Our goal -私たちが目指す姿

デロイト トーマツ グループは、クライアントの皆さまや、国内・外の優秀な人材から選ばれる”Being The First Choice”の存在になることを目指しています。
そのためにも、働き方改革は大きなテーマの1つです。一人一人の働き方が仕事と生活に繋がり、それがグループの未来の在り方にも繋がるという考えのもと、その源であるメンバーの“健康”に立ち返り“心身の健康力”向上=“働き甲斐(心)”と“働きやすさ(身)”に繋がる取組みを推進しています。

働き方改革の目的

メンバーの心身の健康力向上

心身が意味すること

  • プロフェッショナルとしての成長を体感(量より質)できる
  • 自身の仕事の意義を感じ、前向きに熱中して、ワクワクして働いている
  • 多様な人材が、お互いの個性・強み(Uniqueness/Strength)を尊重し、自分らしく働き、認めあっている
  • 仕事とプライベートのバランスがとれていて、業務終了後には自身の生活(育児、家事、趣味、自己研鑽)を充実できる
  • 時間・場所にとらわれない働き方が実現できてる
  • 自身の置かれた状況・役割にあった最適な働き方を選択できる

お互いを尊重するマインドと支えあう人と人との繋がり

4つのアプローチと主な取り組み

  • すべてのパートナー・ディレクターによる働き方改革宣言
  • 働き方改革ラウンドテーブルの開催
  • 誰もが声をあげやすいチャネル“Deloitte Speak up”の設置(24時間365日どこからでも連絡できる機密性の保たれたチャネル)
  • One Firm(グループシナジー・コラボレーション)を加速する新オフィス
  • RPAを活用した生産性向上
  • 業務の標準化・集中化の促進(トーマツ監査イノベーション&デリバリーセンター
  • スマートワーク(在宅勤務・テレワーク拡大)
  • バーチャルコラボレーションを加速させるツールの導入・拡大(Skype・Yammer・Office365)
  • Chatbot導入
  • 社内ニュース動画番組での好事例紹介
  • 受付業務のデジタル化
  • フリーアドレス・ペーパーレスの促進
  • 長時間労働撲滅・休暇取得促進のグループモニタリングによる徹底
  • HRデータのデジタルアプリケーションツール(Well me)の導入