お知らせ

デロイト、IDC MarketScapeから 「Asia/Pacific Cloud Security Services」 のリーダーに選出

本ページに掲載されている情報は2021年6月30日に、ニューヨーク発で配信された内容が翻訳されたものです。なお、この翻訳文と原文に相違がある場合は、以下原文の記載事項を優先します。

> Deloitte named a leader in Asia/Pacific Cloud Security Services by IDC MarketScape

2021年6月30日、米国ニューヨーク州ニューヨーク市— デロイトは、IDC MarketScape:Asia/Pacific Cloud Security Services 2021 Vendor (doc # AP47097721, June 2021).でリーダーに選出されました。IDC MarketScapeは、デロイトがクラウドプラットフォームエンジニアリング、学習プログラム、人材において差別化された能力と戦略を持つリーダーであると評価しています。

市場の定義について、IDC MarketScapeは「アジア太平洋地域では、2020年にクラウドファーストのアプローチが市場を席巻しました。アジア太平洋地域で急成長している企業では、ビジネスのデジタル化において、クラウドテクノロジーによって約束される機敏性、効率性、レジリエンシーを活用するために、クラウドファーストまたはクラウドオンリーのアプローチを採用する傾向がある...このIDCの調査では、アジア太平洋地域のクラウドセキュリティサービスベンダーを対象に、現在のケイパビリティ、ポートフォリオ、サービスのデリバリー、go-to-market (GTM) 活動の強み、および同地域での成長におけるベンダーの位置付けを評価しています」と述べています。

「サイバーリスクの状況は常に変化しています。これらのリスクに備えるため、デロイトのグローバルのメンバーファームは、クライアントの現在の業界セクターの要件と企業全体のニーズに合わせて、サイバーソリューションとサービスの包括的なポートフォリオをアドバイス、実装、および管理します。」と、デロイトグローバルリスクアドバイザリーのアジア太平洋サイバーリスクサービス責任者である James Nunn-Priceは述べています。「ビジネスの成長とサイバーリスクは密接に関連しているため、デロイトはセキュリティがクライアントの長期的な成長戦略とDXの確実な基盤になるよう取り組んでいます。」。

ベンダーの選定基準について、レポートでは 「IDCは...参入企業の分野を絞り込み、その後、関連ポートフォリオと地域のスケーラビリティを持つ14社のクラウドセキュリティサービスプロバイダのデータを収集、分析した」 と記しています。

「デロイトは、サイバークラウド戦略に関する助言から、設計、構築、および継続的なマネージドサービスまで、顧客を支援するEnd-to-End機能を備えた、サイバークラウドサービスのフルライフサイクルサービスプロバイダです。」とNunn-Priceは話します。「また、クラウドの共同開発者による学習プログラムやDeloitte Cloud Instituteのトレーニングプラットフォーム、独立したトレーニングの機会によって支えられているグローバルクラスの人材にも誇りを持っています。」
 

追加のレポート結果
  • 「デロイトは、先進的で革新的な企業文化に沿って、クラウド技術を早くから普及させてきた企業の1つであり、アジア太平洋地域の主要業種におけるクラウド採用を推進するうえで不可欠な存在だった」
  • 「このプロバイダーは、アジア太平洋市場にサービスを提供する全ての主要ハイパースケーラー(AWS、Azure、GCP、Alibaba)と連携し、強力なクラウドプラットフォームエンジニアリング事業を誇っている。」
  • 「デロイトはクラウドのハイパースケーラープラットフォーム(AWS、Azure、GCPなど)で学習プログラムを開発し、認定を受けています... デロイトは、SANS Institute、Cloud Security Alliance (CSA) 、Cloud Academyプラットフォーム、Udemyなどの独自のトレーニングや認定にもアクセスできます」
  • 「デロイトは、顧客により良いサービスを提供するために必要なトップクラスの人材を生み出すために、人材の育成と投資に注力してきた。この地域で最大のセキュリティ人員を誇り、さまざまなドメインの専門知識と機能に基づいてクラスタ化されています。」

上記のインサイトは、IDC MarketScapeの抜粋の一部です。この抜粋は、IDC MarketScapeのオリジナルの評価から抜粋したものです。IDCポリシーによると、特定のIDC MarketScape抜粋には、購入ベンダーのベンダーサマリープロファイルだけが含まれます。評価に含まれるすべてのサプライヤのプロファイルにアクセスするには、IDCにお問い合わせください。
 

IDC MarketScapeについて

IDC MarketScapeベンダー評価モデルは、特定の市場におけるICT (情報通信技術) サプライヤの競争適性の概要を提供するように設計されています。この調査手法では、定性的基準と定量的基準の両方に基づく厳密なスコアリング手法を使用しており、特定の市場における各ベンダーの地位を単一のグラフで示しています。IDC MarketScapeは、ITベンダーと通信ベンダーの製品とサービスの提供、機能と戦略、現在および将来の市場成功要因を有意義に比較できる明確なフレームワークを提供します。このフレームワークはまた、テクノロジーバイヤーに対して、現在および将来のベンダーの強みと弱みに関する360度の評価を提供します。
 

About Deloitte

Deloitte(デロイト)とは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)、そのグローバルネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびそれらの関係法人(総称して“デロイトネットワーク”)のひとつまたは複数を指します。DTTL(または“Deloitte Global”)ならびに各メンバーファームおよび関係法人はそれぞれ法的に独立した別個の組織体であり、第三者に関して相互に義務を課しまたは拘束させることはありません。DTTLおよびDTTLの各メンバーファームならびに関係法人は、自らの作為および不作為についてのみ責任を負い、互いに他のファームまたは関係法人の作為および不作為について責任を負うものではありません。DTTLはクライアントへのサービス提供を行いません。詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。

Deloitteは、監査および保証、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、リスクアドバイザリー、税金および関連サービスの大手グローバルプロバイダです。150を超える国と地域(「デロイト組織」 と総称される)のメンバーファームと関連企業のグローバルネットワークは、Fortune Global 500 ®企業の5社に4社が加盟しています。Deloitteの約33万人の従業員が、どのように重要な影響を与えているかについては、www.deloitte.comをご覧ください。

Deloitte Analyst Relationsの詳細については、弊社の Analyst Recognitions pageをご覧ください。