ニュースリリース

「ソーシャル・イノベーション・パイオニア」プログラムを開始

社会課題解決を目指す非営利団体や社会起業家への無償のコンサルティング提供により事業成長を支援

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、持続可能な社会の構築に向けて、社会課題解決を目指す非営利団体や社会起業家をサポートするため「ソーシャル・イノベーション・パイオニア」プログラムを立ち上げ、本日より2016年対象団体・企業の公募を開始します。

2016年5月17日

 「ソーシャル・イノベーション・パイオニア」プログラムは、DTCがCSRとして非営利団体に限定して従来から提供してきた支援活動を一歩進めるものです。支援対象を国連が採択した「持続可能な開発目標(SDGs)」とも関連する特定の課題分野で高いビジョンを掲げ、革新的な取り組みを行っている非営利団体やソーシャル・ビジネスにまで広げ、希望する団体・企業を公募します。応募のあった中から、活動の成長・拡大を通じてより一層優れた社会的インパクトを生み出していただけると期待される団体・企業を、「パイオニア」として選定します。

選定された団体・企業に対して、各々の課題やニーズを踏まえながら、当社の通常のビジネスと同等の品質と専門性に基づくコンサルティングをDTCの専属チームが無償で行い、当該団体の成長をさらに加速すると共に、そこから生み出されるインパクトを最大化することを目指します。なお、今回のプログラムは、社会的インパクトの拡大を志向するリーダーたちが切磋琢磨するラーニング・コミュニティ「IMPACT Lab.」(インパクト・ラボ)を主催する、特定非営利活動法人エティック(以下、ETIC.)の協力を得て実施します。 

初年度一回目の概要、スケジュールは以下の通りです。 

 

【2016年「ソーシャル・イノベーション・パイオニア」プログラム概要】

■公募テーマ

(1)「サプライチェーン全体を視野に入れた持続可能でエシカルな生産・消費の実現」
(2)「女性、若者、外国人を含む多様な人々の就業・経済的自立支援」

■公募対象

上記公募テーマいずれかの分野において課題解決に取組む非営利団体およびソーシャル・ビジネス

■スケジュール
  • 5月17日:公募開始
  • 6月30日:公募締切
  • 7月末頃:第一次選考終了・各団体に結果通知
  • 9月初旬:第二次選考終了・各団体に結果通知
  • 10月初旬:最終選考を経て、対象団体(=「パイオニア」)と契約締結
  • 10月末まで:対象団体(=「パイオニア」)の発表、コンサルティング支援開始
■応募方法・詳細

詳しくは下記リンクページをご覧ください。

「ソーシャル・イノベーション・パイオニア」プログラム

「ソーシャル・イノベーション・パイオニア」プログラムは、英国におけるデロイトのメンバーファームであるDeloitte LLP (以下、“英国デロイト”)によって始められたものです。英国では、同プログラムの下で2013年から2015年までの直近3年度の間に、以下のような成果を上げています。

  • 合計58の団体(非営利団体、又は、ソーシャル・ビジネス)に支援を提供
  • のべ2,000名の英国デロイトメンバーが活動に携わる
  • 合計10,000時間(2百万ポンド相当)に及ぶプロボノでのコンサルティングの提供
  • それ以外にも、個別セミナーや、対象団体の事業成長に向けたネットワーキング機会の提供などを幅広く実施
  • 対象団体の事業収入は、平均で35%増加
  • 対象団体において、合計200名分の新規雇用機会が創出された

 

関連リンク

DTCのCSR活動について
英国デロイトのプログラムの詳細について
ETIC.について
IMPACT Lab.(インパクト・ラボ)について

お問い合わせ先
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
マーケティング&コミュニケーション
高橋、真木
Email: DTC_PR@tohmatsu.co.jp

PDFダウンロード

こちらからニュースリリース全文がダウンロードできます。

〔PDF, 256KB〕

デロイト トーマツ グループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームおよびそのグループ法人(有限責任監査法人 トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人およびDT弁護士法人を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査、税務、法務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー等を提供しています。また、国内約40都市に約8,700名の専門家(公認会計士、税理士、弁護士、コンサルタントなど)を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)は国際的なビジネスプロフェッショナルのネットワークであるDeloitte(デロイト)のメンバーで、日本ではデロイト トーマツ グループに属しています。DTCはデロイトの一員として日本のコンサルティングサービスを担い、デロイトおよびデロイト トーマツ グループで有する監査・税務・法務・コンサルティング・ファイナンシャルアドバイザリーの総合力と国際力を活かし、あらゆる組織・機能に対応したサービスとあらゆるセクターに対応したサービスで、提言と戦略立案から実行まで一貫して支援するファームです。2,300名規模のコンサルタントが、デロイトの各国現地事務所と連携して、世界中のリージョン、エリアに最適なサービスを提供できる体制を有しています。

Deloitte(デロイト)は、監査、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリーサービス、リスクマネジメント、税務およびこれらに関連するサービスを、さまざまな業種にわたる上場・非上場のクライアントに提供しています。全世界150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じ、デロイトは、高度に複合化されたビジネスに取り組むクライアントに向けて、深い洞察に基づき、世界最高水準の陣容をもって高品質なサービスをFortune Global 500® の8割の企業に提供しています。“Making an impact that matters”を自らの使命とするデロイトの約225,000名の専門家については、FacebookLinkedInTwitterもご覧ください。

Deloitte(デロイト)とは、英国の法令に基づく保証有限責任会社であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。DTTLおよびそのメンバーファームについての詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。