グループ案内

LGBTに関する取り組み

デロイト トーマツ グループでは、 Lesbian, Gay, Bisexual, Transgender (LGBT)に関する取り組みをDiversity & Inclusion(D&I)の重要テーマの一つとして掲げています。すべてのメンバーのポテンシャルがフルに発揮され、個人、チーム、組織にポジティブな効果をもたらすInclusiveな環境づくりを推進しています。

PRIDE指標で最高位の「ゴールド」を獲得

デロイト トーマツ グループは、職場におけるLGBTなどのセクシュアル・マイノリティへの取り組みの評価指標であるPRIDE指標で最高位の「ゴールド」を獲得しました。PRIDE指標とは、2016年に策定された日本初の職場におけるLGBTなどのセクシュアル・マイノリティへの取り組みの評価指標です。企業等がLGBTの働きやすい職場の要件を認識し、社内施策を推進するためのガイドラインとして活用すること等が、目的として掲げられています。

このたびの受賞を糧に、デロイト トーマツは、職場において性的指向や性自認における多様性が理解され、互いが尊重され、全社員・職員が「自分である」ことに誇りをもちながら「自分らしく」働き、自己最大のパフォーマンスが発揮できるよう、環境作りを加速していきます。

work with pride 2018

LGBTに関する主な取り組み

同性パートナーも配偶者と定義

同性婚も結婚と定義し、同性パートナーも慶弔休暇や慶弔見舞金の対象としています。社内規程には、性別や性的指向を理由に差別しないというデロイト トーマツグループのスタンスを明確に反映しています。
 

LGBT 理解促進に向けた社内勉強会

LGBT を正しく理解し、働きやすい職場環境を整備するための勉強会や、人事担当者向けの勉強会などを実施しています。

アライ ステッカーキャンペーン

LGBT に理解を持ち、受け入れる存在であること(=アライであること)を表明するアライステッカーを配布しています。所有物にステッカーを貼り、アライを表明するメンバーが日々増加中です。

レインボープライドへの参加

LGBTフレンドリー企業として、LGBT関連では国内最大級のイベント、東京レインボープライドにスポンサーとして参加しています。

お役に立ちましたか?