コーポレート情報

九州北部豪雨の被災地・朝倉市でボランティアに参加

地域や社会のために

2017年9月9日、九州北部豪雨で被害の大きかった福岡県朝倉市にて有限責任監査法人トーマツ 福岡事務所のメンバーがボランティア活動に参加しました。

関連コンテンツ

泥出し作業を担当

デロイト トーマツ グループは、地域社会で果たすべき役割、責務とは何かを考え、事務所のある日本各地で活動を展開しています。環境整備、教育支援活動などのさまざまな取り組みを通じて、地域や社会の 発展に貢献しています。
【参考】地域や社会のために

朝倉市災害ボランティアセンターセンターは朝倉市社会福祉協議会によって運営されており、朝倉市住民の方々の生活再建を支援するため活動しています。2017年9月9日、デロイト トーマツ グループのメンバーも当センターにてボランティア活動に参加しました。当日は全国から835名のボランティアが集まっていました。
9時に受付を済ませ、最初にオリエンテーションにて心構え等の注意事項を受け、次に当日作業のマッチングブースにて作業場所の割当てを受けることになりました。デロイト トーマツのメンバーは側溝に溜まった泥出し、および農業倉庫の泥出しを担当しました。

ボランティア参加者の感想

  • 災害から2ヵ月ほど経ったが、いまだに災害の形跡が所々に残り、現地の方々はまだまだ助けを求めていることを目の当たりにし、改めて自分に何ができるか考えさせられた。
  • ひとりが出来る作業には限度があるが、多くの人が集まれば大きな力になることを感じた。
  • 家主の方が喜んでいる姿を見て、参加してよかったと思った。引き続き支援していきたい。

デロイト トーマツ グループでは被災地の復興に寄与するため、我々に何が出来るかについて模索し、行動を続けていきます。

CSR活動の最新記事は、FacebookとTwitterからご覧ください。

Facebook          Twitter