ニュースリリース

デロイトをHRトランスフォーメーション コンサルティングのグローバルリーダーに選出 - ケネディ リサーチ調べ

デロイトは、ケネディ リサーチのレポート『HRトランスフォーメーション コンサルティング 2015』において、HRトランスフォーメーション コンサルティングのグローバルリーダーに選出されました。この評価は、クライアントのHRトランスフォーメーション イニシアティブとビジネス戦略を一致させ、業績に貢献するデロイトの優れた能力を裏付けています。

関連コンテンツ

2015年11月11日

本ニュースリリースは、米国ニューヨークで2015年10月6日に配信された内容を翻訳したものです。

デロイトは、ケネディ リサーチのレポート『HRトランスフォーメーション コンサルティング 2015』において、HRトランスフォーメーション コンサルティングのグローバルリーダーに選出されました。この評価は、クライアントのHRトランスフォーメーション イニシアティブとビジネス戦略を一致させ、業績に貢献するデロイトの優れた能力を裏付けています。

同報告書は、デロイトが極めて幅広いケイパビリティを持つことを評価し、次のように記しています。「デロイトは、HRトランスフォーメーション コンサルティングのバリューチェーンのすべての部分で市場優位を維持し、新しい製品、サービス、ソートリーダーシップによってイノベーションを続けています。同社は、HRトランスフォーメーションのビジネスケースを株主価値に結びつける独自の能力、人事機能のスキルアップにかける熱意で際立っているほか、デザイン思考をクリエイティブに利用して消費者向け製品を開発し、人事部を労働集約型のプロセスから解放して戦略を重視させることにも成功しています」

グローバル ヒューマン キャピタル リーダーであるブレット・ウォルシュは、次のように述べています。「私たちのリーダー的地位に対するケネディの評価は、HRトランスフォーメーション市場にとって変化の激しい時代に、6年以上にわたってリーダー的地位を維持した実績を認めるものであり、非常に意義があります。これは、私たちが差別化されたケイパビリティとビジネスインパクトを重視する姿勢を通じて提供する価値を、クライアントが高く評価していることを証明しています」

その他の調査結果

「デロイトは、財務面や業務上の機動力を重視する市場の傾向から、ビジネス主導型のHRトランスフォーメーションという価値提案を導きました。これは、人事と、収益成長に向けた事業戦略、優れたオペレーション、人材戦略を協調させることを意味します。このアプローチにより、HRトランスフォーメーションの主眼が、経費削減とプロジェクトROIの改善から、定量的、定性的なビジネスインパクトに移行します」

「デロイトは、ビジネス主導型のHRトランスフォーメーションにおいてクライアントのケイパビリティを強化する新しいモデルとリソースの開発により、考え方もサービスも進歩しました。これには、HRトランスフォーメーションのビジネスケースを株主価値に直接結びつける革新的なアプローチ、人事プロセスを消費財化するSaaSソリューション、デザイン思考を使用した人事スキルアップのための学習プログラム、Bersin by Deloitteによる世界的なリサーチポートフォリオなどがあります」

「デロイトの『インパクトの高い人事業務モデル』は、人事担当者が業務を行う伝統的な組織的境界に挑戦するものです。このフレームワークは、タレントマネジメント戦略における雇用主のバリュー・プロポジションに大きな影響を与えつつある2つのステークホルダーグループ、すなわち社外の顧客とソーシャルネットワークの重要性を認識している点が特徴的です」

「デロイトは、ブレイクスルー思考を刺激する物理的空間『Deloitte Greenhouse』を通じて、複雑な問題を解決するために没入できる研究環境を人事責任者に提供しています」

「デロイトは、旧来のソリューション、各社独自のソリューション、さらにWorkday、Oracle、SuccessFactorなどのクラウドソリューションに対応する人事テクノロジーアドバイザリーサービスを提供し、業界における市場優位を確立しました」

「デロイトは、WorkdayおよびOracleの人事マネジメントソリューション、非正規雇用やサービスの調達と管理に対応するSuccessFactorのFieldglassに関するアドバイザリーや導入サービスを初めて提供するなど、人事テクノロジー導入を牽引する強力な地位を確立しています」

「デロイトは、Salesforce.comとの独占的関係を生かし、HCM(人事管理)クラウドのエコシステムでも地位を強化しています」

HRトランスフォーメーション コンサルティングサービスに対する評価は、デロイトが、OracleやSAP / SuccessFactors、WorkdayなどのHCMクラウドベンダーから受けている評価とも一致しています。

グローバル HRトランスフォーメーション リーダーであるマイケル・ステファンは、次のように述べています。「幅広いHRトランスフォーメーション サービスにおいて私たちの優位を認めるケネディの調査結果は、私たちの投資とイノベーションの証明であり、戦略から、完全導入、運用まで、HRトランスフォーメーション プロジェクトのすべての段階で実質的な価値を提供する我々特有の能力を実証しています」

本ニュースリリースにおいて、「デロイト」はデロイト トウシュ トーマツ リミテッドのメンバーファームのみを意味します。

 

デロイトのヒューマンキャピタルサービスについて
デロイトは、組織がヒューマンキャピタルを有効に管理し、ビジネスを成長させるための支援をしています。これは、高度な分析によるタレントマネジメントとビジネス主導型の人事戦略を開発し、成果に結びつけることによってなされるものです。人事コンサルティングのリーダーであるデロイトは、ビジネス、インダストリー、人事に関する知識を効果的に結び付け、多くの専門分野にわたるプロフェッショナルサービス組織の幅広いサービスと能力、そしてグローバルネットワークに支えられています。詳細は、デロイト ヒューマンキャピタルコンサルティング(グローバルサイト・英語)をご覧ください。

問い合わせ先

デロイト トーマツ合同会社
コーポレートコミュニケーション
新井 香織

 03-6720-8090
press-release@tohmatsu.co.jp

本プレスリリースは以下の変更を2016年2月10日に行いました。
・調査会社の名称をタイトルに記載
・文中に図表を表示
・「人事変革」を「HRトランスフォーメーション」に変更

発行時(2015年11月11日付)のプレスリリースはPDFファイルをご覧ください。
こちらからダウンロードができます。

(PDF,213KB)


デロイト トーマツ グループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームおよびそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人およびDT弁護士法人を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査、税務、法務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー等を提供しています。また、国内約40都市に約8,500名の専門家(公認会計士、税理士、弁護士、コンサルタントなど)を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)は、監査、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリーサービス、リスクマネジメント、税務およびこれらに関連するサービスを、さまざまな業種にわたる上場・非上場のクライアントに提供しています。全世界150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じ、デロイトは、高度に複合化されたビジネスに取り組むクライアントに向けて、深い洞察に基づき、世界最高水準の陣容をもって高品質なサービスを提供しています。デロイトの約220,000名を超える人材は、“making an impact that matters”を自らの使命としています。

Deloitte(デロイト)とは、英国の法令に基づく保証有限責任会社であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。DTTLおよびそのメンバーファームについての詳細は www.deloitte.com/jp/aboutをご覧ください。

お役に立ちましたか?