツ グループ CEO 永田高士、デロイトAP CEO Cindy Hook
WorldClassロゴ
WorldClass

WorldClassとは

WorldClassは、教育(Education)、スキル開発(Skills)、機会創出(Opportunity)の 3分野で、2030年までに全世界で累計5千万人の人々に対してポジティブなインパクトを及ぼすことを目指すDeloitteのグローバルな取り組みです。この一環として、デロイト トーマツ グループにおいても、2030年までに200万人の人々に対してインパクトを及ぼすことを目標に掲げ、取り組みを推進していきます。

デロイト トーマツ グループのCSRについて