Our goal -私たちが目指す姿

デロイト トーマツ グループは、クライアントの皆さまや、国内・外の優秀な人材から選ばれる”Being The First Choice”の存在になることを目指しています。
そのためにも、働き方改革は大きなテーマの1つです。一人一人の働き方が仕事と生活に繋がり、それがグループの未来の在り方にも繋がるという考えのもと、その源であるメンバーの“健康”に立ち返り“心身の健康力”向上=“働き甲斐(心)”と“働きやすさ(身)”に繋がる取組みを推進しています。

働き方改革の目的

メンバーの心身の健康力向上

心身が意味すること

  • プロフェッショナルとしての成長を体感(量より質)できる
  • 自身の仕事の意義を感じ、前向きに熱中して、ワクワクして働いている
  • 多様な人材が、お互いの個性・強み(Uniqueness/Strength)を尊重し、自分らしく働き、認めあっている
  • 仕事とプライベートのバランスがとれていて、業務終了後には自身の生活(育児、家事、趣味、自己研鑽)を充実できる
  • 時間・場所にとらわれない働き方が実現できてる
  • 自身の置かれた状況・役割にあった最適な働き方を選択できる

お互いを尊重するマインドと支えあう人と人との繋がり

4つのアプローチと主な取り組み

  • すべてのパートナー・ディレクターによる働き方改革宣言
  • 働き方改革ラウンドテーブルの開催
  • 誰もが声をあげやすいチャネル“Deloitte Speak up”の設置(24時間365日どこからでも連絡できる機密性の保たれたチャネル)
  • One Firm(グループシナジー・コラボレーション)を加速する新オフィス
  • RPAを活用した生産性向上
  • 業務の標準化・集中化の促進(トーマツ監査イノベーション&デリバリーセンター
  • スマートワーク(在宅勤務・テレワーク拡大)
  • バーチャルコラボレーションを加速させるツールの導入・拡大(Skype・Yammer・Office365)
  • Chatbot導入
  • 社内ニュース動画番組での好事例紹介
  • 受付業務のデジタル化
  • フリーアドレス・ペーパーレスの促進
  • 長時間労働撲滅・休暇取得促進のグループモニタリングによる徹底
  • HRデータのデジタルアプリケーションツール(Well me)の導入

働き方改革推進体制

デロイト トーマツ グループでは、ダイバーシティ&インクルージョンと働き方改革の取組みは両輪で取り組むべきという考え方のもと、グループCEO、CHROをリーダーとして、主要ビジネスのリーダーとその取組みを加速しています。

働き方改革推進リーダーからのメッセージ

デロイト トーマツ グループ CHRO
浜田 健二
デロイト トーマツ グループ Deputy CHRO
飯塚 智

デロイト トーマツ グループの経営理念の一つにTalent of peopleがあります。これは、個性を尊重し能力を発揮できる生きがいのある場を創るというものです。私たちプロフェッショナルファームにとって人材は最も重要な財産です。社会貢献するにも、クライアントに価値を提供するにも人材があってこそです。いかにITが進化しても組織の中心に人がいることに変わりはありません。

メンバーの“心身の健康力向上”を目指すデロイト トーマツ グループの働き方改革は、心身の不調やDiversity & Inclusion 推進の障害にもなる長時間労働撲滅だけではなく、Experienceの向上、つまりワクワクする業務経験の機会やチャレンジして成長が実感できる職場環境を創ることにも取り組んでいます。

仕事は生活の中の一つの要素に過ぎませんが、そのあり方が家庭やプライベートの時間に大きな影響を与える重要なものです。組織の中で人と人とがお互いに尊重し合い、自分らしく責任感持って働ける職場は、デロイト トーマツ グループを内面から輝かせ、社会から認められる憧れの存在にしていくものと考えています。

また、働き方改革は日本社会における大きな課題であり、私たちがその課題を先行して解決していく組織であるためにも積極的に推進していきます。

働き方改革推進担当者からのメッセージ

デロイト トーマツ コーポレートソリューション合同会社 人事企画
チーフスタッフ 尾後貫 鈴奈

はじめまして。デロイト トーマツ グループの働き方改革プロジェクトを担当している尾後貫です。私はもともとコンサルタントとしてデロイト トーマツ コンサルティングに入社し、主に人事領域のサービスを4年間経験しました。その後、自分自身のキャリアの幅を広げたいと思っていた時に、社内公募制を利用してグループの人事企画に異動し、現在働き方改革推進チームメンバーとして働いています。
トップマネジメントの生の意見や考え方に触れる機会や、グループ内の多様な専門家からのアイデアやインプットがもらえることは、今までなかなか経験できなかった経験で、日々とても刺激になっています。

「経営の想いを現場に繋げる」「現場の想いを経営に繋げる」ことの難しさもありますが、現場での経験も生かして、その架け橋になれるよう奮闘しています。働き方改革には終わりはありませんが、昨日よりも今日、今日よりも明日、メンバー一人一人が今までよりも働き甲斐や、働きやすさを感じられるように、これからもプロジェクトを推進していきたいと思います。