グループ案内

Inclusiveな風土の実現

デロイト トーマツ グループは、Inclusiveな環境が、メンバーひとりひとりが本来持つポテンシャルをフルに発揮させ、イノベーティブなチーム、組織の原動力になると考えます。Inclusionが実現された環境=Inclusiveな風土の実現が、私たちが目指すゴールです。

デロイト ト―マツ グループのDiversity & Inclusion(D&I)の定義

Diversity

ジェンダー、国籍、性的指向・性自認、文化・宗教、価値観、経験など、目に見える、見えないに関わらず、多様性を有する人々から成り立っているということ

Inclusion

すべてのメンバーが「受け入れられている(Belongingness)」「多様なスキル・強み(Uniqueness)が評価されている」と感じることに加え、機会やリソースが公平に与えられている(Fairness)ということ

デロイト トーマツ グループのInclusion強化の取り組み

Inclusiveな行動を促進する全体研修実施

Inclusiveな職場環境の実現に向け、トップマネジメント、管理職層、スタッフ層それぞれを対象とした全体研修を実施しています。研修は主要ビジネスに所属する全社員・職員を対象にしており、Inclusiveな職場環境がもたらす効果とその重要性を学ぶものです。メンバー一人ひとりが、アンコンシャスバイアスの存在と影響、また、その排除に向けた必要な行動変革を理解し、日々の業務の中で実行に繋げることを目的としています。

社内重要プロセスへのD&I観点の浸透

デロイト トーマツ グループのDNAにD&Iの文化を確実に、かつ効率的に組み込むために、組織の重要プロセスにD&Iの観点を組み込んでいます。採用、アサイン・配置、育成、評価、昇格・登用それぞれの人材マネジメントプロセスにD&Iの観点を組み込むことで、D&I文化を確実に浸透します。

 

 

デロイト トーマツ グループは、互いに尊重し、インクルーシブな職場環境を維持・構築することにコミットしています。そのために、あらゆるハラスメントを含む不適切な行為を見聞きした場合には、通報することを推奨しており、通報された全ての事案は、迅速かつ徹底した調査を実施し、最も適切な対応を講じています。

当グループは、インテグリティを基礎とする組織カルチャーの醸成・強化に向け、不断の努力を続けており、次のような取り組みを行っています。

  • 全てのメンバーがエシックスに基づく意思・行動決定を行える指針としての、共通の価値観(Shared Values)の刷新、全メンバーファームに適用されているGlobal Principles of Business Conductを基礎にするデロイト トーマツ グループ 行動規範(Code of Conduct)の制定および遵守
  • 差別、セクシャル・ハラスメントを含むハラスメント、その他の不適切な行為を断固として容認しないポリシーの導入を通じた、全ての人にとって安心・安全な職場環境の提供
  • 不正行為の疑いやエシックスに関する疑問を、24時間、365日連絡できる機密性の保たれたサービスの導入
  • 報復を禁止する強固なポリシーの導入と、その遵守状況に関するモニタリング
お役に立ちましたか?