ニュースリリース

基本行動習慣化サービス「Competency Training Program」提供開始

10,000社以上の人材育成支援を通じ開発した成果を出し続ける人材に共通する基本行動の習慣化を促すプログラムを提供

リアルでの集合研修とデジタルでのモバイルラーニングの双方から、新入社員の基本行動の習慣化を促します。さらに、個人だけでなく、同期や先輩・上司と一緒に取り組める環境が継続を後押しし、習慣化を実現します。

関連コンテンツ

2017年10月06日

トーマツ イノベーション株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 眞﨑大輔)は、2017年10月より新入社員を対象とした、「成果を出し続ける人材に共通する基本行動の習慣化」を促す新しい人材育成サービス「Competency Training Program」の提供を開始します。

 

問い合わせ先
トーマツ イノベーション株式会社
03-5222-5113
ti-info@tohmatsu.co.jp

新サービス提供の背景

「習慣が良い人材を作る」。これは、10,000社以上の人材育成を支援してきた当社が開発した、人材育成の一つの答えです。一方で、「教育に力をいれても、社員の行動が変わらず、習慣化しない」「習慣化させたい行動が多すぎるため、どれも中途半端になってしまう」「上司が忙しく、習慣化するまで育成を徹底できない」といった悩みを持つ企業が多いのも事実です。この人材育成上の大きな課題を解決するために、当社は「成果を出し続ける人材に共通する基本行動」「習慣化を促す仕組み」として「Competency Training Program」を開発しました。


新サービス「Competency Training Program」について

このたび新たに提供する「Competency Training Program」は、リアルでの集合研修とデジタルでのモバイルラーニングの双方から、新入社員の基本行動の習慣化を促すサービスです。加えて、個人だけでなく、同期や先輩・上司と一緒に取り組むことで継続を後押しし、習慣化を実現します。特長は以下の3つです。

 

1.体系化された「成果を出し続ける人材に共通する基本行動」
「整理整頓」「報連相」「挨拶」「文章力」の4つの切り口で、「成果を出し続ける人材に共通する基本行動」を体系化しました。習慣化に取り組む目的別に、必要なスキルをパッケージングして提供します。 

2.習慣化の重要性や方法を学ぶ集合研修
習慣化の重要性や、行動を習慣化するための方法を学ぶ、全3回の集合研修に参加いただけます。
集合研修には、習慣化の対象者である新入社員はもちろん、新入社員の上司・先輩も参加いただけます。 

3.習慣化を促すモバイルアプリケーション
モバイルアプリケーションを通じて毎日問いかけることで、「成果を出し続ける人材に共通する基本行動」の徹底を促します。また、自身の習慣化状況をグラフで確認することや、管理者や上司からフィードバックをもらうことで、継続を後押しします。

 

【Competency Training Program概要】
 http://www.ti.tohmatsu.co.jp/service/ctp/

ニュースリリース全文 (PDF, 411KB)

内容 

リアルでの集合研修とデジタルでのモバイルラーニングの双方から、新入社員の習慣化を促すサービス

サービス構成 

集合研修

習慣化の重要性や、行動を習慣化するための方法、秘訣を学ぶ全3回の集合研修を実施
 ①研究会Start Up  ②訪問説明会  ③研究会Feedback 

Mobile Competency

・「成果を出し続ける人材に共通する基本行動」を毎日問いかけることで習慣化を促進するモバイルアプリケーション
・基本行動の徹底を促す4つの機能を搭載
 ①問いの確認 ②実施状況確認 ③フィードバック確認 ④マイデータ

利用料金 

78,000円/1人

内訳

集合研修(全3回) 

60,000円/1人 

Mobile Competency

18,000円/1人 

初期費用

10,000円/1社 

利用期間 

7ヶ月間 

提供開始日 

2017年10月 

デロイト トーマツ グループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームであるデロイト トーマツ合同会社およびそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人、DT弁護士法人およびデロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査・保証業務、リスクアドバイザリー、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、税務、法務等を提供しています。また、国内約40都市に約11,000名の専門家を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)は、監査・保証業務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリーサービス、リスクアドバイザリー、税務およびこれらに関連するサービスを、さまざまな業種にわたる上場・非上場のクライアントに提供しています。全世界150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じ、デロイトは、高度に複合化されたビジネスに取り組むクライアントに向けて、深い洞察に基づき、世界最高水準の陣容をもって高品質なサービスをFortune Global 500® の8割の企業に提供しています。“Making an impact that matters”を自らの使命とするデロイトの約245,000名の専門家については、FacebookLinkedInTwitterもご覧ください。

Deloitte(デロイト)とは、英国の法令に基づく保証有限責任会社であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。Deloitteのメンバーファームによるグローバルネットワークの詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。