グループ案内

30% Club Japanの設立支援

持続可能な社会の構築に向けた取り組み

「30% Club」は、2010年にイギリスで創立された、役員に占める女性割合向上を目的とした世界的なキャンペーンです。デロイト トーマツ グループは、持続可能な社会の創造とその発展に貢献するため、ビジネスの枠を超えて30% Clubの日本での設立に向けた取り組みをサポートしています。

30% Clubとは

30% Clubは2010年に英国で創設された、企業の持続的成長を実現するために、役員に占める女性割合を向上させることを目的とした世界的なキャンペーンです。日本を含む 14ヵ国・地域で展開しています。
2010年の設立当時、12.6%だったFTSE-100の女性役員比率は、2018年には30%を超え、年間平均伸び率も5.9%から12.0%へと増加、女性役員の増加に大きく貢献しています。

30% Clubオフィシャルサイト

https://30percentclub.org/about/chapters/japan

(外部サイト)

30% Club Japanのビジョン

30% Club Japanは、取締役会やマネージメントチーム等、企業の意思決定機関における健全なジェンダーバランスは、企業のガバナンス強化はもちろん、持続的成長を促進し、ひいては日本の国際的競争力強化、そして持続可能な日本社会構築に寄与するものと考えます。
30% Clubは、企業、機関投資家、政府、メディア、プロフェッショナルファーム、大学等が協働するプラットフォームとなり、網羅的に、効果的に企業のトップ層におけるジェンダーダイバーシティを実現します。

30% Clubの成功要因

30% Club Japanは、企業におけるダイバーシティを加速するためには、企業の構造改革が必要であると考えます。企業の構造改革を実行するには、多様なステークホルダーを考慮した議論が必要であり、意思決定機関の "Group Think" (集団浅慮)を回避する必要があります。30% Club Japanは機関投資家、メディア、政策提言、エクゼクティブサーチファームを通して、企業のトップの多様性に効果的に働きかけるのと同時に、プロフェッショナルファーム、大学を含む様々な機関が協働し、パイプライン強化に向けた施策を企業に提供しています。この「統合的アプローチ」が30% Clubの大きな特徴であり、企業のトップだけではなく、幅広い層におけるダイバーシティを加速させています。

変化をドライブするイニシアチブ

30% Clubは取締役会やマネジメントチーム等、企業トップの多様性の実現を目的とした様々なイニチアチブや、専門家を招いたイベントを開催していく予定です。

お問い合わせ先

只松 美智子
デロイト トーマツ コンサルティング Social Impact / 30% Club Japan キャンペーンマネジャー
Email:jpdt30percentclubr@tohmatsu.co.jp

お役に立ちましたか?