ニュースリリース

デロイトはアナリティクスITコンサルティングの リーダーであると有力調査会社が評価

2014年5月14日 

*本プレスリリースは、米国ニューヨークで2014年5月1日に配信された内容を翻訳したものです。

デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(DTTL)は、有力コンサルティング調査会社のKennedyが、レポート「ITコンサルティング:アナリティクス2014」においてデロイトをアナリティクスITコンサルティングのリーダーに選んだことを発表します。

Kennedyのレポートでは、アナリティクスITコンサルティングの市場動向、投資傾向、サービス提供事業者についての分析等が行われています。本レポートによると、「アナリティクスとは、データを統計的なモデリングとアルゴリズムによって活用し、信頼できる洞察の抽出、将来予測、意思決定の最適化を実現するものである。アナリティクスITコンサルティングは、機能単位や全社的な意思決定においてアナリティクスを活用するためのサービスの設計と評価を含むものである」と定義されています。

Kennedyは、「デロイトのITコンサルティングを含むアナリティクス関連サービス体系は、あらゆる業界における全てのビジネス領域のアナリティクスへのニーズに応えており、堅固で成熟し、深く広範である」と評価しています。さらに、デロイトは「アナリティクスの可視化によってアナリティクスITコンサルティングの能力を補強することができるHIVE(Highly Immersive Visual Environment: 高度な可視化環境)ラボを活用し、クライアントとの対話や発見を行っていることが支持を得ている」と、Kennedyは認識しています。

デロイトアナリティクスのグローバルリーダーであるティム・フィリップスは、「アナリティクスの対象領域はここ数年で目覚しい変革を遂げてきました。Kennedyの今回の発表は、デロイトが進化を続けるクライアントの要求に応えることによって、グローバルリーダーとしての地位を確立してきたことを認めるものです。アナリティクスやデジタルに関連する活動を集約し、企業のより全体的な戦略に適応させていくことがデロイトの強みです。価値創出のための洞察抽出と実行への素早い対応を実現させることが、デロイトの優位性です」と語りました。

レポートの主な内容:

  • 「デロイトは、自らの主要ファンクションである監査とエンタープライズ リスク サービス、コンサルティング、ファイナンシャル アドバイザリー、税務において横断的にアナリティクスの専門家を活用しており、クライアントの全般的なアナリティクス活用を実現している」
  • 「デロイトは、積極的な企業買収の戦略に加え、イノベーションやクライアントセッションに利用するデロイトグリーンハウス(アナリティクスによるイノベーション、対象選定、戦略策定を支援するための施設)の活用によって、継続的な改善と拡大を続けている」
  • 「デロイトのITコンサルティングを含むアナリティクス関連サービス体系は、あらゆる業界における全てのビジネス領域のアナリティクスへのニーズに応えており、堅固で成熟し、深く広範である」
  • 「デロイトの広範なアナリティクス関連サービスは、ハイレベルな戦略策定から、ソリューション導入、マネージドサービス、ホスティングまで多岐にわたる。ビジネス課題から掘り下げていくようなアプローチが採用されており、課題を明確にしてからソリューションの採択が行われるため、システム導入をスタート地点とするものではない」
  • 「デロイトは、ITコンサルティングを含む包括的なアナリティクス関連サービスを提供しており、そのサービスに関して、非常に明確で一貫性のあるメッセージの発信を行っている」
  • 「デロイトは、アナリティクスの可視化によってアナリティクスITコンサルティングの能力を補強するHIVE(Highly Immersive Visual Environment: 高度な可視化環境)ラボを活用し、クライアントとの対話や発見を行っている。デロイトはまた、自らの深く広範なサービス提供能力を示すため、明確なメッセージ発信とマルチチャネル・マーケティング活動を行っている」
  • 「デロイトは、HIVEラボを活用して、クライアントとさまざまなシナリオを試行してアナリティクスをどのように活用できるかを視覚化し、アナリティクスITコンサルティングの経験を高めることができる。相互性と自由度の高い環境でコンセプト検証を行うことによって、クライアントはアナリティクスの可能性をよりよく理解し、安心してアナリティクスの推進を行うことができる」
  • 「デロイトは、自らのサービス提供能力の構築とさらなる拡張に強いコミットメントを示している。デロイトグリーンハウスを世界中に設置している。各グリーンハウスにおいて提供されるHIVEのサービスは、クライアントとのワークショップに利用され、タッチスクリーンの機能を使った視覚的なアナリティクスの検討を可能とし、これによりツールや技術がどのように活用できるかを具体的に知ることができる」
  • 「デロイトの持つアナリティクスサービス体系は堅固で、広範かつ深いものであり、明確に組織化されている。デロイトの強力なビジュアライゼーション機能は、クライアントのアナリティクス活用の決定を支援している。デロイトはまた、自らのサービスを深化するため、さらなる企業買収を検討している」

メディアからの問い合わせ先

有限責任監査法人トーマツ
コーポレートコミュニケーション
新井 香織/03-6720-8090
press-release@tohmatsu.co.jp


サービスに関する問い合わせ先

デロイト アナリティクス
03-6213-1112
tohmatsu.analytics@tohmatsu.co.jp

トーマツ グループについて: 
トーマツグループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームおよびそれらの関係会社(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング株式会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー株式会社および税理士法人トーマツを含む)の総称です。トーマツグループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各社がそれぞれの適用法令に従い、監査、税務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー等を提供しています。また、国内約40都市に約7,100名の専門家(公認会計士、税理士、コンサルタントなど)を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はトーマツグループWebサイト(www.tohmatsu.com)をご覧ください。

デロイトについて:
Deloitte(デロイト)は、監査、税務、コンサルティングおよびファイナンシャル アドバイザリーサービスを、さまざまな業種にわたる上場・非上場のクライアントに提供しています。全世界150ヵ国を超えるメンバーファームのネットワークを通じ、デロイトは、高度に複合化されたビジネスに取り組むクライアントに向けて、深い洞察に基づき、世界最高水準の陣容をもって高品質なサービスを提供しています。デロイトの約200,000名におよぶ人材は、“standard of excellence”となることを目指しています。

Deloitte(デロイト)とは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)およびそのネットワーク組織を構成するメンバーファームのひとつあるいは複数を指します。デロイト トウシュ トーマツ リミテッドおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。その法的な構成についての詳細は www.tohmatsu.com/deloitte/ をご覧ください。

お役に立ちましたか?

関連トピック