ニュースリリース:市場品質情報を分析し、リコールリスクを検知する「品質アナリティクスソリューション(QAS)」を本格提供開始

ニュースリリース

市場品質情報を分析し、リコールリスクを検知する「品質アナリティクスソリューション(QAS)」を本格提供開始

高優先度の品質問題を開発・製造部門へフィードバックし、バリューチェーン全体の品質強化と品質管理コストの低減を支援

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社と有限責任監査法人トーマツは、「Deloitte Exponential」および「Deloitte Analytics」が提供するサービスとして、リコールなどに繋がる市場品質問題を迅速に検知する「品質アナリティクスソリューション(QAS)」の提供を本格的に開始します。

2017年10月11日

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(以下、DTC)と有限責任監査法人トーマツ(以下、トーマツ)は、「Deloitte Exponential」および「Deloitte Analytics」が提供するサービスとして、リコールなどに繋がる市場品質問題を迅速に検知する「品質アナリティクスソリューション(QAS)」の提供を本格的に開始します。

市場品質問題とは、製品が市場に出てから起こる不具合などの品質問題を指します。いかに開発・製造段階で品質向上を追求していても少なからず市場品質問題は発生しています。そして、この市場品質問題への対応スピードこそが製造業において重要な課題となっている総品質コストの削減に大きく影響します。特にリコールによる製品回収になった場合など、対応が後手になれば、コスト増大のリスクに繋がります。

DTCとトーマツが提供する「QAS」は、こうしたリスクを回避するために、ビッグデータ解析技術を活用し、様々な市場品質情報から、優先度の高い問題を検知、開発・製造部門へフィードバックし、バリューチェーン全体の品質強化を支援するソリューションです。

ディーラーからの保証依頼、クレーム、整備報告等のテキストデータ含む大量データを人手で抜けもれなく精査するには限界があります。それらをビッグデータ解析技術により分析し、重大な品質問題に繋がる予兆を捉えます。「QAS」は問題が顕在化する前の段階で潜在的品質問題を自動検出するため、早期の原因調査・分析及び品質対策が開始可能となり、大幅な品質コストの削減が期待できます。また、IoTデータを取り込めば、問題発生を予測、予防保全への活用も期待できます。

今回DTCとトーマツが本格的に提供を開始する「QAS」は海外での導入実績に加え、国内企業での先行導入・利用事例を踏まえて、パイロットフェーズから導入支援、導入後の運用・維持まで一貫したサービスを提供します。また、トライアルフェーズにおいて、自社製品・事業の特性を考慮した分析モデルの検証・構築ができれば、以降は分析結果のみを享受するサービス提供スキームも用意しています。これにより、ハードウェアやソフトウェアへの大きな投資や、自社で高度な技術を持った統計解析の専門家を採用するようなこともなく、当該ソリューションの分析結果を継続的に活用することが可能です。

 

■品質アナリティクスソリューション(QAS)が提供する3つの機能【図参照】

  1. データ統合機能
    市場品質情報、社内不具合情報等の複数のデータソースから構造化・非構造化データを収集・統合する機能
  2. アナリティクス分析機能
    各企業の情報管理レベルや品質保証業務要件に基づいた複数の分析手法を組み合わせた分析モデルを構築し、構造化・非構造化データの相関分析を実施することにより潜在的品質問題を検出する機能
  3. 可視化機能
    アナリティクス分析結果から得られた高優先度の品質問題に対するスコア・警告を表示するダッシュボード機能

 

【図】品質アナリティクスソリューション(QAS)のアプローチと3つの機能

【図】品質アナリティクスソリューション(QAS)のアプローチと3つの機能
画像をクリックまたはタップすると、拡大版をご覧になれます

QASは分析の前後に必要なデータ統合・識別など、労働集約的になりがちなデータ処理プロセスの自動化をRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)との連携によって実現した実績も有しています。また、新しい製品(モデル)や不具合事象に対して継続的に必要になる検出モデルのチューニングにおいても、今後AIを活用するなど、自動化への対応も検討しています。

品質アナリティクスソリューション(QAS)の導入サービスの詳細や導入に向けたステップは、当社グループウェブサイトのサービス紹介ページをご覧ください

 

Deloitte Exponentialについて
DTCは、「Deloitte Exponential」のサービスとして、社会課題を中心としたビジネスを取り巻く構造的な課題の解決やルール形成の分野で、ニューテクノロジーの活用とビジネス・エコシステムの創出により、企業にエクスポネンシャルな成長機会をもたらすソリューションを多面的に提供しています。「QAS」を通じてDTCは、品質問題の社会的・経済的リスクを低減し、日本企業の競争力強化を支援します。

Deloitte Analyticsについて
Deloitte Analyticsはデロイトがグローバルに提供するサービスのひとつであり、全世界で約13,000人、国内300名の専門家が従事する、アナリティクスを活用したコンサルティングサービスです。トーマツは、「Deloitte Analytics」におけるビジネスコンサルティング、リスク管理対応における実績に基づく知見を「QAS」に活用し、企業のビジネス革新を支援します。

<報道機関の方からのお問い合わせ先>
デロイト トーマツ コンサルティング 広報担当 高橋、真木
(デロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社)
Tel: 03-5220-8600
Email: DTC_PR@tohmatsu.co.jp

デロイト トーマツ グループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームであるデロイト トーマツ合同会社およびそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人、DT弁護士法人およびデロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査・保証業務、リスクアドバイザリー、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、税務、法務等を提供しています。また、国内約40都市に約11,000名の専門家を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)は、監査・保証業務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリーサービス、リスクアドバイザリー、税務およびこれらに関連するサービスを、さまざまな業種にわたる上場・非上場のクライアントに提供しています。全世界150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じ、デロイトは、高度に複合化されたビジネスに取り組むクライアントに向けて、深い洞察に基づき、世界最高水準の陣容をもって高品質なサービスをFortune Global 500® の8割の企業に提供しています。“Making an impact that matters”を自らの使命とするデロイトの約245,000名の専門家については、FacebookLinkedInTwitterもご覧ください。

Deloitte(デロイト)とは、英国の法令に基づく保証有限責任会社であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。Deloitteのメンバーファームによるグローバルネットワークの詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。