ニュースリリース

FC今治とのトップパートナー契約について

スポーツを通じたグローバル展開や地方創生のビジョン実現に向けた“リスタート期”を応援

2015年4月3日

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(本社:東京都千代田区 代表執行役社長:近藤 聡、以下DTC)は、四国サッカーリーグ所属のFC今治(愛媛県今治市 オーナー:岡田武史)とトップパートナー契約を締結し、2015年シーズンから2年間のシーズンについて、トップパートナーとして応援します。

FC今治はグローバルで活躍できるプレーヤーの育成と輩出、グローバルで競えるチームづくりを目指すほか、単なるクラブチームの枠を越えて、コミュニティ形成、新ビジネスを含む地域活性化モデル確立による地域経済にとどまらない日本経済の活性化を目指しています。

DTCは、日本の企業・組織の課題解決やグローバル競争力強化を支援するほか、従来のコンサルティングファームの枠を越えて、地球規模の社会課題の解決も含め、企業、産業界、政府、地域、NGO・NPOなどと連携した取り組みを進め、日本経済・産業の活性化を目指しています。

従来の枠を越えて、日本からグローバルに展開し、社会・経済の活性化を目指す点において、両者の合致する点は多く、DTCはこの度、FC今治のオーナーに岡田武史氏が新規就任し、その下で新たにスタートを切る重要な2年間を応援することとなりました。

またDTCはトップパートナーとして、プロフェッショナルファームならではの知見・経験・ケイパビリティを活かし、FC今治のビジョンの実現に向けた経営基盤強化のためのプロフェッショナルとしての支援も行う予定です。

なおDTCはグローバルで競う日本企業を支援することと同じ観点でJOCのオフィシャルプロフェッショナルサービスパートナーとして世界で競う日本代表選手を昨年末まで応援してきた実績があります。

 

【FC今治 オーナー 岡田武史氏 コメント】
「多くのスポンサー企業様や多くの人々からのご支援やご協力の下、FC今治が2015シーズン開幕を迎えられますこと、感謝申し上げます。この度、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社様には、クラブのビジョンや取り組みに共感いただき、トップパートナーとして、多大なご支援を頂くことになりました。新しい挑戦に際し、グローバルに業務を展開され様々な分野ですばらしい実績を重ねられているデロイト トーマツ コンサルティング合同会社様とご一緒させていただきますこと、たいへん心強く、幸せに感じますとともに、この肩にかかる期待、責任の重さを痛感し身が引き締まる思いです」

【DTC 代表執行役社長 近藤 聡 コメント】
「クラブが目指しているOKADA METHODによる日本の『型』づくり、スポーツを軸とした地方創生・国際交流といったビジョンとチャレンジに、私たちファーム自身の企業、社会、未来への貢献に通じるものを感じ、共感スポンサーとして他のスポンサー各社様やサポーターの皆様と共に応援させていただくこととなりました。クラブ経営にとって最も重要なリスタート期をプロフェッショナルファームとしてしっかり支えていく所存です」

【FC今治概要】
チーム名:FC今治
設立年月日:2012年2月1日
ホームタウン:愛媛県今治市
ホームスタジアム:桜井海浜ふれあい広場サッカー場
所属リーグ(2015年):四国リーグ
運営会社:株式会社今治.夢スポーツ

FC今治公式サイト
http://www.fcimabari.com/

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
マーケティング&コミュニケーション
高橋 祐太、和崎 麻由奈

03-5220-8600
DTC_PR@tohmatsu.co.jp

PDFダウンロード

こちらからニュースリリース全文がダウンロードできます。

〔PDF, 264KB〕

デロイト トーマツ グループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームおよびそのグループ法人(有限責任監査法人 トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、税理士法人トーマツおよびDT弁護士法人を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査、税務、法務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー等を提供しています。また、国内約40都市に約7,900名の専門家(公認会計士、税理士、弁護士、コンサルタントなど)を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)は国際的なビジネスプロフェッショナルのネットワークであるDeloitte(デロイト)のメンバーで、日本ではデロイト トーマツ グループに属しています。DTCはデロイトの一員として日本のコンサルティングサービスを担い、デロイトおよびデロイト トーマツ グループで有する監査・税務・コンサルティング・ファイナンシャルアドバイザリーの総合力と国際力を活かし、あらゆる組織・機能に対応したサービスとあらゆるセクターに対応したサービスで、提言と戦略立案から実行まで一貫して支援するファームです。2,000名規模のコンサルタントが、デロイトの各国現地事務所と連携して、世界中のリージョン、エリアに最適なサービスを提供できる体制を有しています。

Deloitte(デロイト)は、監査、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリーサービス、リスクマネジメント、税務およびこれらに関連するサービスを、さまざまな業種にわたる上場・非上場のクライアントに提供しています。全世界150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じ、デロイトは、高度に複合化されたビジネスに取り組むクライアントに向けて、深い洞察に基づき、世界最高水準の陣容をもって高品質なサービスを提供しています。デロイトの約210,000名を超える人材は、“standard of excellence”となることを目指しています。

Deloitte(デロイト)とは、英国の法令に基づく保証有限責任会社であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。DTTLおよびそのメンバーファームについての詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。

お役に立ちましたか?