ニュースリリース

デロイトをビジネスアナリティクスサービスのグローバルリーダーに選出(ガートナー)

世界大手のITリサーチ・コンサルティング会社であるガートナーが、デロイト メンバーファーム(デロイト)を2年連続でビジネスアナリティクスサービスのグローバルリーダーに選出し、実行能力でトップに位置付けたと発表しました。

関連コンテンツ

2015年10月29日

本ニュースリリースは、米国ニューヨークで2015年10月20日に配信された内容を翻訳したものです。 

世界大手のITリサーチ・コンサルティング会社であるガートナーが、デロイト メンバーファーム(デロイト)を2年連続でビジネスアナリティクスサービスのグローバルリーダーに選出し、実行能力でトップに位置付けたと発表しました。ガートナーは、調査レポート「世界のビジネスアナリティクスサービスのマジック・クアドラント(Magic Quadrant for Business Analytics Services, Worldwide)」で、ビジネスアナリティクス(BA)を「意思決定支援、データ分析、情報管理(IM)を包括する」サービスと定義しています。

レポートは、次のように報告しています。「アナリティクスを利用してビジネス上の目標達成を支援し、競争上の優位性を提供することは、非常に重要となりました。広い視点で言えば、情報がアプリケーションの単なる副産物ではなく資産となったことで、企業はプロセス駆動型から情報駆動型へと変革しつつあります」

デロイト米国におけるアナリティクス リーダーであるデロイト コンサルティングのフォレスト・ダンソンは、次のように述べています。「事業ポートフォリオ全体に影響を与える中核機能としてアナリティクスを必要とする企業が増えている現在、私たちは、企業が分析能力を高め、大量のデータを管理して測定可能なビジネス価値につながる重要なインサイト(洞察)を導き出すサポートを提供することにより、真のインサイト駆動型組織への進化を促します。私たちは、再びビジネスアナリティクスサービスのリーダーと評価されたことを非常に光栄に思います。『実行能力』の最高評価により、デロイト ネットワークのサービスの幅広さに加え、クライアントの業績を向上させるハイレベルなサービスと革新を常に提供する意欲を認められました」

ガートナーのマジック・クアドラントは、複数のビジネスアナリティクス(BA)ニーズにわたる幅広い導入支援サービスについて、18社のフルサービスプロバイダーを評価しています。サービスプロバイダーの評価基準は、実行能力とビジョンの完全性です。クライアントは、このマジック・クアドラントを利用して「さまざまなBAサービスを自社に提供するプロバイダーを認識および評価」する助けとなります。

リーダーは、以下のように定義されています。「需要を満たすとともに、市場の要求が変化しても立場を維持するためのビジョンを実証している企業。リーダーはリスクを恐れず、多くは、幅広い市場ニーズを支援することで市場を形成するよう努め、幅広い市場のオーディエンスに対応する。これには、BAソリューションをBAフレームワークのすべてのレベルに提供することも含む」

典拠:Magic Quadrant for Business Analytics Services, Worldwide、Alex SoejartoおよびNeil Chandler、2015年9月22日

###

ガートナー調査について
ガートナーは、調査出版物に記載されたいかなるベンダー、製品、サービスも支持することはなく、最高評価またはその他の評価を得たベンダーのみを選択するよう、技術ユーザーに助言することもありません。ガートナーの調査発行物は、ガートナーの研究組織の意見に基づくもので、事実の記述と解釈されるべきではありません。ガートナーは、この調査に関して、商品性または特定目的への適合性の保証を含め、明示的または黙示的を問わず、一切の保証をいたしません。

 

問い合わせ先

デロイト トーマツ合同会社
コーポレートコミュニケーション
新井 香織

 03-6720-8090
press-release@tohmatsu.co.jp


デロイト トーマツ グループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームおよびそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人およびDT弁護士法人を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査、税務、法務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー等を提供しています。また、国内約40都市に約8,500名の専門家(公認会計士、税理士、弁護士、コンサルタントなど)を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)は、監査、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリーサービス、リスクマネジメント、税務およびこれらに関連するサービスを、さまざまな業種にわたる上場・非上場のクライアントに提供しています。全世界150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じ、デロイトは、高度に複合化されたビジネスに取り組むクライアントに向けて、深い洞察に基づき、世界最高水準の陣容をもって高品質なサービスを提供しています。デロイトの約220,000名を超える人材は、“making an impact that matters”を自らの使命としています。

Deloitte(デロイト)とは、英国の法令に基づく保証有限責任会社であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。DTTLおよびそのメンバーファームについての詳細は www.deloitte.com/jp/aboutをご覧ください。

お役に立ちましたか?