グループ案内

LGBT+に関する取り組み

デロイト トーマツ グループでは、すべてのメンバーのポテンシャルがフルに発揮され、個人、チーム、組織にポジティブな効果をもたらすInclusiveな環境づくりを推進しています。

東京レインボープライドへの参加

東京レインボープライドに2018年から参加。ブースを出展し、代々木で開催されたパレードには、役員からスタッフまで多くのメンバーが参加しました。

 

【2021年:オンラインブース出展のお知らせ】

デロイト トーマツ グループはオンライン開催の東京レインボープライド2021に参加しました。詳細はこちら

⇒デロイト トーマツ グループのオンラインブースはこちら

グループCEOメッセージ

私たちデロイト トーマツ グループは、Inclusiveな職場環境の実現に向け様々な取り組みを進めており、その一環としてLGBT+に関する取り組みを推進しています。私たちは、あらゆる差別を認めず、性的指向や性自認における多様性を理解し、お互いを尊重し、全社員・職員が「自分である」ことに誇りをもち、「自分らしく」働き、自分最大のパフォーマンスを発揮できる職場環境を実現していきます。様々なバックグラウンドを持つ社員・職員が自分らしく働ける環境を創出することで、一人ひとりがより高いパフォーマンスを発揮し、クライアントや社会全体の成長・発展へ貢献すると信じ、絶えざる職場環境の充実、LGBT+対応を推進していきます。

永田高士 / デロイト トーマツ グループ CEO

受賞・アワード

■PRIDE指標:3年連続で最高位のゴールドを受賞中

任意団体work with Prideによる、職場におけるセクシュアル・マイノリティへの取り組みに対する評価指標(PRIDE指標)にて、インクルージョン推進企業に贈られるアワードで最高位のゴールドを3年連続で受賞しています。詳細はこちら

■Workplace Pride Global Benchmark:トップスコア獲得

グローバル非営利団体Workplace Prideによる、職場におけるセクシュアル・マイノリティへの取り組みにおける評価指標「Workplace Pride Global Benchmark2019」でトップスコアを獲得しました。詳細はこちら

デロイト トーマツ グループのLGBT+に関する取り組み

婚姻の平等に関する提言に賛同

■在日米国商工会議所(ACCJ)  詳細はこちら

■Business For Marriage Equality  詳細はこちら

Allyグッズの販売、及び売上の寄付

Allyであることを表明するためのグッズ として、LGBT+のシンボルであるレインボーカラーをテーマにデザインしたネックストラップやピンバッジ、ステッカーなど多様なオリジナルグッズを社内販売。全売上がLGBT+支援団体への寄付金となります。

LGBT+を考慮した制度策定、及び設備改善(誰でもトイレの設置等)

誰もが平等である環境の構築を目指し、規程・制度・ルールの見直しに加え、社内設備の充実化をはかっています。当グループでは既に福利厚生(配偶者出産休暇・慶弔休暇・慶弔金)制度において、同性パートナーも配偶者として定義しています。また、通常の有給休暇に加え、ホルモン治療を含む性別適合治療等を事由とした追加の有給休暇取得が認められています。設備面においては、本社所在地である丸の内二重橋オフィスの各階にはジェンダーに関係なく誰でも使用できるトイレを設置しています。

ガイドラインの整備

LGBT+に関する基礎知識及び実際に想定される対応事例などをまとめた「全社員・職員向けガイド」および、「トランスジェンダー(トランジション)ガイドライン」を整備し、全社で運用しています。

勉強会・研修の開催

LGBTをはじめとしたSOGI(性自認・性的指向)について正しい知識を身に着け、理解を深められるようにするため、CEOを含めた経営層から新入社員まですべてのメンバーを対象に、当事者が講師をつとめる勉強会や研修(E-learningを含む)を実施しています。また同時に、継続的な理解啓発のために、当事者・非当事者問わず当該研修講師を務められるようなナレッジマネジメントの仕組みも構築しています。

相談窓口の設置

当事者・非当事者問わず、LGBT+に関する様々な悩みに対応する相談窓口を設置しています。また、当事者を含めた専任サポートチームを設置し、当事者入社時の相談対応やカミングアウト、トランジション時などのサポートを行っています。

Ally ネットワークの形成

LGBT+の活動を支持・支援する 全社的なLGBT+のAlly ネットワークとして、Deloitte Tohmatsu Rainbow(DTR)を組成しています。誰もが自分らしく輝ける世の中を創ることに貢献するため、日本各地にあるデロイト トーマツ グループのオフィス同士で連携した社内活動はもちろん、デロイト グローバルや他企業・団体との連携など、地域や企業、業種の垣根を越えながら課題解決に向けて日々積極的に活動しています。

LGBT+に関するニュースレターの発行

デロイト トーマツ グループ Allyメンバーによるニュースレターを作成しました。こちらからご覧ください。

D-NNOVATIONへのブログ記事掲載

デロイト トーマツ グループが変革の最前線からプロフェッショナルとしての視点やストーリーをお届けするスペシャルサイト「D-NNOVATION」にて、LGBT+についての記事を掲載しています。ぜひご覧ください。

LGBTという言葉がなくなる日をめざして

「変わる」ために「変える」~東京レインボープライド2021参加に寄せて~

グローバルとの連携

Deloitte Globe

UK、US、オーストラリア、オランダなどデロイト各国が参加するLGBT+のネットワーク。アジアではじめてのメンバーとして日本も加盟し、各国と連携したLGBT+施策推進やブランディング、アワードをはじめとしたエミネンス向上に取り組んでいます。詳細はこちら

2020年6月のPride Monthを祝し、日本を含む世界中のデロイトのメンバーがそれぞれ「自分にとってのPRIDEとは 」、 そしてLGBTメンバーを 支 える 「Ally」 の重要性についての思いを語り、「I’m proud to be an ALLY」という力強い宣言で締めくくられています。

お役に立ちましたか?