ニュースリリース

サプライチェーンプランニング・クラウドサービス「Digital Supply Network Platform」を提供開始

機能を厳選し、アジャイル手法で導入することで、低コストかつ短期間に消費財、電子部品、医療機器など様々な業種における「Digital Supply Network」の構築を支援します

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は「Deloitte Exponential」が提供するサービスとして、先端デジタル技術を活用した次世代のサプライチェーンを構築する「Digital Supply Network(DSN) Platform」の提供を開始します。

2017年8月8日

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(以下DTC)は「Deloitte Exponential」が提供するサービスとして、先端デジタル技術を活用した次世代のサプライチェーンを構築する「Digital Supply Network(DSN) Platform」の提供を開始します。

近年、製造業を中心とした経営環境の変化は激しさを増し、市場・顧客ニーズの変化に対してデジタル技術を活用して俊敏にサプライチェーン計画を軌道修正する事が求められています。先進企業においては、最先端のSuite型サプライチェーンプランニング(SCP)テクノロジーを活用し、サプライチェーンの競争優位性を確保し続けている一方で、成長段階にある企業 においては、M&A等の環境変化も多く、規模に応じた適切なテクノロジー活用ができずに、従来型のSCPオペレーションを実行している企業が多く見受けられます。

DSN PlatformはAIを活用した需要予測からアロケーション作成に至るサプライチェーン計画の策定や、KPIなどの経営情報をビジュアル化してレポーティングする機能など、SCPに必要な機能を厳選しパッケージングした(図1)クラウドサービスとして、消費財、電子部品、医療機器など、様々な企業に、環境変化に対応してサプライチェーン計画・プロセスを柔軟に変化させるDSN構築を支援します。

【図1】DSN Platformが提供する厳選されたSCPコア機能

【図1】DSN Platformが提供する厳選されたSCPコア機能
画像をクリックまたはタップすると、拡大版をご覧になれます

DSN Platformを一般的なSCP業務改革パッケージ導入と比較した場合、次の2点が特長となります。

  1. SCM構想の始動速度を早める事ができる (改革導入期間の短縮)
    デロイト グローバルが有するSCP標準ガイドラインに基づいた標準アプリケーション機能をテンプレートに、アジャイル手法による導入アプローチによって導入期間を大幅に短縮します。(図2)
  2. 従来のSuite Packageに比べ、IT投資・運用コストを削減できる
    従来のSuite Packageに比べ、企業規模に即してDTCが厳選した必要最小限のソリューションセットとなっていることからIT投資・運用コストともに大幅な削減を実現します。(図3)

【図2】SCM構想に掛かるパッケージとクラウドでの工数比較事例

【図2】SCM構想に掛かるパッケージとクラウドでの工数比較事例

【図3】プラットフォーム導入前後の投資・運用コスト変化のモデルケース

【図3】プラットフォーム導入前後の投資・運用コスト変化のモデルケース

また、DTCはDSN Platform導入後のIT運用 及び データ分析を包含したManaged Service(運用保守サービス)を通じて、適正在庫水準維持等の効果創出を支援するほか、部門内に閉じず、部門横断・サプライネットワーク全体でのデータ活用を第三者として継続支援するサービスも提供します。

DTCは、「Deloitte Exponential」のサービスとして、社会課題を中心としたビジネスを取り巻く構造的な課題の解決やルール形成の分野で、ニューテクノロジーの活用とビジネス・エコシステムの創出により、企業にエクスポネンシャルな成長機会をもたらすソリューションを多面的に提供しています。今回、DSN Platformを通じて、より多くの企業に、環境変化に対応してサプライチェーン計画・プロセスを柔軟に変化させるDSN構築を支援し、企業の指数関数的な成長を支援していきます。

 

デロイト トーマツ グループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームであるデロイト トーマツ合同会社およびそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人、DT弁護士法人およびデロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査・保証業務、リスクアドバイザリー、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、税務、法務等を提供しています。また、国内約40都市に約11,000名の専門家を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)は、監査・保証業務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリーサービス、リスクアドバイザリー、税務およびこれらに関連するサービスを、さまざまな業種にわたる上場・非上場のクライアントに提供しています。全世界150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じ、デロイトは、高度に複合化されたビジネスに取り組むクライアントに向けて、深い洞察に基づき、世界最高水準の陣容をもって高品質なサービスをFortune Global 500® の8割の企業に提供しています。“Making an impact that matters”を自らの使命とするデロイトの約245,000名の専門家については、FacebookLinkedInTwitterもご覧ください。

Deloitte(デロイト)とは、英国の法令に基づく保証有限責任会社であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。Deloitteのメンバーファームによるグローバルネットワークの詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。

本件に関する報道関係からの問い合わせ先
デロイト トーマツ コンサルティング広報担当 高橋、真木
(デロイト トーマツ コーポレートソリューション合同会社)
Tel: 03-5220-8600
Email: DTC_PR@tohmatsu.co.jp