調査レポート

COVID-19: Work from anywhere. Cyber everywhere.

生産的、持続的そして安全な新しい仕事の形へサイバーはどのように役立つのか

差し迫った危機への対応から、回復を加速するための戦略に向けた組織を考察

COVID-19の大流行により、世界中のビジネスリーダーは、これまでにないスピードと効率で、新しく、革新的な仕事の方法、対応、そしてコラボレーション、取引…など生き残りに対応することを余儀なくされました。組織はパンデミック後の世界を計画し始めていて、「生産性、持続可能性、安全性、安全性を確保するための新しい方法をどのように見出すか」と自問する必要があります。

COVID-19が人から人へ、国から国へ、さらにはそれを超えて広がるにつれて、サイバーは「どこからでも作業」するために必要なネットワークの整合性と可用性、および地理的に信頼して取引するための機密性を提供しました。この新しいリモートの仮想環境で世界が繁栄し続けるためには、組織は次のことを行う必要があります。
•信頼の基盤を確立する
•「Cyber Everywhere」の考え方を採用する
•永続的な回復力の文化を受け入れる
•正面からリードする

多くの組織は、「通常どおりのビジネス」や「COVID以前のビジネス」に戻らないことをすでに決めています。なぜなら、従業員が自宅で仕事をすることで生産性が向上し、それらの利点を取り入れたいと考えているからです。しかし、この次の段階で成功するには、組織はサイバーリスクを管理するための適切な戦略が必要です。 「Cyber Everywhere」の考え方が必要です。これは、サイバーを理解し、革新性や戦略をプロセスに有意義に組み込んで、サイバーがすべてのイニシアチブの成功を確実にし、組織がより迅速、効果的かつ安全に活動できるようにすることを意味します。

Next normalにおいて、私たちの生活、仕事、取引、およびコミュニケーションの方法がさらに相互に関連付けられます。企業は、重要な運用機能と顧客の信頼を失うことなく、新しいグローバル危機とサイバー脅威に迅速に適応するために、回復力のあるサイバー機能を構築する必要があります。

組織に対するCOVID-19の影響は、そのような混乱に備えて、そして場合によっては再び、新しい種類のリーダーシップを強化するシンフォニックな機会を生み出しました。 COVID-19は、そのすべての課題に対して、新しい明日を作り直す機会を私たちに与えてくれました。

サプライチェーンの確保から、M&Aにおけるサイバーリスクの評価まで、教育から顧客とのやり取り、取引まで、これまで以上にサイバーに傾倒するでしょう。責任ある将来のリーダーは、新しい明日を成功に導くために、改定された一連の質問を自問し始めます。

これらの質問と、組織が顧客、従業員、政府、およびコミュニティの間で現在および将来にわたって信頼と回復力を構築するための手段としてサイバーをどのように活用できるかについて、詳細をお読みください。

COVID-19: Work from anywhere. Cyber everywhere.
お役に立ちましたか?