ニュースリリース

テクノロジー企業成長率ランキング 第10回「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」発表

インターネットおよびソフトウェア/コンテンツ関連会社が50社中35社ランクイン

  • インターネットおよびソフトウェア/コンテンツ関連会社が 50 社中 35 社ランクイン
  • スマートフォン、ソーシャルメディアの普及により B2C から B2B へ広がり
2012年10月16日

有限責任監査法人トーマツ[東京都港区 包括代表(CEO)天野太道]は、日本国内の TMT(Technology, Media & Telecommunications) 業界の過去 3 年間の収益(売上高)成長率に基づいた成長企業 50 社のランキング、第10 回「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」を本日発表した。

1 位はモバイルオンラインゲームの企画・開発・運営を行っている株式会社 gumi で、過去 3 年間の売上高成長率 3,950.2%を記録した。2位は2,013.8%を記録した住宅地盤の高度再解析サービスを行っている地盤ネット株式会社、3 位にはモバイルエンターテインメントプラットフォーム「mobcast」の運営会社である株式会社モブキャストがランクインし、成長率 898.1%を記録した。

「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」の受賞企業 50 社、および応募企業は、アジア太平洋地域のランキング、第 11 回「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」に自動的にノミネートされ、国を超えた地域レベルでの顕彰、ネットワーキングの構築へと進む。

<2012 年度のランキング傾向>

受賞企業 50 社の事業内容・事業領域は多岐に渡っているが、最も多い事業領域は、今年度もここ数年の傾向と同様、インターネットおよびソフトウェア/コンテンツ関連会社であった(35 社)。その中には、ソーシャルネットワークやオンラインゲーム等B2C関連のビジネスを行っている企業が含まれているのはもちろんだが、ビジネスシステムソリューションの提供やソーシャルマーケティング関連サービス等、B2B関連のビジネスを行っている企業も多く含まれている点が今年度の大きな特徴といえる。これは、スマートフォンやソーシャルメディア、クラウドの普及により、インターネットビジネスがより一層拡大し、一部の特定コンシューマ向けビジネスにとどまらず、より広範囲かつ収益性の高いエンタープライズビジネス分野にも裾野を広げてきたことを意味する。

また、まだ企業数こそ多くはないが、「O2O(オンライン・ツー・オフライン)コマース」をコア事業として標榜する企業も複数ランクインしてきており、いよいよ日本においても、本格的にオンラインとオフライン消費の融合の萌芽を読み取ることができる結果となった。

また、受賞企業50社に重要と考えている成功要因を質問したところ、「顧客ニーズの把握」が重要な要因と回答した企業が最も多く、全体の 60%を占めた。次いで「特定既存事業分野・地域への集中・特化」が 47%、「独自技術
の開発」が 42%と上位を占めていることから、顧客が何を求めているかを正確に把握した上で、既存ビジネスにリソースを集中させ、特定技術等、独自の強みを強化している企業姿勢がうかがえる。

全文PDF-「図 1 受賞企業が重要と考える成功要因」をご参照ください)

さらに、今後の課題としては、「優秀人材の確保」および「新規事業分野・地域への積極的な進出」が共に 58%と最も重要視されており、次いで「他社との連携」が 30%となった。これは、持続的な成長のためには既存事業への集中・特化だけでなく、事業分野・地域への積極的な拡大や他社とのアライアンスが重要であり、かつそういった事業展開をしっかりと支える優秀な人材の確保が欠かせないという認識の表れだと想定される。

全文PDF-「図 2 受賞企業が考える今後の課題 」をご参照ください)

*ランキング対象企業については、<デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50 とは>をご覧ください。

全文PDF-「表:<第 10 回 デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50 ランキング>」をご参照ください)

【デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50 とは】

2012 年で 10 回目を迎えた「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」は、TMT(Technology, Media & Telecommunications)インダストリーの過去 3 年間の収益(売上高)成長率の上昇が著しい日本企業(上場・未上場問わず)の応募からなるランキングプログラムです。指標を収益成長率としていることにより、企業規模によらない成長性を表わすランキングとなります。
ソフトウェア、音楽・エンターテインメント、通信インフラなど、情報・メディア・通信が幅広い分野で融合する中、デロイトは、これらを TMT インダストリーと捉え、インダストリーの活性を目指し、全世界でテクノロジー Fast50/500 プログラムを展開しています。Fast50 は国レベルの、Fast500 は地域レベルの収益成長率を基準としたランキングです。Fast500は、アジア太平洋地域、北米地域、EMEA 地域で実施しています。
なお、Fast50 および Fast500 プログラムの詳細については、http://www.tohmatsu.com/fast50/ よりご覧頂けます。

ランキング対象となる事業領域は通信、ネットワーキング、コンピュータ/周辺機器、インターネット、半導体、電子部品、電子機器、ソフトウェア、コンテンツ、バイオテクノロジー、製薬、医療機器、グリーンテクノロジー、メディア/エンターテインメントです。

【本プログラムで開示されている情報について】

この情報は、集計に当たり正確を期しておりますが、企業からの回答をそのまま集計し反映したものであり、有限責任監査法人トーマツやデロイト トウシュ トーマツ リミテッド は、明示または黙示を問わず、これらの情報の正確性などについて何らかの意見を表明したり、または内容を保証したりするものではありません。


第 10 回「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノジーFast50」において 20 位にランクインしたアブラハム・グループ・ホールディングス株式会社について、本プログラムの目的に照らして不適当であると判断される事実が発覚したため、受賞を取り消しました。これに伴う他企業のランキングに変更はありません。(2013年10月11日)

Fastプログラムに関する問い合わせ先
日本テクノロジー Fast50
日本事務局
080-3468-5312
fast_japan@tohmatsu.co.jp
 

メディアからの問い合わせ先
有限責任監査法人トーマツ
コーポレートコミュニケーション
新井 香織/03-6720-8090
press-release@tohmatsu.co.jp

トーマツ グループについて: 
トーマツグループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームおよびそれらの関係会社(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング株式会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー株式会社および税理士法人トーマツを含む)の総称です。トーマツグループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各社がそれぞれの適用法令に従い、監査、税務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー等を提供しています。また、国内約 40 都市に約 7,100 名の専門家(公認会計士、税理士、コンサルタントなど)を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はトーマツグループ Webサイト(www.tohmatsu.com)をご覧ください。

デロイトについて:
Deloitte(デロイト)は監査、税務、コンサルティングおよびファイナンシャル アドバイザリーサービスをさまざまな業種にわたる上場・非上場クライアントに提供しています。
Deloitte(デロイト)とは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)およびそのネットワーク組織を構成するメンバーファームのひとつあるいは複数を指します。デロイト トウシュ トーマツ リミテッドおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。

その法的な構成についての詳細は www.tohmatsu.com/deloitte/をご覧ください。

お役に立ちましたか?

関連トピック