ニュースリリース

海外拠点戦略を包括的に支援するロケーションストラテジーサービスを開始

拠点分析・選定・交渉・不動産獲得までを一貫して支援し、拠点戦略で最適な経営戦略を具現化

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、グローバル展開を図る日本企業の海外拠点戦略において、最適な拠点新設・再編を実現するための包括的な支援を行う、ロケーションストラテジーサービスの提供を開始します。

2015年8月10日

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(以下DTC)は、グローバル展開を図る日本企業の海外拠点戦略において、最適な拠点新設・再編を実現するための包括的な支援を行う、ロケーションストラテジーサービスの提供を開始します。

今回DTCが提供するサービスは、今後グローバルに新規参入を検討している日本企業、既にグローバル展開し、拠点再編を検討する日本企業向けにも提供します。企業が海外に拠点を新設または既存拠点の再編を行う際、
1. 拠点戦略策定、2. 拠点候補地の調査・評価、3. 拠点候補地の検証・選定、4. 拠点獲得準備・交渉、5. 拠点戦略実行まで一連の流れがありますが、本サービスはDTCが一元窓口となり、その全てのアプローチを一貫して実行支援するものです。また、デロイト トーマツ グループ及び海外のデロイトと連携し、拠点戦略実現のために考慮すべき様々な視点(経営・事業戦略、製造・調達・物流、組織体制、税務等)をコンサルテーションしながら拠点戦略を実現することで、企業の経営戦略を具現化します(図表1)

成功する日系グローバル企業は、自社の資産を適切なタイミングに適切な場所に配置することで、経営力・競争力を高めています。グローバルマネジメントにおいて、事業の運営コストを、例えば、地理的条件、労働人口規模、人口成長率、災害危険地域等のマクロ視点要因をきちんと分析・診断した上で、「世界で最適な拠点を選定」する必要があります。従来、拠点選定の検討主体は総務部門が担ってきた企業が多く、将来を見越した経営視点での戦略的な拠点のあり方を実現できない現実がありましたが、本サービスにより、経営、財務、地域統括のトップが、長期視点でのグローバル経営戦略に結びつけ、戦略的な拠点配置・再編を追求することが可能です。具体的には、(1)ケイパビリティ強化(市場・顧客へのアクセスの効率化、優秀人材の確保)、(2)コスト削減(人件費、ロジスティックス、公共料金、インフラストラクチャー、税金、不動産)、(3)リスク軽減(PEST、法務、災害対応)等の価値がもたらされます(図表2)

全世界150を超える国と地域にわたるネットワークを持つデロイトは、ロケーションストラテジーサービスを1919年から提供しており、8,000件以上の立地選定プロジェクトを実施してきました。その豊富な提供実績と拠点選定の基準となる様々なデータを各地域・国ごとに独自にデータベースで保有しています。今回、日本におけるメンバーファームのグループ法人であるDTCが本サービスを日本でも開始し、グローバルで300名を越えるロケーションストラテジーの専門家と協働することで、全世界の中から最適拠点を割り出し、企業に提案することができます。

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
マーケティング&コミュニケーション
高橋 祐太/和崎 麻由奈

03-5220-8600
DTC_PR@tohmatsu.co.jp

こちらからニュースリリースの全文がダウンロードできます。

〔PDF, 374 KB〕

図表1:デロイトのロケーションストラテジーサービス

図表2:海外拠点の最適化によって得られる価値

図表3:拠点選定段階での基準データの一例(米国)

拠点選定段階では輸送、労働力、インフラストラクチャー、公共施設、税制、地政学リスクなど多種多様なロケーション要因を分析して最適な立地を導き出します。

デロイト トーマツ グループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームおよびそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、税理士法人トーマツおよびDT弁護士法人を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査、税務、法務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー等を提供しています。また、国内約40都市に約7,900名の専門家(公認会計士、税理士、弁護士、コンサルタントなど)を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)は国際的なビジネスプロフェッショナルのネットワークであるDeloitte(デロイト)のメンバーで、日本ではデロイト トーマツ グループに属しています。DTCはデロイトの一員として日本のコンサルティングサービスを担い、デロイトおよびデロイト トーマツ グループで有する監査・税務・コンサルティング・ファイナンシャルアドバイザリーの総合力と国際力を活かし、あらゆる組織・機能に対応したサービスとあらゆるセクターに対応したサービスで、提言と戦略立案から実行まで一貫して支援するファームです。2,000名規模のコンサルタントが、デロイトの各国現地事務所と連携して、世界中のリージョン、エリアに最適なサービスを提供できる体制を有しています。

Deloitte(デロイト)は、監査、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリーサービス、リスクマネジメント、税務およびこれらに関連するサービスを、さまざまな業種にわたる上場・非上場のクライアントに提供しています。全世界150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じ、デロイトは、高度に複合化されたビジネスに取り組むクライアントに向けて、深い洞察に基づき、世界最高水準の陣容をもって高品質なサービスを提供しています。デロイトの約210,000名を超える人材は、“standard of excellence”となることを目指しています。

Deloitte(デロイト)とは、英国の法令に基づく保証有限責任会社であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。DTTLおよびそのメンバーファームについての詳細は www.deloitte.com/jp/aboutをご覧ください。

お役に立ちましたか?