デロイト エクスポネンシャル

コーポレート情報

デロイト エクスポネンシャル

Digitalを超えて、Digitalの先へ

デロイト トーマツ コンサルティングは、デジタル社会の進展に伴う変革にとどまらず、さらにその先を見据え、企業のエクスポネンシャル(指数関数的)な事業成長の加速を多面的に支援いたします。

社内カンパニー概要

デロイト トーマツ コンサルティング(以下、DTC)は、目的特化型の社内カンパニーとして、2016年10月1日付で、「デロイト エクスポネンシャル」を設立します。テクノロジーや関連領域のチーム・人材を幅広く集約し、さらに、ルール形成、イノベーション・ストラテジー、ソーシャル・インパクトなどの経営戦略系ユニットも包含する複合的な体制で、企業のエクスポネンシャルな事業成長の加速を多面的に支援します。

名称

デロイト エクスポネンシャル (英文表記: Deloitte Exponential)

設立日

2016年10月1日

所在地

東京都千代田区丸の内2-4-1 (DTCオフィス内)

代表者

プレジデント:近藤 聡(こんどう あきら)
DTC代表執行役社長。デロイト トーマツ グループDeputy CEO。自動車業界を中心に、企業戦略、オペレーション改革、海外展開戦略の策定・実行支援など、クロスボーダーを含むプロジェクトを数多く手掛けている。

ヴァイス・プレジデント (デジタルテクノロジー担当):安井 望(やすい のぞむ)
DTC執行役員。Japan Technology Leader。企業グループ全体におけるマネジメント最適化、業務/システムの最適化などに主眼を置いて、戦略立案から、デジタルを含むテクノロジーを活用した経営改革、サプライチェーン改革の実行までをトータルに支援している。

ヴァイス・プレジデント (ソーシャル・インパクト担当):國分 俊史(こくぶん としふみ)
DTC執行役員。社会課題起点のルール形成戦略の第一人者として、水素政策、サイバーセキュリティ政策、安全保障経済政策など、幅広い政策関連分野において、国際的なルール形成を目指して政・官・民連携によるイシューエコシステム作りを推進。パシフィックフォーラム戦略国際問題研究所(CSIS) シニアフェロー、多摩大学教授、多摩大学ルール形成戦略研究所所長を兼務。

関連するニュースリリース

「デロイト エクスポネンシャル」DTCの社内カンパニーとして10月1日に誕生(ニュースリリース:2016年9月20日)

お役に立ちましたか?