Diversity Themes

コーポレート情報

ダイバーシティ&インクルージョンの重要テーマ

デロイト トーマツ グループではダイバーシティ&インクルージョンを6つの重要テーマに分類し、それぞれ施策を推進しています。6つの重要テーマには 1. 風土改革、2. 女性活躍推進、3. 働き方改革、 4. 外国籍社員の活躍推進、5. LGBTに関する取り組み、6. 障がいを持つ社員の活躍推進を含みます。

ダイバーシティ&インクルージョンの6つの重要テーマ

1. 風土改革

風土改革の取り組みでは、社員一人ひとりがダイバーシティ&インクルージョンの重要性を理解し、多様性を歓迎し、受け入れる企業文化を浸透させ、正しい行動へと繋げていくことを目標に、各種取り組みを企画、実行していきます。

ネットワーキングイベントの開催など、ダイバーシティ&インクルージョンの文化を浸透させることを目的とした取り組みを推進していきます。

2. 女性活躍推進

女性社員がデロイト トーマツ グループで長期的なキャリアを描き、高い目標を持ち、働き続ける環境を制度面からはもちろん、研修やプロモーションに向けた育成計画の作成・実行など、女性の活躍を後押しする様々なサポートを用意しています。

キャリア開発研修、意識改革研修など女性管理職を対象とした研修を実施しています。また、ジュニアスタッフを対象とした研修・ネットワーキングイベント等を企画・実行していく予定です。

また、女性社員のプロモーションを後押しすることを目的に、管理職以上の候補者を対象に個別育成担当をアサインし、上位ランクへのプロモーションに向けサポート体制を強化しています。

加えて、育休復職者を対象に、育児・仕事の両立に向けた研修の実施や、復職後のキャリア形成に向けたキャリアプランの作成とモニタリング制度を導入しています。

取り組み詳細はこちら

3. 働き方改革

育児・家事を始め、今後は介護や、傷病等、様々な理由で時間、また働く場所に制約を持つ社員が増えてくることが予想されます。デロイト トーマツ グループでは長時間労働是正に向けた取り組みの強化に加え、在宅勤務など柔軟な勤務形態を積極的に導入しています。また、両立支援の取り組みとして、育児・介護に関する経済的補助を一部法人で行っています。

取り組みの詳細はこちら

4.外国籍社員の活躍推進

デロイト トーマツ グループでは様々な国籍の社員を受け入れ、活躍できる環境を整備しています。資料・メールのバイリンガル化、また日本語教室の開催など、言語面でのサポートを提供しています。加えて、デロイト トーマツ グループ内におけるネットワーキング強化を目的に、様々なイベントを開催しています。

取り組みの詳細はこちら

5. LGBTに関する取り組み

LGBTを正しく理解するための勉強会の実施、アライステッカーでの意思表明など、LGBTを受け入れる組織風土醸成に向けた様々な施策を実行しています。

取り組みの詳細はこちら

6. 障がいを持つ社員の活躍推進

障がいを持つ社員が、高いモチベーションを持ち活躍できる場を提供するための支援をしています。有限責任監査法人トーマツ100%出資の特例子会社トーマツチャレンジド株式会社はどんな障がいがある方でも活躍できる会社を目指しています。

取り組みの詳細はこちら

お役に立ちましたか?