ニュースリリース

Deloitte Digitalがデジタル化に対応した顧客戦略及びカスタマーエクスペリエンスコンサルティングにおいて世界首位の評価を獲得-ケネディ調べ

デロイト メンバーファームのDeloitte Digitalは、独立調査会社ケネディリサーチ社の発表した『Digital Customer Strategy & Experience Consulting report(デジタル化における顧客戦略及びカスタマーエクスペリエンスコンサルティングリポート)』の中で、global leader(世界首位)の評価を受けました。

2016年2月24日

本ニュースリリースは、米国ニューヨークで2015年12月8日に配信された内容を翻訳したものです。

デロイト メンバーファームのDeloitte Digital(以下デロイト デジタル)は、独立調査会社ケネディリサーチ社(以下ケネディ)の発表した『Digital Customer Strategy & Experience Consulting report(デジタル化における顧客戦略及びカスタマーエクスペリエンスコンサルティングリポート)』の中で、global leader(世界首位)の評価を受けました。デロイト デジタルはThe Kennedy Vanguard™の「コンサルティング能力の幅広さ」で最上位に位置付けられています。

ケネディのリポートでは、「デロイトはデジタルコンサルティング市場に対する先見性とリスクテイクの精神を備え、かつグループとして経営資源の後ろ盾を持っていることで、急速に最大手の地位を築き、最も実績のあるデジタルコンサルティングエージェンシーの仲間入りを果たした」と報告しています。

このリポートでは、市場動向、クライアントの支出予測、競合の状況にフォーカスを当て、デジタル戦略コンサルティングプロバイダーにとっての機会と課題を浮き彫りにしています。ケネディは、デジタル戦略とカスタマーエクスペリエンスに関するコンサルティングサービスを「顧客戦略展開から、顧客データ分析、カスタマーエクスペリエンス設計に至る一連のコンサルティングサービス」からなるものだと定義しています。これらのサービスは、デジタルツールの使用を重視することで共通しており、顧客がより広範な目標を達成することを可能にします。相互作用とエクスペリエンスの質を向上するために、顧客の行動の理解を深め、影響を与えることで、企業は業績を向上させて競争力を持ち、利益性を高めることができます。

デロイト デジタルの米国地域責任者であるアンディ・メインは次のように述べています。「ケネディのリポートでは、当社の市場におけるリーダー的地位が反映されており、グローバルなネットワークを有し、業界知見を備えたグローバルデジタルコンサルティングエージェンシーであるデロイト デジタルが、顧客のデジタル志向の実現を支援していることが強調されています。ケネディが、当社の市場をリードする業績および投資を評価していることを嬉しく思います。」
 

追加調査結果
  • 「The Kennedy Vanguard™にある他の企業と同じく、顧客中心のデジタルコンサルティングサービスのリーディングプロバイダーとしてのデロイトの地位は、偶発的でも必然的でもなく、早期にデジタル市場に大きく参入するという決断した結果の賜物です。」
  • 「2012年の設立後、いくつかの買収を重ねながら基盤を築いた、独自のデジタルコンサルティングプラクティスにより、デロイトはデジタル顧客戦略とカスタマーエクスペリエンスのコンサルティング市場にサービスを提供しています。」
  • 「デロイトの優位性は、Monitor Deloitteのストラテジスト、Doblinチームの革新的な設計エキスパート、テクノロジーとデリバリーのスペシャリストの能力が集結した広いポートフォリオと、幅広い業界との強固なリレーションシップを活かした市場戦略にあります。」
  • 「マーケティング責任者は伝統的なマーケティングキャンペーンを控える傾向にあり、マーケティング費用は広告代理店からカスタマーエクスペリエンスへの投資を支援するデジタルコンサルティングエージェンシーへと向けられている。『experience is the new marketing(体験こそが新しいマーケティング)』 という動向を、デロイト デジタルは最大に享受する構えです。」
  • 「デロイト デジタルは、大規模なデジタルコンサルティングプラクティスの成功例を示すことで、競合他社に対しての差別化を図っています。」
  • 「デロイトの競合他社が、独自のデジタル事業を構築するという同社のモデルに従っているわけではありませんが、競合他社は市場におけるデロイトの成功を手本にしようとしています。」

〔デロイト デジタルについて〕

デロイトのメンバーファームによるデジタルプラクティス(Deloitte Digital:デロイト デジタル)は、新時代のデジタルコンサルティングファームの新しいモデルを構築しています。このことは、顧客の事業をデジタルで変革する手助けをするために必要なあらゆる創造力と技術力、ビジネス感覚、業界への洞察力の集結を意味します。デロイト デジタルのend to endの能力により、顧客は最大の課題を当社にもたらし、新しいビジネスビジョンを実現するために必要なもの全てを当社が備えていることを認めていただいています。http://www.deloittedigital.jp/ で当社の手法をご覧ください。

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
マーケティング&コミュニケーション
高橋、真木

03-5220-8600
DTC_PR@tohmatsu.co.jp

デロイト トーマツ グループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームおよびそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人およびDT弁護士法人を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査、税務、法務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー等を提供しています。また、国内約40都市に8,700名の専門家(公認会計士、税理士、弁護士、コンサルタントなど)を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)は国際的なビジネスプロフェッショナルのネットワークであるDeloitte(デロイト)のメンバーで、日本ではデロイト トーマツ グループに属しています。DTCはデロイトの一員として日本のコンサルティングサービスを担い、デロイトおよびデロイト トーマツ グループで有する監査・税務・法務・コンサルティング・ファイナンシャルアドバイザリーの総合力と国際力を活かし、あらゆる組織・機能に対応したサービスとあらゆるセクターに対応したサービスで、提言と戦略立案から実行まで一貫して支援するファームです。2,000名規模のコンサルタントが、デロイトの各国現地事務所と連携して、世界中のリージョン、エリアに最適なサービスを提供できる体制を有しています。

Deloitte(デロイト)は、監査、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリーサービス、リスクマネジメント、税務およびこれらに関連するサービスを、さまざまな業種にわたる上場・非上場のクライアントに提供しています。全世界150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じ、デロイトは、高度に複合化されたビジネスに取り組むクライアントに向けて、深い洞察に基づき、世界最高水準の陣容をもって高品質なサービスを提供しています。デロイトの約225,000名を超える人材は、“making an impact that matters”を自らの使命としています。

Deloitte(デロイト)とは、英国の法令に基づく保証有限責任会社であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。DTTLおよびそのメンバーファームについての詳細は www.deloitte.com/jp/aboutをご覧ください。

お役に立ちましたか?