コーポレート情報

茗溪学園高等学校の2年生がデロイト トーマツを訪問

教育・スキル開発・機会創出に関する取り組みWorldClassの一環として

2019年7月19日、茗渓学園高等学校(茨城県つくば市)の2年生7名がデロイト トーマツ グループを訪問してくれました。

シドニー修学旅行の事前学習として

デロイト トーマツ グループでは、我々にとって最も重要な経営資源である人材の育成に努めています。その一環として、自社のオフィスを活用し、全国のオフィスにて年間を通して学生を対象に職場体験プログラムを提供しています。2019年7月19日、茗渓学園高等学校(茨城県つくば市)の2年生7名がデロイト トーマツ グループを訪問してくれました。茗渓学園は、1979年創立の中高一貫の共学校です。本校では、秋にシドニーへの修学旅行を予定し、修学旅行先のシドニーで企業を訪問する予定にしています。今回はその事前学習として、研究所や企業を訪問しているそうです。 そこで、シドニー事務所で駐在経験者に参加してもらい、街の様子や、日本とオーストラリアでの働き方の違いなどの説明を行いました。海外で仕事をすることを考えている生徒さんもいたようで、興味深く話に聞き入っていました。
デロイト トーマツ グループの専門性を生かした教育支援

 

税理士が担う業務内容は様々

生徒さんからのリクエストにお応えし、税理士の仕事の紹介を行いました。個人商店から上場企業まで、利益を生む事業には税理士によるサービスが必要な場合が出てくるものの、企業の規模によって、税理士が担う業務内容も大きく異なってくることを伝えました。さらにデロイト トーマツ税理士法人のような国際的な税理士事務所ならではの税理士の仕事についてご紹介しました。文化や言語の壁もあり、大変なことは山のようにあるものの、仕事のやりがいはそれ以上と語るスタッフの様子に高校生たちは熱心に聞き入っていました。
デロイト トーマツ グループでは、このような職場体験の機会を積極的に提供し、次世代を担う若者のキャリア教育支援を今後も拡充していきます。短い時間でしたが、将来の生き方や進路を考えるきっかけになれば幸いです。

 

WorldClassとは

デロイト トーマツ グループでは、「WorldClass(ワールドクラス)」の一環として、我々にとって最も重要な経営資源である人材の育成に努めています。WorldClassは、教育(Education)、スキル開発(Skills)、機会創出(Opportunity)の 3分野で、2030年までに全世界で累計5千万人の人々に対してポジティブなインパクトを及ぼすことを目指すDeloitteのグローバルな取り組みです。この一環として、デロイト トーマツ グループにおいても、2030年までに200万人の人々に対してインパクトを及ぼすことを目標に掲げ、取り組みを推進していきます。
経済や社会の変化のスピードが一層高まる中で、すべての人々が能力を発揮して自立・活躍できる環境を整えていくために、世界最大級のプロフェッショナルファームとしての強みを活かして、様々なステークホルダーとともに、幅広い角度からのインパクトを最大限に追求することを目標としています。
WorldClass(ワールドクラス)について
 

デロイト トーマツ グループの最新情報は、FacebookとTwitterからもご覧いただけます。

Facebook

デロイト トーマツ グループの
Facebookアカウントです。

Facebookページ
Twitter

デロイト トーマツ グループの
Twitterアカウントです。

Twitterページ
お役に立ちましたか?