ニュースリリース

「世界モバイル利用動向調査2014」

スマートフォンなどの利用状況や通信事業者、通信環境、サービス利用などを総合的に分析

デロイト トーマツ コンサルティング株式会社(東京都千代田区 代表取締役社長 近藤聡)は、世界22ヶ国約37,000人を対象として実施した「世界モバイル利用動向調査」をもとに、日本マーケットにおける動向及びイギリス・フランス・ドイツ・シンガポール・韓国との比較分析を行った結果をまとめた。

2014年12月1日

デロイト トーマツ コンサルティング株式会社(東京都千代田区 代表取締役社長 近藤聡)は、世界22ヶ国約37,000人を対象として実施した「世界モバイル利用動向調査」をもとに、日本マーケットにおける動向及びイギリス・フランス・ドイツ・シンガポール・韓国との比較分析を行った結果をまとめた。なお、調査結果の詳細は本リリースと同時に発表したレポートを確認されたい。
 

【調査結果のサマリー(抜粋)】
  1. 日本は携帯電話(スマートフォン・フィーチャーフォン)の買い替え頻度が調査国の中で最も低い
    過去5年間に携帯電話を買い替えた回数を1回以下と答える割合が日本は7割を超え、調査各国の中で最も多い。シンガポールや韓国では約7割が過去5年で2回以上買い替えたと回答。
  2. 携帯電話の購入、欧州ではオンラインが主流になりつつあるが、日本は94%が店舗で購入している
    欧州では携帯電話の購入場所としてオンラインと回答する割合が4~5割にのぼるが、日本では6%にとどまり、店舗で購入する割合がほとんどを占める。
  3. 携帯電話の1日のチェック回数、日本は10回以下が6割弱と他国に比べ少ない
    日本では1日の携帯電話のチェック回数が10回以下と答える割合が57%と調査各国の中で最も多い。ただ、スマートフォンとフィーチャーフォンのユーザーの間にはその割合に約2倍の開きがある。
  4. 日本では起床後5分以内に45%がスマートフォンをチェック。1時間以内だと約9割に
    日本のスマートフォンユーザーの45%が起床後5分以内にスマートフォンをチェックと回答。1時間以内だと87%に及ぶ。また、若年層ほどチェックするタイミングが早い。
  5. 通信会社の選定理由、日本では家族割引が最大の決め手
    通信会社の選定理由は各国とも「価格」に関する項目だが、日本では特に家族割引や友人同士の通話割引が最大の決め手となっている。
  6. スマートフォンの主なインターネット接続方法、日本はWi-Fiと携帯電話通信網が半々
    イギリスではスマートフォンの主なインターネット接続方法としてWi-Fiが7割に及ぶが日本では携帯通信網(4G、3Gなど)をあげる割合と半々。
  7. 日本ではアプリを全くダウンロードしない人が2割、他国と比較してもダウンロードする人が少ない
    日本ではアプリのダウンロードを全くしない人が2割におよび、1ヶ月以内にダウンロードしていない人も含めると5割を上回る。
     
■「世界モバイル利用動向調査 2014 」調査について

「世界モバイル利用動向調査 2014 」調査は、デロイトのテクノロジー・メディア・テレコムプラクティスによって実施された、グローバル調査である。

・調査実施期間:2014年6月~2014年7月
・調査方式:オンラインアンケート
・調査対象国:全22ヵ国
・調査対象人数:37,000人
(ニュースリリースおよびレポートではうち日本、イギリス、フランス、ドイツ、シンガポール、韓国の結果を比較)

なお、ニュースリリースおよびレポートは、調査結果の一部を紹介しながら、各国比較における日本のモバイルデバイスの浸透度、消費者のモバイルに対する態様を分析しており、日本のテクノロジー・メディア・テレコムインダストリープラクティスによって作成された。

留意点として、全てのデータは、各国の直近の指標データ(人口、年齢構成など)に基づき重要度の評価がなされている。自己申告による調査であるため、人的要因(human element)や地域ごとの文化的差異が調査結果に影響されている。

問い合わせ先

デロイト トーマツ コンサルティング株式会社
マーケティング&コミュニケーション
高橋 祐太、藤吉 栄里

03-5220-8600
DTC_PR@tohmatsu.co.jp

PDFダウンロード

こちらからニュースリリース全文がダウンロードできます。 

(PDF,226KB)

レポートダウンロード

こちらからレポート全文がダウンロードできます。

(PDF, 471KB)

トーマツグループについて:
トーマツグループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームおよびそれらの関係会社(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング株式会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー株式会社および税理士法人トーマツを含む)の総称です。トーマツグループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各社がそれぞれの適用法令に従い、監査、税務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー等を提供しています。また、国内約40都市に約7,800名の専門家(公認会計士、税理士、コンサルタントなど)を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はトーマツグループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

デロイト トーマツ コンサルティングについて:
デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)は国際的なビジネスプロフェッショナルのネットワークであるDeloitte(デロイト)のメンバーで、有限責任監査法人トーマツのグループ会社です。DTCはデロイトの一員として日本におけるコンサルティングサービスを担い、デロイトおよびトーマツグループで有する監査・税務・コンサルティング・ファイナンシャル アドバイザリーの総合力と国際力を活かし、日本国内のみならず海外においても、企業経営におけるあらゆる組織・機能に対応したサービスとあらゆる業界に対応したサービスで、戦略立案からその導入・実現に至るまでを一貫して支援する、マネジメントコンサルティングファームです。1,800名規模のコンサルタントが、国内では東京・名古屋・大阪・福岡を拠点に活動し、海外ではデロイトの各国現地事務所と連携して、世界中のリージョン、エリアに最適なサービスを提供できる体制を有しています。

デロイトについて:
Deloitte(デロイト)は監査、税務、コンサルティングおよびファイナンシャル アドバイザリーサービスをさまざまな業種にわたる上場・非上場クライアントに提供しています。全世界150を超える国・地域のメンバーファームのネットワーク通じ、デロイトは、高度に複合化されたビジネスに取り組むクライアントに向けて、深い洞察に基づき、世界最高水準の陣容をもって高品質なサービスを提供しています。デロイトの約200,000名におよぶ人材は、“standard of excellence”となることを目指しています。

Deloitte(デロイト)とは、英国の法令に基づく保証有限責任会社であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。DTTLおよびそのメンバーファームについての詳細はwww.deloitte.com/jp/aboutをご覧ください。

お役に立ちましたか?