お知らせ

『実践CFO経営~これからの経理財務部門における役割と実務』

デロイト トーマツ グループ著(日本能率協会マネジメントセンター刊)

デロイト トーマツ グループは、経営環境の不確実性が高まる中で事業変革を進める日本企業において、重要性が増すCFO(Chief Financial Officer)と経理財務部門の役割について、今後の道筋を示す『実践CFO経営 これからの経理財務部門における役割と実務』(本体価格4,200円)を、日本能率協会マネジメントセンターより上梓しました。

2018年4月5日

デロイト トーマツ グループは、経営環境の不確実性が高まる中で事業変革を進める日本企業において、重要性が増すCFO(Chief Financial Officer)と経理財務部門の役割について、今後の道筋を示す『実践CFO経営 これからの経理財務部門における役割と実務』(本体価格4,200円)を、日本能率協会マネジメントセンターより上梓しました。

 

【本書について】

本書は、CEO(Chief Executive Officer)と二人三脚で経営の舵取りを担うCFOおよびその組織である経理財務部門の重要性の高まりを背景に、以下の観点を踏まえた今後の道筋を示すものです。

 ◇『(普遍的に)果たすべき役割とは何か』
 ◇『知っておくべきトレンドは何か』
 ◇『今後を考える際のポイントは何か』 

デロイト トーマツ グループの会計、税務、M&A、リスクマネジメント、トレジャリー、ITなどの各分野の専門家が執筆、それぞれの専門領域について単純な技術論ではなく、ヒト、モノ、カネ、情報に与える影響や経営として対応すべき事項等を加えた考察をしています。

本書は、グローバル共通のフレームワークをベースに経理財務部門の「機能」および「各機能が有効となるための基盤要素(イネーブラー)」から構成、各専門家が環境変化を捉えたトピックを日本の商慣習や日本企業が抱えている課題などを考慮し、実践的な解説をしています。CFO、経理財務部門のミドルマネジメント層・実務担当者、CFOとともに経営を担うトップマネジメント層、経営企画担当のミドルマネジメント層が、変化するCFOおよび経理財務部門の役割を包括的に知る上で、またそれぞれ関心のある章からご覧いただけます。

 

<お問い合わせ先>
デロイト トーマツ グループ広報担当 菊池
(デロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社)
Tel: 03-6720-8920
Email: press-release@tohmatsu.co.jp

『実践CFO経営 これからの経理財務部門における役割と実務』

第1章 IFRSを含めた会計の動向と日本企業に求められる対応
 有限責任監査法人トーマツ パートナー 北方 宏樹
 有限責任監査法人トーマツ パートナー 後藤 紳太郎

第2章 事業の新陳代謝を前提とした競争優位のための経営管理とは
 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 パートナー 秦 久朗
【コラム】ポートフォリオマネジメントのためのCorporate Finance
 デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
   パートナー 小杉 徹

第3章 リスクマネジメントの要諦とCFO組織の果たすべき役割
 有限責任監査法人トーマツ パートナー 二條 優介
 有限責任監査法人トーマツ パートナー 松本 淳

第4章 グローバル財務マネジメントの高度化のあり方
 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 ディレクター 伊藤 薫
 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 シニアマネジャー 松井 詩帆

第5章 戦略組織化を見据えた税務部門のあり方とは
【コラム】日系企業の税務マネジメントに関する意識調査
 デロイト トーマツ税理士法人 パートナー 足立 佳寛
 デロイト トーマツ税理士法人 パートナー 結城 一政

第6章 M&Aを成功させるためのCFO組織の役割とは
 デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
   シニアヴァイスプレジデント 清水 昭雄
【コラム】IR組織のマネジメントのあり方とは
 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 シニアマネジャー 西田 哲朗

第7章 効率化から高付加価値へと進化するGBSのあり方
 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 パートナー 三上 徳朗

第8章 FinanceにおけるITの進化とその活用
 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 シニアマネジャー 藤原 章博
【コラム】AI/ロボティクス
 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 シニアマネジャー 大久保 理絵

第9章 CFO組織のグランドデザインと改革の進め方
 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 パートナー 信國 泰
 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 シニアマネジャー 近藤 泰彦

【書籍概要】

書名  

『実践CFO経営~これからの経理財務部門における役割と実務』

著者  

デロイト トーマツ グループ

発行所 

日本能率協会マネジメントセンター

価格  

本体4,200円(+税)

ISBN  

978-4-8207-2645-6

執筆者 

 

北方 宏樹、後藤 紳太郎、秦 久朗、小杉 徹、松本 淳、二条 優介、
伊藤 薫、松井 詩帆、足立 佳寛、結城 一政、西田 哲朗、清水 昭雄、
藤原 章博、大久保 理絵、三上 徳朗

編者  

信國 泰、近藤 泰彦

デロイト トーマツ グループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームであるデロイト トーマツ合同会社およびそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人、DT弁護士法人およびデロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査・保証業務、リスクアドバイザリー、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、税務、法務等を提供しています。また、国内約40都市に約11,000名の専門家を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)は、監査・保証業務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリーサービス、リスクアドバイザリー、税務およびこれらに関連するサービスを、さまざまな業種にわたる上場・非上場のクライアントに提供しています。全世界150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じ、デロイトは、高度に複合化されたビジネスに取り組むクライアントに向けて、深い洞察に基づき、世界最高水準の陣容をもって高品質なサービスをFortune Global 500® の8割の企業に提供しています。“Making an impact that matters”を自らの使命とするデロイトの約245,000名の専門家については、FacebookLinkedInTwitterもご覧ください。

Deloitte(デロイト)とは、英国の法令に基づく保証有限責任会社であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。Deloitteのメンバーファームによるグローバルネットワークの詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。