コーポレート情報

第3回 京都梅小路公園にて清掃活動を実施

地域や社会のために

2018年3月10日(土)に、デロイト トーマツ グループ各社の関西エリアより32名が集まり、「第3回 京都梅小路公園清掃活動」を行いました。天候にも恵まれ、満開の梅を眺めながら、気持ちよく清掃活動を行うことができました。

トーマツOBも含めて32名が参加

デロイト トーマツ グループは、地域社会で果たすべき役割、責務とは何かを考え、事務所のある日本各地で活動を展開しています。環境整備、教育支援活動などのさまざまな取り組みを通じて、地域や社会の発展に貢献しています。
【参考】地域や社会のために
京都市下京区にある梅小路公園には、創立30周年を記念して植樹した梅の木が3本あり、デロイト トーマツ グループでは2013年よりお花見を兼ねて、公園の清掃活動を実施しております。今年は、デロイト トーマツ グループの社員・職員をはじめ、OBや家族を含め総勢32名が集まりました。当日は肌寒さはありましたが、気持ちの良い青空が広がり、きれいに咲いている梅の花を楽しみながら、清掃活動を行いました。

袋いっぱいのゴミを回収

初めに創立30周年記念に植樹された梅の木の前で写真撮影を行い、その後、約1時間の清掃活動を行いました。一見すると綺麗に整備された公園内にはゴミはないように見受けられましたが、茂みやベンチ周辺などに飴の包み紙、ストロー、紙コップといった小さなゴミがあったり、段ボールや時計といった大きなゴミも投棄されていました。ゴミ拾いに集中していた結果、当初の予定エリアよりもかなり広範囲に渡り、清掃活動を実施することができました。活動後に参加者が拾ったゴミを集めてみると、予想以上の量で、公園内の美化に微力ながら貢献できたことを実感することができました。
活動後は、参加者全員で昼食をとり、普段職場では話す機会の少ない社員・職員同士、OBも交えて交流を深めることができ、大変有意義な1日となりました。デロイト トーマツ グループ関西エリアでは綺麗な街づくりへの貢献を目指して、これからもボランティア活動を継続していきます。

CSR活動の最新記事は、FacebookとTwitterからご覧ください。

Facebook          Twitter