ニュースリリース

スタートアップ向けM&Aアドバイザリーサービスを開始

スタートアップ、大企業、M&Aの知見を結集したチームでサポート

トーマツ ベンチャーサポートおよびデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリーは、スタートアップ企業を対象としたM&Aアドバイザリーサービスを本格的に開始します。一層の事業の成長に向け大企業への事業売却を視野に入れるスタートアップに対し、売却前の事業拡大から売却後の起業家のセカンドキャリアまでを支援し、スタートアップエコシステムの活性化を図ります。

2017年3月21日 

トーマツ ベンチャーサポート株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 吉村孝郎、以下TVS)、およびデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社(東京都千代田区、代表執行役社長 烏野 仁、以下DTFA)は、2017年3月よりスタートアップ企業を対象としたM&Aアドバイザリーサービスを本格的に開始します。一層の事業の成長に向け大企業への事業売却を視野に入れるスタートアップに対し、売却前の事業拡大から売却後の起業家のセカンドキャリアまでを支援し、スタートアップエコシステムの活性化を図ります。
スタートアップを取り巻く環境を見ると、資金調達環境の改善、大企業との協業の活性化やベンチャー政策の増加、メディアに取り上げられる機会の増加と、成長しやすい環境が整いつつあります。しかしながら、日本におけるスタートアップの出口戦略はIPOがほとんどであり、M&Aの事例はいまだ限られています。一方で、オープンイノベーションの普及により大企業によるスタートアップの買収ニーズが徐々に高まり、スタートアップの中にも成長戦略として大企業との資本業務提携や売却を検討する企業が増えています。そこで今般、TVSとDTFAはスタートアップ向けM&A支援メニューを設けたものです。
 

1. スタートアップ向けM&A支援メニュー 

(1) M&A実行支援

スタートアップに詳しいTVSとM&Aに関する高い専門性を持つDTFAが一体となりチームを組成し、スタートアップ起業家による最適なM&Aの実行をサポートします。

主なサポート内容

  • M&A戦略策定支援
  • 買い手ターゲットのスクリーニング
  • 想定シナジーの分析、および適正な売却価格の検討
  • M&A後を見据えたスキーム組成に関するアドバイザリー
  • 売却価格や条件等の合意に向けた交渉
  • 上記のM&Aプロセス全体のマネジメント
(2) 売却後の起業家としてのセカンドキャリア支援

売却後の起業家はエンジェル投資家になる、または、再度の起業を目指すケースが増えつつあります。そこで、TVSではグローバルベースでの豊富なベンチャーネットワークに基づいて、エンジェル投資家としての活動をサポートします。

(3) スタートアップのためのM&Aセミナーの開催

TVSとDTFAは、TVSの持つスタートアップ向けセミナーのプラットフォーム等を活用し、M&Aに関する基本的知識を分かりやすく解説するセミナーや、M&A経験のある起業家を招いた実体験の共有セッションを開催します。スタートアップのためのM&Aに関する情報は乏しく、起業家に対しM&Aへの正しい理解を促すのが目的です。
 

2. TVSおよびDTFAの強み

TVSは事業売却前から支援を行います。スタートアップへの豊富な支援実績を持つTVSのインキュベーターが、販路開拓支援、マーケティング支援、資金調達支援等による事業の拡大、および管理体制構築を支援します。また、スタートアップ支援、大企業への新規事業創出支援の実績を持つTVSと、M&Aアドバイザリーの専門家であるDTFAが協業することで、スタートアップ、大企業、M&Aの知見を結集したチームを構築します。さらに、TVSとDTFAは世界150以上の国・地域に展開するデロイト ネットワークの一員であり、グローバルのネットワークを活用し、日本のスタートアップの売却先には日本企業だけでなく、海外企業も選択肢に含まれます。スタートアップのグローバルでの事業展開を可能にします。
 

3. スタートアップのエコシステムの加速に向けM&Aの増加は不可欠

スタートアップが一層の事業の成長に向けて大企業への事業売却を考えた場合、多くの課題にぶつかるのが現状です。事業成長をより加速する必要がある、売り先を見つけることが難しい、M&A後を見据えたベストな提示条件の設定が難しい、M&Aの経験豊富な大企業との交渉が困難、株主間調整が必要、等の課題があります。また、売却後にエンジェル投資家としての活動を効果的に行いたいというニーズも多くあります。エンジェル投資家が増えることで、何度も事業を興すシリアルアントレプレナーの創出も期待できます。

本サービスによりスタートアップのM&Aを後押しすることで、起業家、ベンチャーキャピタル、メディア、支援機関、政府など多くの関係者からなるスタートアップのエコシステムを加速すべく、さらなる支援を続けます。

<報道関係者からの問い合わせ先>
有限責任監査法人トーマツ
広報 新井
03-6213-2050
Email: audit-pr@tohmatsu.co.jp
 

デロイト トーマツ グループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームおよびそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人およびDT弁護士法人を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査、税務、法務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー等を提供しています。また、国内約40都市に約9,400名の専門家(公認会計士、税理士、弁護士、コンサルタントなど)を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)は、監査、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリーサービス、リスクアドバイザリー、税務およびこれらに関連するサービスを、さまざまな業種にわたる上場・非上場のクライアントに提供しています。全世界150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じ、デロイトは、高度に複合化されたビジネスに取り組むクライアントに向けて、深い洞察に基づき、世界最高水準の陣容をもって高品質なサービスをFortune Global 500® の8割の企業に提供しています。“Making an impact that matters”を自らの使命とするデロイトの約245,000名の専門家については、FacebookLinkedInTwitterもご覧ください。

Deloitte(デロイト)とは、英国の法令に基づく保証有限責任会社であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。Deloitteのメンバーファームによるグローバルネットワークの詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。