ニュースリリース

経済産業省「グローバル起業家等育成プログラム」を受託

米国シリコンバレーと東海岸に起業家・大企業の社内起業家・VCなどを派遣

有限責任監査法人トーマツは、2015年4月26日、経済産業省が公募した平成27年度予算事業「グローバル起業家等育成プログラム」の委託先として採択されました。

関連コンテンツ

2015年5月15日

有限責任監査法人トーマツは、2015年4月26日、経済産業省が公募した平成27年度予算事業「グローバル起業家等育成プログラム」の委託先として採択されました。

1.プログラムの概要

経済産業省の平成27年度予算事業「グローバル起業家等育成プログラム」は、起業家や大企業等の社内起業家、ベンチャーキャピタリスト等を米国シリコンバレーや東海岸(ケンブリッジ、ボストン周辺)等に派遣し、現地のベンチャー関係者との対話、自身の事業プランの発表などを通じて、グローバル市場への進出や社会課題の解決といった、事業目線の高い起業家等の育成と大企業からの新事業創出の担い手の育成を図るものです。有限責任監査法人トーマツは、本プログラムの事務局運営業務を担います。
安倍総理大臣は、2015年4月30日に米国シリコンバレーを訪問し、「シリコンバレーと日本の架け橋プロジェクト」を立ち上げて、ベンチャーに挑戦するヒト、大企業で新事業に挑戦するヒト、ベンチャーへの投資に挑戦するヒト、をシリコンバレーに送り、現地の投資家や起業家との対話を通じて、世界に通用する新たな事業の立ち上げに挑戦するプログラムを実行することを発表しました。これを受けて本プログラムでは、米国シリコンバレー派遣プログラムのうち、日本国内プログラム及びシリコンバレープログラムへ参加する起業家及び大企業等の企業内起業家(イントレプレナー)などの公募を2015年5月31日まで実施中です。申込Webサイト: http://sido2015.com/

2.本プログラムにおける役割と予定

(1) 米国シリコンバレー派遣プログラム

有限責任監査法人トーマツはプログラムの事務局運営を担い、コンテンツの制作及び運営について日本及び米国シリコンバレーを中心にベンチャー支援活動を行うWIL, LLC.及びその子会社に再委託します。本プログラムは、大企業の新規事業担当者や企業内起業家(イントレプレナー)を目指す方などを対象とした「日本国内プログラム」及び「シリコンバレープログラム」と、日本の投資家を対象とした「VCシリコンバレー派遣ツアー」で構成されています。

A.日本国内プログラム
起業家や大企業等の企業内起業家(イントレプレナー)などに不可欠なスキルセットとマインドセットを、全6回で事前学習、講義、ワークショップという流れで学びます。プログラム期間中に参加者は、自らの事業計画を通じて学びを実践するととともに、事業経験が豊富なメンターとの相談や交流の機会を通じて、学びを深め、イノベーションを起こすためのメソッドの体得を目指します。

対象:大企業で新規事業を担当する方、大企業で企業内起業家(イントレプレナー)を目指す方、自治体などの組織で新規事業やイノベーションの仕掛けを担当する方、事業経験を持つ起業家など
日時:2015年6月19日(金)~9月26日(土)
場所:東京都 虎ノ門ヒルズ

B.シリコンバレープログラム
プログラム参加者が自ら立案・策定した事業計画を持って、シリコンバレーのメンターや起業家に対するプレゼンテーションや、対話を通じて日本国内プログラムで得たスキルセットと気づきをリアルな場で実践し、起業家や大企業等の企業内起業家(イントレプレナー)としてのマインドセットを体得するための場とします。

対象:日本国内プログラムにて選抜されたメンバー
日時:2015年10月25日(日)~11月8日(日)
場所:米国カリフォルニア州パロアルト市

C.VCシリコンバレー派遣ツアー
シリコンバレーの事業目線の高いベンチャー企業や現地ベンチャーキャピタル(VC)との交流イベントなどを通して、日本の日本のベンチャーキャピタリスト、またはその候補者、エンジェル投資家が、米国流の投資ノウハウ、イノベーションの育成手法を学ぶ場とします。

対象:日本のベンチャーキャピタリスト、またはその候補者、エンジェル投資家
日時:2015年10月25日(日)~11月8日(日)予定
場所:米国カリフォルニア州パロアルト市

(2) 米国東海岸派遣プログラム

有限責任監査法人トーマツが主体となってプログラムの準備及び実行を行います。本プログラムでは、参加者がケンブリッジ、ボストン周辺、ニューヨーク等現地の起業家や研修・教育の実施者、アドバイザー等からの指導・助言、意見交換などを通し、日本における事業展開及びイノベーション教育に関して目線を上げる場とします。

対象:事業目線の高い起業家、新事業創出のための研修・教育の実施者など
日時:2016年2月上旬 予定
場所:米国ニューヨーク州ニューヨーク市、米国マサチューセッツ州ケンブリッジ市

3.TVSからシリコンバレーへの駐在員派遣とベンチャー関連事業の実績という強み

ベンチャー支援を行うトーマツ ベンチャーサポート株式会社(TVS)は、最先端テクノロジーやベンチャービジネスモデルに関する調査、現地ビジネスネットワーク拡大により日本発のイノベーション創出に貢献するため、2015年3月19日よりシリコンバレーに駐在員が常駐しています。日本から派遣された公認会計士が、日本の大企業や日系子会社、スタートアップ企業が現地のベンチャーキャピタルやスタートアップにアクセスできるネットワークの構築を図っています。本プログラムの実施に際しては、訪問先の調整や帯同を行い、現地ネットワークとの連携に寄与します。
また、有限責任監査法人トーマツおよびTVSは、平成25年度補正予算事業「新事業創出に関する目利き・支援人材等育成事業」(経済産業省主催)、平成25年度「創業・起業支援事業(起業家教育の実態及びベンチャー支援策の周知・普及等に関する調査)」(同)等のベンチャー関連事業を実行した実績を有しています。
さらには、TVSの有する全国2,000社のベンチャー企業とのネットワーク、デロイト トーマツ グループの大企業、ベンチャーキャピタル等への日本全国に渡るネットワークを活用し、本事業の公募・周知活動に努め、起業家の育成、新規事業の創出に貢献します。

問い合わせ先

デロイト トーマツ合同会社
コーポレートコミュニケーション
新井 香織

 03-6720-8090
press-release@tohmatsu.co.jp

PDF

こちらからニュースリリースの全文がダウンロードができます。

(PDF,216KB)

デロイト トーマツ グループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームおよびそのグループ法人(有限責任監査法人 トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、税理士法人トーマツおよびDT弁護士法人を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査、税務、法務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー等を提供しています。また、国内約40都市に約7,900名の専門家(公認会計士、税理士、弁護士、コンサルタントなど)を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)は、監査、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリーサービス、リスクマネジメント、税務およびこれらに関連するサービスを、さまざまな業種にわたる上場・非上場のクライアントに提供しています。全世界150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じ、デロイトは、高度に複合化されたビジネスに取り組むクライアントに向けて、深い洞察に基づき、世界最高水準の陣容をもって高品質なサービスを提供しています。デロイトの約210,000名を超える人材は、“standard of excellence”となることを目指しています。

Deloitte(デロイト)とは、英国の法令に基づく保証有限責任会社であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。DTTLおよびそのメンバーファームについての詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。

お役に立ちましたか?