ニュースリリース

『ソーシャル・イノベーション・パイオニア』プログラム 2017年対象団体の公募を開始

特定の社会課題解決に向けて、社会的インパクトの創出をともに目指す非営利団体へ無償でコンサルティングを提供
 

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(DTC)は、持続可能な社会の構築に向けて、「持続可能な開発目標(SDGs)」とも関連する特定の課題分野において高いビジョンを掲げ、革新的な取り組みを行っている非営利団体を広く募り、応募のあった中からDTCの専属チームによる無償のコンサルティングを通じて同団体の成長を支援する「ソーシャル・イノベーション・パイオニア」プログラムを2017年も継続実施し、対象団体の公募を本日より開始します。

2017年5月25日

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(以下DTC)は、持続可能な社会の構築に向けて、国連が採択した「持続可能な開発目標(SDGs)」とも関連する特定の課題分野において高いビジョンを掲げ、革新的な取り組みを行っている非営利団体を広く募り、応募のあった中からDTCの専属チームによる無償のコンサルティングを通じて同団体の成長を支援する「ソーシャル・イノベーション・パイオニア」プログラムを2017年も継続実施し、対象団体の公募を本日より開始します。

昨年開始した「ソーシャル・イノベーション・パイオニア」プログラム(以下、プログラム)の公募テーマは、DTCが全社で進める「社会課題への取り組み」の注力テーマ分野の中から、(1) Sustainability:「サプライチェーン全体を視野に入れた持続可能でエシカルな生産・消費の実現」、(2) Opportunity:「女性、若者、外国人を含む多様な人々の就業・経済的自立支援」を選びました。テーマ(1)については、認定特定非営利活動法人 ACE(外部サイト)、テーマ(2)については、認定特定非営利活動法人 育て上げネット(外部サイト)をパイオニアとして選定しました。それぞれの団体に対して、本プログラムのために組成されたDTC専属チームが数か月間無償でコンサルティング支援を実施しました。プログラム終了後も公募テーマに係る社会課題解決に向けて、DTCは両団体と継続的な協力・連携の可能性を検討しています。

第2回となる2017年のプログラムでも、2016年と同じ2つの公募テーマで対象団体を募集します。DTCは、それぞれのテーマで革新的な取り組みを行っている団体を選定することで、新たなパイオニアの活動基盤の拡大に貢献するとともに、第1回で選定された団体も含めた社会課題解決のエコシステム形成にチャレンジしていく方針です。なお、本プログラムは昨年に引き続き、変革の担い手として社会的インパクトの拡大を目指すリーダーのコミュニティ「IMPACT Lab.」(インパクト・ラボ)を主催する、特定非営利活動法人エティック(以下、ETIC.)の協力を得て実施します。

本年の概要、スケジュールは以下の通りです。

 

【2017年「ソーシャル・イノベーション・パイオニア」プログラム概要】

■公募テーマ:

(1) Sustainability:「サプライチェーン全体を視野に入れた持続可能でエシカルな生産・消費の実現」
(2) Opportunity:「女性、若者、外国人を含む多様な人々の就業・経済的自立支援」

■公募対象:

上記公募テーマいずれかの分野において課題解決に取組む非営利団体

■スケジュール:

5月25日: 公募開始
6月30日: 公募締切
7月末頃: 第一次選考終了・各団体に結果通知
9月末頃: 第二次選考終了・各団体に結果通知
10月末まで: 対象団体(=「パイオニア」)との契約締結・発表

■応募方法・詳細:

ウェブサイトより応募お申込み(リンク先ページをご参照ください)

2017年「ソーシャル・パイオニア・プログラム」概要

 

■参考記事:“支援する、支援される”の関係を越えた、社会変革のパートナーへ(外部サイト:「DRIVE」ETIC.運営)

(前編) ACE・デロイトの総合力で、日本企業の児童労働問題解決を前進させる

(後編) 戦略コンサルタントがソーシャルビジネスコンサルプロジェクトにみる醍醐味

DTCのCSR活動について

ETIC.について(外部サイト)

 

<本件に関する問い合わせ先>

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
「ソーシャル・イノベーション・パイオニア」プログラム事務局
Email: pioneers@tohmatsu.co.jp

報道関係者からのお問い合わせ先
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
マーケティング&コミュニケーション
高橋、真木
Tel: 03-5220-8600
Email: DTC_PR@tohmatsu.co.jp

デロイト トーマツ グループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームおよびそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人およびDT弁護士法人を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査、税務、法務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー等を提供しています。また、国内約40都市に約9,400名の専門家(公認会計士、税理士、弁護士、コンサルタントなど)を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)は、監査、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリーサービス、リスクアドバイザリー、税務およびこれらに関連するサービスを、さまざまな業種にわたる上場・非上場のクライアントに提供しています。全世界150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じ、デロイトは、高度に複合化されたビジネスに取り組むクライアントに向けて、深い洞察に基づき、世界最高水準の陣容をもって高品質なサービスをFortune Global 500® の8割の企業に提供しています。“Making an impact that matters”を自らの使命とするデロイトの約245,000名の専門家については、FacebookLinkedInTwitterもご覧ください。

Deloitte(デロイト)とは、英国の法令に基づく保証有限責任会社であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。Deloitteのメンバーファームによるグローバルネットワークの詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。