コーポレート情報

庄内緑地公園の清掃活動

地域の環境保全活動

2017年9月30日、デロイト トーマツ グループ各社の中京エリアより36名が集まり、名古屋市西区にある庄内緑地公園の清掃活動を行いました。

関連コンテンツ

秋晴れの下、仲間や家族とともにゴミを回収

デロイト トーマツ グループは、地域社会で果たすべき役割、責務とは何かを考え、事務所のある日本各地で活動を展開しています。環境整備、教育支援活動などのさまざまな取り組みを通じて、地域や社会の発展に貢献しています。
【参考】地域や社会のために
2017年9月30日、暑さも和らぎ、さわやかな秋晴れの下、36名の社員・職員とその家族があつまりました。
庄内緑地公園は小田井遊水池を利用し、水と緑と太陽がテーマの総合公園です。公園内には花木園、バラ園、水鳥の池、野鳥の森などが広がっており、緑豊かな公園で、週末には大勢の家族連れが訪れます。
公園管理事務所の方からは、あまりゴミはないかもしれないと言われていましたが、一見きれいな公園の中にも、花火の残骸、たばこの吸い殻などの小さなゴミや、空き缶、ペットボトル等が落ちていました。小さな子どもが遊ぶ場所にガラス片など危険なものが落ちているのをみつけ驚きました。

活動後は親睦会を兼ねたバーベキューを開催

活動後は、公園のピクニック広場で昼食を兼ねたバーベキューを行いました。日ごろ仕事を一緒する機会のないメンバーやその家族とも、楽しく懇親を深めることができ、普段とは違う一面を垣間見ることが出来る良い機会となりました。
参加者からは「ゴミ拾いを通じて社会貢献ができた」、「公園がきれいになることで自分の心もすっきりした」といった感想が寄せられました。
デロイト トーマツ グループ中京エリアでは綺麗な街づくりへの貢献を目指して、これからもボランティア活動を継続していきます。

CSR活動の最新記事は、FacebookとTwitterからご覧ください。

Facebook          Twitter