Posted: 13 Jul. 2020 3 min. read

日本とベトナム間の児童交流を支援

社会課題への取り組み:ベトナム

笑顔で握手する様子
写真提供:SAKURA SPORTS ACADEMY

 

デロイト トーマツ グループでは、長年、国際開発アドバイザリーサービスを通じて、開発途上国への支援や気候変動やSDGsといった社会課題に取り組んでいます。この経験と国際的なネットワークを活用し、デロイトで実施しているWorldClassの活動に資するCSR活動として、途上国の発展や日本との国際交流に貢献する様々な活動への直接的な支援にも携わっています。

整列する様子
写真提供:SAKURA SPORTS ACADEMY

 

この一環として、デロイト トーマツ グループでは、2019年より、ベトナムの首都ハノイを拠点として活動している日系スポーツアカデミーであるSAKURA SPORTS ACADEMY(以下、SSA)のメインスポンサーおよびソーシャルインパクトパートナーを務めています。デロイト トーマツグループは同スクールの活動支援を通じて、ベトナムにおける日本・ベトナム間の文化交流機会の提供、日本の高いレベルのスポーツ教育の提供、ベトナムの子どもたちへのサッカーおよび空手を通じたマナーや礼儀の教育、貧困地域での支援活動等、様々な活動に携わっています。

空手指導の様子
写真提供:SAKURA SPORTS ACADEMY

 

SSAは、日本人の元プロサッカー選手が中心となり、ベトナム人児童を中心とする300名ほどのスクール生に日々サッカーのほか、空手の指導をしています。ベトナムは、アジアでも有数の親日国であり、また、サッカーが圧倒的な人気を誇る同国において、SSAとの連携によるデロイト トーマツ グループの活動は、大きなインパクトを与えます。

サッカー指導の様子
写真提供:SAKURA SPORTS ACADEMY

 

既報の通り、デロイト トーマツ グループは2019年5月に、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)および在ベトナム日本国大使館の後援をいただくとともに、ベトナムサッカー界屈指の英雄であるレ・コン・ビン氏の参加を得て、日本・ベトナムサッカー交流イベントを開催し、貧困地域の子どもたちにサッカーや国際交流の楽しみを提供する機会を提供しました。同イベントは、企画から運営に至るまでSSAとの連携により実施され、ベトナム関係者からも大変多くのご賞賛のお言葉を頂きました。

整列する様子
写真提供:SAKURA SPORTS ACADEMY

 

デロイト トーマツ グループは、引き続き、ベトナムを含む開発途上国におけるCSR活動や教育や社会貢献活動を行っていく予定です。

(参考)
  日本・ベトナムサッカー国際交流イベントをハノイ市・ゲアン省で開催

WorldClass
WorldClass

WorldClassとは

デロイト トーマツ グループでは、「WorldClass(ワールドクラス)」の一環として、我々にとって最も重要な経営資源である人材の育成に努めています。WorldClassは、教育(Education)、スキル開発(Skills)、機会創出(Opportunity)の 3分野で、2030年までに全世界で累計5千万人の人々に対してポジティブなインパクトを及ぼすことを目指すDeloitteのグローバルな取り組みです。この一環として、デロイト トーマツ グループにおいても、2030年までに200万人の人々に対してインパクトを及ぼすことを目標に掲げ、取り組みを推進していきます。

経済や社会の変化のスピードが一層高まる中で、すべての人々が能力を発揮して自立・活躍できる環境を整えていくために、世界最大級のプロフェッショナルファームとしての強みを活かして、様々なステークホルダーとともに、幅広い角度からのインパクトを最大限に追求することを目標としています。

WorldClass(ワールドクラス)について

https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/about-deloitte-japan/worldclass.html

デロイト トーマツ グループのCSRについて