コーポレート情報

NPO法人わかくさ福祉会・就労移行支援事業所クロスジョブ東京の方々がトーマツチャレンジドを見学

障がい者雇用の推進

2015年8月27日、NPO法人わかくさ福祉会(東京都八王子市)の就労移行支援事業所である、クロスジョブ東京の就労訓練中の利用者5名、指導員1名の方々にトーマツチャレンジドの職場を見学していただきました。

関連コンテンツ

企業人としての感覚を養う

NPO法人わかくさ福祉会の就労移行支援事業所である、クロスジョブ東京は、2014年4月1日に開設されました。一般企業で就労することを意識して、駅に近接したオフィスビルに事業所を構え、企業に通勤しているかのような環境を整えることによって、一般企業に就職する際に必要とされる、企業人としての感覚をはじめさまざまな事例を学ぶことができるそうです。このたびは、就労支援訓練プログラムの一環として、「会社で働く」ということをイメージするために、トーマツチャレンジドの職場を見学していただきました。

「会社で働く」ということをイメージ

トーマツチャレンジドの指導スタッフの案内で、八重洲オフィス内の執務エリアを回り、実際に、トーマツチャレンジドのスタッフがどのように業務を行っているか、またそれについてどのような工夫を実施しているかといったことを説明させていただきました。執務室エリアの見学後に、トーマツチャレンジドのスタッフとの意見交換、質疑応答の時間を設けました。「長く働くための秘訣は?」「会社で働くために必要なことは?」「辛い時はどのように乗り越えましたか?」といった質問がありました。最後には、「働くことのイメージを持つことができた」との感想をいただきました。
トーマツチャレンジドはこれからも障がい者雇用の促進を目指し、積極的に職場見学の受け入れを行って参ります。

CSR活動の最新記事は、FacebookとTwitterからご覧ください。

Facebook          Twitter

お役に立ちましたか?