2016年 デロイト ミレニアル調査 - ヘッダ画像

ナレッジ

2016年 デロイト ミレニアル年次調査

次世代のリーダーたちの獲得をめざして

近年ミレニアル世代(1982年以降に生まれた世代)は労働人口における大きなグループとなっています。この世代はこれ以前の世代と比べ、価値観が大きく異なると言われています。デロイトでは、世界29カ国における7,700人のミレニアル世代に行ったアンケート結果を基に、この世代の会社への帰属意識や価値観について深く掘り下げて分析し、我々としての提言をまとめました。

PDFダウンロード

世界29カ国における7,700人のミレニアル世代に行ったアンケート結果を基に、この世代の会社への帰属意識や価値観について分析しました。

ミレニアル世代は、労働人口に一層大きな割合を占めるようになり、上級職に就く人も増えています。もはや未来のリーダーではなく、次第に今日のリーダーになってきていることもあり、彼らのビジネスの手法や姿勢に対する見解は、単なる学術的な関心を超えるものとなっています。ミレニアル世代は昇進にともなって、その価値観を経営層にもたらしつつあります。

本レポートは、デロイトのレポートをもとに日本のお客様に向けて作成した抄訳版の資料です。

〔PDF, 1.8MB〕
お役に立ちましたか?