ニュースリリース

社員のビジネス力診断サービス「Biz SCORE」を発表

職種・年齢に応じた各社員の強み・弱みを可視化、第一弾はビジネス基礎力を網羅した「Biz SCORE Basic」

人材育成のPDCAサイクルを回すカギとなる、職種・年齢に応じた各社員の強み・弱みを可視化するビジネス力診断サービスを提供開始。第一弾として、社会人2年目~5年目程度の若手社員対象のビジネス基礎力診断「Biz SCORE Basic」を提供。

関連コンテンツ

2015年12月1日

トーマツ イノベーション株式会社は、2016年2月より、ビジネスパーソンの知識・スキルを診断する法人向けの新サービス「Biz SCORE(ビズスコア)」の提供を開始します。


企業における人材育成の手法であるOJT(On-the-Job Training)は、各人の配属先や経験する案件によって身に付く知識やスキルにバラつきが生じます。また社員の年次や役職等に応じて実施される単発の研修は、実施自体が目的になりがちで一般的に効果が見えづらい状況があります。このため、「どの社員がどういった知識やスキルを有しているのか」「年次に相応しい成長をしているのか」「さらなる成長のための課題は何か」「課題に対してどのような教育施策が必要か」といった人材育成の現状や課題を人事部が十分に把握できておらず、有効な施策の実施や改善に取り組めていないという問題があります。

「Biz SCORE」は、社員の職種・年齢に応じて必要となる種々の知識やスキルの現状をテストによって明らかにし、各社員の強み・弱みの可視化を実現します。企業の人材育成計画に「Biz SCORE」を組み込むことで、人材育成上の課題把握、および課題を踏まえて立案した施策の効果検証が可能になります。社員にとっては、継続的な受験を通して自己認識を踏まえたスキルアップの目標設定から実行、再度の自己認識による成長実感の醸成が可能となります。

このように「Biz SCORE」は受験者の育成を目的とし、人材育成のPDCAサイクルのベースとしての活用を想定しています。採用や昇進・昇格の適性検査・判断材料として用いられる既存のテストサービスとは、次の2点において大きく異なります。

問い合わせ先

トーマツ イノベーション
株式会社
マーケティング・
コミュニケーション部 池内
03-5222-5111
ti-info@tohmatsu.co.jp

Biz SCOREの特長

  1. 出題
    受験者の職種・年齢において「知っていた方がよい」「知っているべき」知識やスキルを問う出題内容と、設問の中に実際の業務をイメージさせるケースを入れるなど、自分事としての認識を促し気づきや危機感を与える出題方法
  2. 結果
    他社の同じ職種・年齢の受験者との比較や受験者の強み・弱みに応じた具体的な推奨アクションなど、受験者ごとにカスタマイズされたフィードバックにより、本人に正しい自己認識を与えるテスト結果

 

第一弾として、社会人2年目~5年目程度の若手社員を主な対象として、円滑に仕事を進めるために必要とされる基礎力(4カテゴリ24テーマ)を網羅した「Biz SCORE Basic」を提供します。

Biz SCORE Basicサービス概要

サービス名称

Biz SCORE Basic(ビズスコア ベーシック)

想定対象者

社会人2年目~5年目程度の若手社員

出題内容

円滑に仕事を進めるために必要なビジネス基礎力、4カテゴリ24テーマを網羅

(カテゴリ・テーマの詳細は社員のビジネス力診断サービス「Biz SCORE」を発表(PDF)よりご確認ください)

診断方式

選択方式によるWebテスト (試験時間:90分)

※テストはトーマツ イノベーション東京本社 セミナールームで通年開催

レポート内容

受験者ごとのテーマ別スコアや同年齢・同職種の平均スコア、以前の受験結果との比較

同年齢・同職種の平均と比較した強みや弱みに対する今後の推奨アクション

提供開始日

2016年2月1日

利用料金

一社月額12,500円(税別)からの定額制(定額制は従業員数300名以下の企業を対象とした年間契約、12,500円(税別)/月は99名以下の企業の場合、301名以上の企業については都度見積り)。

※本サービスは法人契約が必要です。利用料金とは別に入会金100,000円(税別)が必要となります。
※ご契約いただいた企業に所属する社員の方はいつでも受験が可能です。

問合せ先および
サービス詳細

トーマツ イノベーション株式会社 Biz SCORE事務局
TEL:03-5222-5113
bs-support@tohmatsu.co.jp
www.ti.tohmatsu.co.jp/service/bs/

 
 


こちらからニュースリリースの全文がダウンロードができます。

(PDF,370KB)

デロイト トーマツ グループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームおよびそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人およびDT弁護士法人を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査、税務、法務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー等を提供しています。また、国内約40都市に約8,500名の専門家(公認会計士、税理士、弁護士、コンサルタントなど)を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)は、監査、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリーサービス、リスクマネジメント、税務およびこれらに関連するサービスを、さまざまな業種にわたる上場・非上場のクライアントに提供しています。全世界150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じ、デロイトは、高度に複合化されたビジネスに取り組むクライアントに向けて、深い洞察に基づき、世界最高水準の陣容をもって高品質なサービスを提供しています。デロイトの約220,000名を超える人材は、“making an impact that matters”を自らの使命としています。

Deloitte(デロイト)とは、英国の法令に基づく保証有限責任会社であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。DTTLおよびそのメンバーファームについての詳細は www.deloitte.com/jp/aboutをご覧ください。

お役に立ちましたか?