「Future of Audit」
dXがもたらす
Audit Innovation

PROFESSIONAL

  • 今井 美菜穂 有限責任監査法人トーマツ Audit Innovation部
    シニアマネジャー

  • 堀川 裕也 有限責任監査法人トーマツ Audit Innovation部
    シニアマネジャー

Future of Auditの実現に向けて
最前線で変革は加速する

各所で進むデジタルトランスフォーメーションが企業を取り巻く環境を加速度的に変化させている。会計監査も例に漏れず、統計解析やAIに代表されるデータサイエンス、それらを支える大規模なデータ分析基盤を監査に活用する動きが活発だ。デロイト トーマツ グループの有限責任監査法人トーマツ(以下、トーマツ)は、変化し続ける社会からの期待に応えるため、デジタル技術を駆使したイノベーティブな監査を推進し、経済社会の発展に寄与すべく業界全体の変革に取り組んでいる。有限責任監査法人トーマツ Audit Innovation部 シニアマネジャー 堀川裕也は先進的な監査手法の立案・実装に携わり、同シニアマネジャー 今井美菜穂はデジタルツールの開発を通して監査業務の設計・再構築を支えている。変革の最前線に立つ二人がFuture of Auditの取り組み、展望を語る。

経済社会の発展に寄与するために――
今後の会計監査(Future of Audit)に求められるもの

既存の価値観や枠組みにとらわれず、付加価値の高い監査を実現するためには何が求められるのか。会計基準も時代に応じて更新され続ける中、「品質の高い監査を提供することはもちろん、データ分析やテクノロジーを用いて企業の経営に資する新たな付加価値を提供することも、会計士の重要な存在意義の一つだと考えています」と堀川は語り、データサイエンスを活用したリスク解析など、先端技術を取り入れたAudit Innovationへの決意を述べた。現場で業務に当たる会計士の現状を「必ずしも監査及び会計の専門性を必要としない業務に追われるケースも多く、それが会計士の稼働率を高める要因にもなっている」と見る今井は、「専門性を有する会計士にしかできない業務に注力できる環境を整えるのが私たちのミッションです」と、変革への思いを語る。

会計士は、会計監査を通じて国民経済の健全な発展に寄与することが使命だ*1。しかし、会計監査に関わるオペレーション業務が山積しており、専門性を生かしたバリューが発揮し難いのは、今井が語る通りである。そこで望まれているのがテクノロジーのさらなる活用だ。デジタルツール、RPAなどを監査業務に導入することにより、オペレーション業務の大幅な削減を目指す。会計士をオペレーション業務から解放することで、より付加価値の高いアウトプットを創出するための時間が確保できる。

テクノロジーを活用して
監査業務の付加価値を向上させていく

今井が先述した通り、監査業界は他業界に比べてアナログな業務が多い。そこに、テクノロジーの活用で業務環境を一変させる期待がある。しかし、監査基準といった業界特有の要件に加えて被監査会社側にもさまざまなリスク管理制約がある中、市販のパッケージツールでは実用的な監査を遂行するのは難しいのが現状だ。そこで今井らは高い品質およびセキュリティレベルを維持しつつ、手作業や紙面で実施していた業務の効率化を進め正確性を向上させるべく、デジタルツールを積極的に内部で設計し、監査実務への実装を進めてきた。実際に以下のデジタルツールは既に実装に至っており、監査業務の付加価値向上を実現させている。

●Balance Gateway*2
残高確認手続をインターネット上で実施するためのツール
●Scanlens +
紙資料から文字認識が可能なデータを作成し、安全・簡単・即時に連携を行うスマートフォンスキャナー
●iKnow
さまざまな情報を組み合わせて業界動向や被監査会社・競合企業の財務・非財務情報を分析・統合し、企業環境のタイムリーな理解を図るための情報基盤
●Calculens
業務用のスマートフォンをかざすだけで数字を検出し、自動的に計算を行うスマート電卓

また、トーマツは、グローバルで一貫した品質を確保するため、単純・反復的な業務の標準化にも努めてきた。それらの業務の一部をRPAに代替させ、人の手を介さないことでミスを減らし、品質向上による監査業務の付加価値向上にもつなげている。

「蓄積情報の利活用により、さらなる監査の高度化が実現すれば、また一歩Future of Auditの実現に近づくでしょう。テクノロジーツールはリリースして終わり、というものは一つもありません。なぜなら、本来作りたいものはプロダクトではなく風土、マインドセットだからです」と未来像を見据えた開発姿勢を語る今井。常に「その先」に思いを馳せ、開発、実装に携わっている。

有限責任監査法人トーマツ Audit Innovation部 シニアマネジャー 今井美菜穂

各種ツールの活用は社内の監査チームに限られていたが、今後は被監査会社への啓発にも取り組み、広い利用を促進していく方針だ。Scanlensなどのツールをインストールしたデバイス「Tohmatsu LINK」(iPod touch*3)を被監査会社に貸与するなど、具体的なアクションも活発化している。「自動化・効率化が検討できる監査業務はまだまだあり、被監査会社、監査チームの双方に資する観点で取り組みます」と今井は語る。

Future of Auditの実現に向けて
起点となった業界横断の取り組み

トーマツがFuture of Auditの実現に向けた活動に取り組む中、社内プロジェクト「Balance Gateway(以下、BG)」が始動し、2017年3月よりサービス提供を開始した。これは監査業務における残高確認手続をWeb上で行うサービスである。従来は紙面を郵送して行っていた手続をWeb上で実施可能にする。これにより圧倒的な効率化を図ることができ、確認手続に関わる取引先(確認回答者)、被監査会社、監査人のいずれにも大きなメリットをもたらす。

「若手会計士が主に担っていたアナログ作業を効率化するという期待を込めていました。実際、トーマツにおける監査人の工数だけでも、BGの利用によって年間一万時間以上、削減できています。海外向けの確認手続についても回答までのリードタイムを大幅に短縮できました」と、導入の手応えを語る堀川は、事業の立ち上げからBGに携わっている。

トーマツによるBGのサービス提供を契機に、監査業界全体での導入が検討されることになった。米国や欧州など海外の業界を見渡しても、複数の監査法人が協同で監査に関するサービスを提供する例は現時点(2020年3月)では見受けられない。「それぞれの監査法人が独自のシステムを構築・運用すると、被監査会社や、その関連企業の全てが個々のシステムに対応しなければならず、極めて非効率なのです」と堀川が語るように、残高確認Webサービスが乱立しては業界の混乱は避けられない。業務の効率化を目指すツールが業界全体に非効率をもたらしては本末転倒だ。そこでトーマツは4大監査法人共同で会計監査確認センター合同会社を立ち上げ、BGの共同運用に取り組むこととなった。

「業界が一つになり、共同プラットフォームを推進してきたのは社会の利益になることを目指しているからです。BGに限らず、今後も業界がまとまって共通認識を持つことが業界全体の変革には不可欠でしょう」と語る堀川。競合他社の垣根を越えた共同プラットフォーム構築をなし得たことで、業界全体がダイナミックに動き出す変革の可能性を体感したという。

有限責任監査法人トーマツ Audit Innovation部 シニアマネジャー 堀川裕也

堀川は共同プラットフォームに加わる各監査法人と連携しつつ、BGの業務領域をさらに広げるため、銀行における確認のWeb対応などを進めている。「監査業務の電子化という文化への移行には『BGを使うのが当たり前』という価値観を醸成していくことが大切です。浸透が達成できれば、また一歩Future of Auditに近づけるでしょう」と、未来への期待を語る。

日本企業がグローバルで勝つために――
デジタル時代の監査最前線からの知見

今井が担ってきたRPA、デジタルツールの活用、そして堀川が進めたBGの展開により、会計監査に関わるオペレーション業務の大幅な削減が視野に入ってきた。この現状を堀川は「自分も経験してきましたが、若手会計士が主に担っていたオペレーション業務が自動化されていくことは望ましい」と語る。今井は「監査チームは被監査会社への高い貢献意識を持っていますが、オペレーション業務に追われてしまいがちです。デジタルツールを通じて効率化を進め、被監査会社とのコミュニケーションに費やす時間をさらに増やせれば」と語る。二人が見るように、会計士が注力すべき、より付加価値の高いアウトプットのために時間を割くことができつつある。

さらに堀川は「監査という業務がもっと楽しいものだと思ってもらえるように、楽しそうだから会計士を目指そうという世界を創ることに携わっていきたい」と、今井は「テクノロジーの活用による自動化・効率化は、監査の高度化に加えて、社会の監査に対する期待である監査品質の向上にも寄与します。それが被監査会社に対する価値提供、最終的には社会貢献にもつながるでしょう」と展望する。会計士がさらにいきいきと働ける監査業界の活性化は、被監査会社、そして経済社会の発展にも寄与していくはずだ。

「会計士だけで監査をする時代は既に終わっています。データ分析の専門家、ITなど会計士以外の専門家を加えたチームでも活躍できるような会計士、非会計士の教育基盤を整備していくことが重要ではないでしょうか」と堀川が語るように、業界の改革は「人財」が進めていくものだ。

テクノロジーによる変革の波が到来する現代において、企業は事業価値の向上や競争力強化のために不断の変革が求められる。この変革を支えるため、トーマツはRPAなどによって業務の合理化・品質向上を進め、さらにデータサイエンスやAIなど、先端的な技術を積極的に監査に導入し蓄積情報の利活用で高度化を推進。会計士、IT、税務、データ分析などの内部専門家らで組成したプロフェッショナルチームにより、付加価値の高い監査を目指す。Future of Auditの最前線に立つ堀川、今井の二人も、先を見据えたチャレンジを続けていく。

*1 引用「公認会計士法第一条」
公認会計士は、監査及び会計の専門家として、独立した立場において、財務書類その他の財務に関する情報の信頼性を確保することにより、会社等の公正な事業活動、投資者及び債権者の保護等を図り、もつて国民経済の健全な発展に寄与することを使命とする。

*2 Balance Gatewayは、会計監査確認センター合同会社の登録商標です。有限責任監査法人トーマツは、Balance Gatewayの知的財産権を会計監査確認センターに譲渡しました。

*3 iPod touchは、米国およびその他の国で登録されたApple Inc.の商標です。

RELATED TOPICS

TOP

RELATED POST