コーポレート情報

持続可能な開発目標(SDGs)

2015年9月に国連で採択された、2030年を達成期限とする「持続可能な開発目標(SDGs)」は、社会課題と企業責任に関する様々なトレンドを統合したまさに『メガトレンド』と呼べるものであり、ステークホルダー関与や企業価値の創造における指標となるものです。デロイト トーマツ グループでは、SDGsに関する課題やビジネス機会について、そのトレンドを先取りした情報とメッセージを発信しています。

関連コンテンツ

「SDGsを使いこなす」企業が、勝ち抜く

2015年9月、国連は、193の加盟国首脳の参加の下、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」を採択し、2030年を期限とする「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成を誓いました。これまで、国連の開発アジェンダといえば、「最貧国の教育、保健などの社会サービスへの政府開発援助」を軸にしたものでしたが、SDGsではこの様相が大きく変わり、「雇用」、「格差」、「持続可能な消費と生産」、「気候変動」、「ガバナンス」、「腐敗」など、17の経済・社会・環境・政治領域について、実に169のターゲットを設定。先進国を含むすべての国での「変革」を誓っているほか、これを、国家だけでなく、民間企業や市民社会も総がかりで実現していくとしています。

SDGsは民間企業にとって、長期的な成長を可能にするビジネス環境の創出、政策や投資におけるトレンドの先取り、ステークホルダー関与の強化、新しい競争ルールの形成などを意味するもので、これをしっかりと理解し、使いこなした企業が、市場における優位を勝ち取ることが予想されます。

「SDGsを使いこなす」には、経営戦略において、これまでとは異なる次元で社会・環境課題を位置づけ、これに対応するべくビジネスモデルを大きく変革する必要があり、これには経営トップの強いコミットメントと多様なステークホルダーとのパートナーシップが欠かせなくなります。

このことを見抜いていた先進的なグローバル企業は、SDGsを形成する国連交渉に早くから関与し、ビジネス向けのハードルを設定するとともに、自社の戦略にSDGsを統合し始めています。


「ビジネスとSDGs」概論についてはこちら

 

SDGsロゴイメージ出典:国連広報センター

お役に立ちましたか?