Recorded Webinar
10 Jul. - 13 Sep.

【オンラインセミナー】東証の英文開示義務化に向けて必要なアクションとは

~2025年4月以降の日英同時開示に備える~

Wednesday, 01:00 p.m.  JST
申し込む

東京証券取引所が2024年2月、プライム市場に上場する企業に対し、決算などの重要情報について日本語と英語の同時開示を義務づけると発表しました。海外投資家からのニーズを背景にしたこの決定が適用されるのは2025年4月からとされていますが、何から着手すべきか、頭を悩ませる企業は少なくありません。

自社の情報を適切なタイミングで開示し、海外からの投資をこれまで以上に活性化させるために、いま何をする必要があるのか。デロイト トーマツ リスクアドバイザリー合同会社はこのたび、英文開示義務化に向けた対応策をテーマにしたオンラインセミナー(ウェビナー)を開催します。企業の財務報告アドバイザリー領域を専門とするデロイト トーマツ グループのプロフェッショナルが、英文開示義務化に至る詳しい理由や、これによる業務の変更点、企業に求められるケイパビリティ等について解説します。ご多用中とは存じますが、是非ともご参加賜りますようお願い申し上げます。

【開催概要】

対象者
経理・財務部門、IR、広報、経営企画部門ご担当様向け

開催日時
2024年7月10日(水)13:00~2024年9月13日(金)17:00

主催
デロイト トーマツ リスクアドバイザリー合同会社

配信方法
オンデマンド配信(J-Stream:ウェブブラウザからご覧いただくオンラインセミナー)
※お申込み完了後に、視聴方法および視聴URLをメールでご案内いたします

申込締切
9月13日(金)12:00(日本時間)

プログラム
テーマ:
東証の英文開示義務化に向けて必要なアクションとは
~2025年4月以降の日英同時開示に備える~(約20分)

登壇者:
デロイト トーマツ リスクアドバイザリー合同会社
パートナー 松本 淳
マネージングディレクター 熊代 幸博

本セミナーのポイント

  • 英文開示義務化に至る背景を詳説
  • 2025年4月から企業の業務はどう変わるのか、また求められるケイパビリティを解説
  • 英文開示を「成功」させる3つのキーファクターを紹介

※講演テーマ・講師は変更となる場合がございます。予めご了承ください。
※貴社および貴社の関係会社とデロイト トーマツ グループの関係において監査人としての独立性が要求される場合、本件に関連するサービスがご提供できない可能性があります。詳細はお問合せください。

ご視聴はこちらから

お申し込みは株式会社シャノンのサービスを利用しています。 ご記入いただく内容はSSL暗号化通信により内容の保護を図っております。

※本ウェビナーはすべてオンデマンド配信となります。(J-Stream:ウェブブラウザからご覧いただくオンラインセミナー)
※お申込み完了後に、視聴方法および視聴URLをメールでご案内いたします

本Webinarに関するお問い合わせ

デロイト トーマツ リスクアドバイザリー合同会社 セミナー事務局
E-mail:ra-seminar@tohmatsu.co.jp

※Webよりお申し込みができない場合は、セミナー事務局までご連絡ください。

Recommended for you

10 Jul. - 13 Sep. 2024 01:00 p.m. JST
共有
申し込む