ニュースリリース

Jリーグ所属クラブチームをビジネス・マネジメントの側面でランキング(Jリーグ マネジメントカップ)を初めて発表

公表された2014 年の財務情報等を基にビジネス・マネジメントを数値化

公表された2014年の財務情報等を基にマーケティング、経営効率、経営戦略、財務状況の4つの視点からビジネス・マネジメントを数値化。J1 浦和レッドダイヤモンズ、J2 松本山雅FC、J3 FC 町田ゼルビアがそれぞれ首位という結果となりました。

関連コンテンツ

公表された2014年の財務情報等を基にマーケティング、経営効率、経営戦略、財務状況の4つの視点からビジネス・マネジメントを数値化
J1 浦和レッドダイヤモンズ、J2 松本山雅FC、J3 FC町田ゼルビアがそれぞれ首位に

------------------------------

2015年版に関するプレスリリース:
Jリーグ所属の全クラブをビジネスマネジメントの側面からランキングした「J-League Management Cup 2015」を発表
調査レポート詳細:J-League Management Cup 2015 
2016年4月4日

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社は、2014年シーズンにJリーグから公表されている51クラブの財務情報を中心に、ビジネス・マネジメント(BM)において最も重要なテーマであるマーケティング、経営効率、経営戦略、財務状況を4つのステージに分けて数値化し、J1、J2、J3それぞれのランキングを本日発表する。2014年のBMランキングは、J1は浦和レッドダイヤモンズ、J2は松本山雅FC、J3はFC町田ゼルビアが1位となった。

近年、日本のスポーツは世界レベルでの活躍が目覚ましい。このうち、団体競技で注目を集めている競技の一つはサッカーである。そこにはJリーグの存在があり、多くのプロクラブが切磋琢磨している。クラブチームのマネジメントは、いかにゲームに勝つかという「フィールド・マネジメント(FM)」だけではない。いかにビジネスとして収益を上げ、また事業拡大をするかという「ビジネス・マネジメント(BM)」の側面がある。デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリーはデータ分析の活用によるチームマネジメントの向上に注目しており、データ分析は現在発展途上のスポーツビジネスという領域を大きく発展させる有効なツールと考えている。

 

数値化方法

  • マーケティング、経営効率、経営戦略、財務状況のそれぞれのステージにデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリーが設定したKPI(Key Performance Indicators:重要業績評価指標)を設定。それぞれのKPIは以下のとおり
    • マーケティング:平均入場者数、スタジアム集客率、新規観戦者割合、客単価
    • 経営効率:勝ち点1あたりチーム人件費、勝点1あたり入場料収入
    • 経営戦略:売上高・チーム人件費率、販営費100万円あたり入場料等収入
    • 財務状況:売上高、売上高成長率、自己資本比率
  • 上記のKPIに基づいてリーグ別にランキングに応じたポイントを付与(J1で1位は18ポイント、J2の1位は22ポイント、J3の1位は11ポイントで、それぞれ順位が1つ下がるごとに1ポイント減らす)
  • 最終的に4つのステージの累計ポイントによってランキングする
  • BMポイントが同率の場合、マーケティング、経営効率、経営戦略、財務状況の順で順位が上のクラブが上位クラブとなる

 

問い合わせ先

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
広報

03-6213-1180
dtfa.koho@tohmatsu.co.jp

「Jリーグ マネジメントカップ2014」 J1

クラブ

順位

BMポイント

マーケティング

経営効率

経営戦略

財務状況

浦和レッドダイヤモンズ

1位

141

46

★27

★31

37

セレッソ大阪

2位

137

★58

19

28

32

鹿島アントラーズ

3位

125

45

24

20

36

FC東京

4位

123

30

21

28

★44

ガンバ大阪

5位

121

51

15

 18

37

★はステージ内首位、数字はポイント数

J1 1位の浦和レッドダイヤモンズの勝因は観客動員数

浦和レッドダイヤモンズはマーケティング分野では3位、経営効率、経営戦略分野では共に1位、財務状況分野では2位と安定した成績を収め、堂々の優勝となった。
好成績を牽引したのは入場者数であり、多くの観客が集まるクラブという認知が多くの話題を呼び、それが多くのスポンサー収入やグッズ販売等の収入に繋がる構造となっていると考えられる。一方、スタジアム集客率等で課題も抱えていることから、今後も継続的にBM施策を強化していくことが期待される。

 

「Jリーグ マネジメントカップ2014」 J2

クラブ

順位

BMポイント

マーケティング

経営効率

経営戦略

財務状況

松本山雅FC

1位

192

★71

31

35

★55

ジュビロ磐田

2位

160

70

22

21

47

カマタマーレ讃岐

3位

159

42

27

★42

48

コンサドーレ札幌

4位

158

55

★32

34

37

モンテディオ山形

5位

150

51

22

35

42

★はステージ内首位、数字はポイント数

J2 1位は地域密着を徹底した松本山雅FC

松本山雅FCはマーケティング、財務状況分野では共に1位、経営効率、経営戦略分野では共に2位となっており、準優勝の磐田に大きく水をあけての優勝となっている。

松本山雅FCは地域密着を徹底した、責任企業を持たない市民クラブの代表格として認識されているクラブ。特にホームスタジアムのアルウィンは約2万人収容の球技専用スタジアムであり、その規模感も功を奏して試合観戦時の臨場感や非日常感を高いレベルで感じられる環境となっており、BM施策の効果が出やすい状況であったことも勝因のひとつと考えられる。

 

「Jリーグ マネジメントカップ2014」 J3 

クラブ

順位

BMポイント

マーケティング

経営効率

経営戦略

財務状況

FC町田ゼルビア

1位

75

★25

15

★16

19

AC長野パルセイロ

2位

75

23

12

13

★27

福島ユナイテッドFC

3位

68

16

9

★16

★27

FC琉球

4位

63

18

11

13

21

SC相模原

5位

62

15

★18

11

18

★はステージ内首位、数字はポイント数

J3 1位はマーケティング分野で長野を抑えFC町田ゼルビア

J3の1位 はFC町田ゼルビアとなった。FC町田ゼルビアはマーケティング、経営戦略分野では供に1 位、経営効率、財務状況分野では供に3 位となっており、BM ポイントではAC長野パルセイロと並んだものの、我々が重要性が高いと考えているマーケティング分野でAC長野パルセイロを抑え、僅差での優勝を勝ち取っている。

両チームはフィールド・マネジメント(FM)面での成果たるリーグ戦年間順位でも3 位および2 位となっており、BM とFM のバランスを上手く取りながらクラブ経営を行っているクラブと言えるだろう。J3 の段階からBM の重要性を認識しながらのクラブ経営が実践されることは、将来のクラブの伸び代を最大化することに直結するだろう。
 

 

こちらからニュースリリースの全文がダウンロードができます。

 

レポート全文をご希望の方は
調査レポート:J-League Management Cup 2014

をご覧ください。
 

 

[153KB]


デロイト トーマツ グループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームおよびそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人およびDT弁護士法人を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査、税務、法務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー等を提供しています。また、国内約40都市に約8,700名の専門家(公認会計士、税理士、弁護士、コンサルタントなど)を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)は、監査、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリーサービス、リスクマネジメント、税務およびこれらに関連するサービスを、さまざまな業種にわたる上場・非上場のクライアントに提供しています。全世界150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じ、デロイトは、高度に複合化されたビジネスに取り組むクライアントに向けて、深い洞察に基づき、世界最高水準の陣容をもって高品質なサービスを提供しています。デロイトの約225,000名を超える人材は、“making an impact that matters”を自らの使命としています。

Deloitte(デロイト)とは、英国の法令に基づく保証有限責任会社であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。DTTLおよびそのメンバーファームについての詳細は www.deloitte.com/jp/aboutをご覧ください。

お役に立ちましたか?