ニュースリリース

新M&Aアナリティクスシステム「iDeal」を用いて数字に埋もれたインサイトを提供

デロイトは、M&Aアナリティクスの各種ツール・プロセス・テクニックを統合し、クライアントが活用可能な「M&A Analytics powered by iDeal」(iDeal)を開発しました。

関連コンテンツ

プレスリリース全文[PDF]

2016年9月13日

本ニュースリリースは、ニューヨークで2016年9月12日に配信された内容を翻訳したものです。


デロイトは、M&Aアナリティクスの各種ツール・プロセス・テクニックを統合し、クライアントが活用可能な「M&A Analytics powered by iDeal」(iDeal)を開発しました。

iDealにより、企業やM&A専門家は、M&Aのあらゆるフェーズを通して、潜在的ターゲットのデータからより深く有意義なインサイトを引き出すことが可能になり、迅速な回答、リアルタイムのインサイト、プロセスの効率性・有効性の向上を実現できるようになります。

iDealは、「Deloitte M&A focus on: Analytics(デロイトM&Aが重視する:アナリティクス)」 調査の直後から開発が始まりました。この調査から、回答者の68%がM&Aプロセスの一部にて既にデータ・アナリティクスを採用しており、40%がデータ・アナリティクスをディール検討における重要な手続きと捉えていることが明らかになりました。また、M&Aライフサイクルにてアナリティクスを活用する上で最も効果のあるステージとして、デューデリジェンス(42%)や取引実行(40%)等が挙げられました。ファイナンス、クライアント、マーケット、セールス、コスト削減、人材に関わる重要なインサイトをデータ・アナリティクスを通じて把握し、M&Aの意思決定に活かす企業は増えており、その傾向は今後も続きます。

米国Deloitte & Touche LLPのM&A担当パートナー、アンディ・ウィルソンは、「各国の大型案件に携わるなかで、データ・アナリティクスがM&Aの分析手法として定着しつつあり、データ・アナリティクスの上手な活用が競争上優位となることを実感している」としたうえで、「iDealは、データを深く解析し、従来の財務デューデリジェンスでは対応できないような課題も明らかにする」と述べています。

iDealは、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアのクライアントでの活用が可能、2017年以降、他国にも順次展開される予定です。
 

問い合わせ

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
マーケティング

Tel: 03-6213-1180
Email: dtfa.koho@tohmatsu.co.jp

デロイトのM&A サービスについて

デロイトは、戦略策定からパートナー選定、デューデリジェンス実施から契約締結に至るまで、M&Aライフサイクル全体を通じて、売り手、買い手、プライベート・エクイティ投資家へアドバイスを提供しています。統合プロセスや売却の支援においても、クライアントの取引・統合ニーズに対応すべくサービスを結集し、クライアントの価値創造を支援しています。

 

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリーについて

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)は国際的なビジネスプロフェッショナルのネットワークであるDeloitte(デロイト)のメンバーで、日本におけるデロイト トーマツ グループの一翼を担っています。DTFAはデロイトの一員として日本におけるファイナンシャルアドバイザリーサービスを提供、デロイトおよびデロイト トーマツ グループで有する監査、税務、法務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリーの総合力と国際力を活かし、日本国内のみならず海外においても、M&Aや企業再編、ファイナンス、不正調査など企業の経営戦略の重要な局面で、ワンストップアプローチによりさまざまなニーズにお応えしています。

こちらからニュースリリースの全文がダウンロードができます。

 

[150KB]


デロイト トーマツ グループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームおよびそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人およびDT弁護士法人を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査、税務、法務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー等を提供しています。また、国内約40都市に約8,700名の専門家(公認会計士、税理士、弁護士、コンサルタントなど)を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)は、監査、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリーサービス、リスクマネジメント、税務およびこれらに関連するサービスを、さまざまな業種にわたる上場・非上場のクライアントに提供しています。全世界150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じ、デロイトは、高度に複合化されたビジネスに取り組むクライアントに向けて、深い洞察に基づき、世界最高水準の陣容をもって高品質なサービスをFortune Global 500R の8割の企業に提供しています。“Making an impact that matters”を自らの使命とするデロイトの約225,000名の専門家については、FacebookLinkedInTwitterもご覧ください。

Deloitte(デロイト)とは、英国の法令に基づく保証有限責任会社であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。Deloitteのメンバーファームによるグローバルネットワークの詳細は www.deloitte.com/jp/aboutをご覧ください。

お役に立ちましたか?