ニュースリリース

デロイトがビジネス変革コンサルティングのリーダーに - 独立リサーチ会社調べ

デロイトは、フォレスターリサーチのレポート『ザ フォレスター ウェイブ:ビジネス変革コンサルタント会社2015年第3四半期』において、ビジネス変革コンサルティング分野のリーダーにランクされました。

関連コンテンツ

2015年8月28日

本ニュースリリースは、米国ニューヨークで2015年8月11日に配信された内容を翻訳したものです。

 

デロイトは、フォレスターリサーチのレポート『ザ フォレスター ウェイブ:ビジネス変革コンサルタント会社2015年第3四半期』において、ビジネス変革コンサルティング分野のリーダーにランクされました。デロイトは、現在のサービス提供内容、戦略および市場における存在感(同点)という評価基準で最高得点を獲得しました。レポートには「デロイトは、その顧客や業界の知見によってビジネス変革を促進し、全ての関連サービスにおいて素晴らしく高いクオリティーを示している」とあります。

この発表は、IDCがデロイトをコンサルティング能力およびビジネス戦略における世界的なリーダーとして5年連続で認めたこと、ガートナーがデロイトを2014年の市場占有率業務収入に基づく世界1位のコンサルティング組織として5年連続で認めたこと、に続くものです。

「『ニューアブノーマル』と呼ばれるほぼ恒常的な混乱状態の下で事業を運営するクライアントは、私たちの総合的なアプローチ、そしてクオリティーとイノベーションの重視によってもたらされる確実性を必要としています。ビジネス変革においては、私たちのクライアントにとっての価値を生み出し持続させるために、ディスラプティブな影響さえも取り込むリーダーシップのマインドセットが必要です」と、デロイトのグローバルコンサルティングリーダーであるジム・モファットは述べています。

「全ての変革はユニークであり、そのスタート地点やゴールはいずれも異なります」とデロイト コンサルティング LLP プリンシパル兼ビジネス トランスフォーメーション マーケットオファリング リーダーのカレン・ボウマンは述べています。「クライアントに最も効果的な結果を提供するために、私たちは早い時点でスタートを切り、よりスマートかつ迅速な仕事振りで、適切なケイパビリティを提供しながら、私たちのリーダー達をインパクトや結果についてのアカウンタビリティーに関わらせ、価値へのフォーカスを継続しています」

本レポートは、ビジネス変革コンサルティング会社に関する23の評価基準によるもので、業界で最も特筆すべき10社をとりあげています。また、各ベンダーがフォレスターの設けた基準をいかに高いレベルで満たしているか、Cスイートの重役が自社のビジネス変革を進める上での適切なパートナーを選択する助けとなるよう、各社がベンダー内でどのような位置付けにあるか、といった点について詳細に説明しています。

その他の結果

  • 「デロイトとクライアントとの関係は、ビジネスコンサルティング会社として(特に税務、エンタープライズリスク、ファイナンシャルアドバイザリーを専門とした)の実績に基づいており、長期的かつ組織に根付いたもので、重役レベルにおいて最も強固である。」
  • 「他社と同様、同社(デロイト)は数多くの買収を行っており、獲得したケイパビリティの統合や適用において優れた実績を示してきた。」
  • 「デロイトは特に、コンサルティングにおける内部・外部のリサーチ結果の活用を得意としてきた。例えば同社は、シンギュラリティー大学との協力関係によって、ソート・リーダーシップによりイノベーションにおける挑戦を続けている。このケイパビリティのおかげで同社は、ビジネス戦略の策定にあたってクライアントの先を行く(受動的ではなく)ことができる。こうした方針と実践的な経験に基づいて、同社による幅広い分野における未来の組織、組織変革マネジメント、およびソート・リーダーシップの設計は、我々がこれまで見てきた中で最も優れている。」
  • 「顧客からのフィードバックや推薦は常にきわめてポジティブであった・・・」
  • 「デロイトは、内部のリサーチと他の分野の外部情報源からのリサーチの双方を大々的に活用する。デロイトはこうしたリサーチをクライアントの抱える問題へ適用することにおいて卓越している。」
  • 「さらに、デロイトの事業の大半は同社クライアントのマネジメントチームのライフスパンをもしばしば超える長期的な関係に基づいている。デロイトは、クライアントのニーズに対する理解においてきわめて洗練されかつ創造的であり、この分野のクライアントや推薦者から高い評価を受けた。」 

問い合わせ先

デロイト トーマツ合同会社
コーポレートコミュニケーション
新井 香織

 03-6720-8090
press-release@tohmatsu.co.jp

こちらからニュースリリースの全文がダウンロードができます。

(PDF,217KB)


デロイト トーマツ グループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームおよびそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、税理士法人トーマツおよびDT弁護士法人を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査、税務、法務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー等を提供しています。また、国内約40都市に約8,500名の専門家(公認会計士、税理士、弁護士、コンサルタントなど)を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)は、監査、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリーサービス、リスクマネジメント、税務およびこれらに関連するサービスを、さまざまな業種にわたる上場・非上場のクライアントに提供しています。全世界150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じ、デロイトは、高度に複合化されたビジネスに取り組むクライアントに向けて、深い洞察に基づき、世界最高水準の陣容をもって高品質なサービスを提供しています。デロイトの約220,000名を超える人材は、“making an impact that matters”を自らの使命としています。

Deloitte(デロイト)とは、英国の法令に基づく保証有限責任会社であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。DTTLおよびそのメンバーファームについての詳細は www.deloitte.com/jp/aboutをご覧ください。

お役に立ちましたか?