Posted: 09 Nov. 2022 2 min. read

全日本自転車競技選手権BMXレーシングにてGANTRIGGERが表彰台を独占!

2022年よりデータアナリティクスの知見をもとにチーム/選手への競技支援活動を実施

2022年10月29日-30日に大阪府堺市の大泉緑地で開催された「全日本自転車競技選手権-BMXレーシング」で当社が支援するGANTRIGGERに所属する「島田遼選手」がMen Elite優勝、「吉村樹希敢選手」がMen Elite準優勝、そして「西村寧々花選手」がWomen Junior優勝という素晴らしい快挙を成し遂げました!

日本タイトルをかけて争われたチャンピオンシップレベル。最高峰カテゴリーとなるMen Eliteは、島田遼選手が自身初となるチャンピオンに輝き、吉村樹希敢選手がそれに続く形でのワンツーフィニッシュとなりました。

ジュニアカテゴリーでは、西村寧々花選手が大会2連覇しています。

 

<大会結果>

Men Elite優勝:島田遼(GANTRIGGER)
Men Elite準優勝:吉村樹希敢(GANTRIGGER)
Women Junior優勝:西村寧々花(GANTRIGGER)


デロイト トーマツ グループのデロイト トーマツ コンサルティング合同会社では、プロBMXチーム「GANTRIGGER」(運営:株式会社GANalliance)と2022年のオフィシャルスポンサー契約を締結しました。DTCはアスリート支援、スポーツビジネス支援の領域で有するデータアナリティクスの知見をもとに「GANTRIGGER」のチーム強化・選手強化といった競技支援活動を図るとともに、観戦体験向上を始めとしたブランド・マーケティングの知見などを活用し、ファンエンゲージメントの向上などビジネスマネジメントに係る支援を行っています。

GANTRIGGERとデロイト トーマツ グループは、目標と志を一つに、今後も共走してまいります。

■GANTRIGGERについて

2017年に発足した国内初となるプロBMXチーム。現在GANTRIGGERではオリンピアンの阪本章史氏を代表に、2019年世界選手権ファイナリスト(日本代表選手最高位)全日本チャンピオンの西村寧々花選手、2019年アジアチャンピオンの吉村樹希敢選手、2019年日本シリーズチャンピオンの島田遼選手の4名が在籍しています。

 

■担当

デロイトトーマツコンサルティング合同会社
dX Convergence div. Managing Director 竹井 昭人

デロイトトーマツコンサルティング合同会社
dX Convergence div. Manager 高見 航平

デロイトトーマツコンサルティング合同会社
dX Convergence div. Manager 雪野 皐月

デロイト トーマツ グループの
スポーツナレッジ・支援先戦績

デロイト トーマツ グループは、スポーツが持つ価値・力を軸に、社会課題解決やWell-being社会の実現に向けてグループの総合力を生かした取り組みを展開しています。

 

スポーツビジネス

グループのハブとなり、スポーツを取り巻くあらゆるステークホルダーに対して最適なチームを国内外で組成し、スポーツビジネスマーケットの健全な創出・拡大に向けた活動を推進しています。