コーポレート情報

水素社会の実現に向けて

デロイト トーマツの取り組み

デロイト トーマツ グループは、将来の持続的な社会および経済の両立と、日本企業・産業の新たな成長というゴールに向け、水素社会実現に向けた取り組みを行っています。

水素社会の未来像

FCV(燃料電池自動車)を中心とした水素社会実現を促進する研究会

デロイト トーマツ コンサルティングは「FCV(燃料電池自動車)を中心とした水素社会実現を促進する研究会」(2013年6月26日設立)の参加民間企業側の事務局を担当し、水素社会実現を目指しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

パブリックセクターのナレッジ

デロイト トーマツ グループのパブリックセクターでは、官民連携による省エネルギー・再生可能エネルギー技術の実用化・事業化支援を行なっており、持続可能なエネルギー需給実現の鍵としての水素・燃料電池についてのナレッジを有しております。

持続可能なエネルギー需給実現の鍵としての水素・燃料電池

 

関連するサービス

日本の運輸部門の低炭素化戦略の実現を支援
政府の運輸部門におけるCO2削減目標数値の検討や、国内外の最新動向に基づく環境対応車の普及戦略立案、ロードマップの作成、技術開発・実証事業支援等の実績を有し、運輸部門において官民連携による効果的な低炭素化事業の展開を支援しています。
日本の温暖化対策技術の実用化支援
温暖化対策技術と技術開発マネジメントに関する豊富な知見を生かし、技術の実用化から普及までの政策立案・実行を一貫して支援しています。
再生可能エネルギー・環境イノベーション技術支援の推進
企業と政府の双方にとって意義のある官民連携事業を実現できるよう、エネルギー技術開発・実証プロジェクトの包括的なファシリテートを行っています。

お役に立ちましたか?