ニュースリリース

非金融機関向けトランザクションレンディングに係るアドバイザリーサービスを開始

ビッグデータ・IoT・AIを活用し、金融事業参入に向けた取引履歴等に基づく融資ビジネスの導入を支援

2018年7月26日

有限責任監査法人トーマツ(東京都港区、包括代表 國井泰成、以下トーマツ)は、2018年7月より、トランザクションレンディングに係るアドバイザリーのサービス提供を開始します。本サービスは、ビッグデータやIoT、AIなどの専門家と、信用リスクの専門家等で組成されたチームにより、非金融事業社向けに、金融事業参入に向けたトランザクションレンディング導入における事前調査、データ分析・モデル作成、導入までを支援するものです。

膨大な情報を収集し、それを自在に分析することが可能になった現在、様々な業種でビッグデータの活用が進んでいます。近年、非金融機関による金融事業への進出が進展しており、トランザクションレンディングは金融事業の中でもデータを利活用した代表的なサービスとなっています。従来の融資判断では財務諸表などが使われてきましたが、トランザクションレンディングでは、入出金等の取引履歴のデータを活用します。

■サービスの概要および特長

トランザクションレンディングは、企業が保有している取引履歴のデータを活用するため、従来よりも短い審査期間で融資判断を可能とする特性があります。そのため、サイクルの早いビジネス環境下においても、企業の資金ニーズに応じた迅速な資金調達を可能とし、競争優位を確立することができます。他方、非金融機関による金融事業への参入は、企業における経済圏の拡大や顧客の囲み込みにつながることから、関心が高まっています。

そこでトーマツは、トランザクションレンディングの特性を活用した新たなビジネスの導入を検討する非金融金融機関向けに、金融事業参入の支援を行います。
 

特長①事前調査から導入計画まで支援
トランザクションレンディング導入の事前調査(事例調査、自社保有データの利用可能性検討、ビジネスモデルの検討)から、スコアリングモデルの作成、ビジネスモデルの構築、および、トランザクションレンディング導入計画を支援します。

特長②データ活用における課題を解決
様々な場面においてデータの活用が問われる今、データ活用は企業にとっても重要な課題のひとつです。従来の財務データだけでなく、IoT等を通じて収集された取引データや在庫情報、顧客情報など企業が保有するビッグデータをトランザクションレンディングにおいて活用することで、データ活用における企業の課題を解決します。

特長③専門チームを組成
本サービス提供にあたっては、金融ビジネス、信用リスクアドバイザリーの専門家、ビッグデータやAIを活用したスコアリングモデル構築技術を保有するアナリティクス専門家とで専門チームを組成し、実効的なアドバイスを提供します。
 

■サービスの流れ

フェーズ1 事前調査
事例紹介、独自データの利用価値検討、ビジネスモデルの検討、ロードマップの作成を実施します。事例を基に、企業が独自に持つデータの利用価値及びビジネスモデルを検討した上でモデリングフェーズに向けたロードマップを作成します。

※クリックすると拡大表示します

フェーズ2 スコアリングモデルPoC
フェーズⅡではスコアリングモデル構築のPoC(Proof of Concept :有効性の実証)、実施、事業化に向けた論点整理、および、ロードマップの作成を行います。スコアリングモデルPoCでは、具体的に活用可能なデータをもとに、AIなどの分析技術も活用しながら、スコアリングモデル構築の試行をすることで、実現可能性、および、導入に向けた論点を洗い出しを行います。

※クリックすると拡大表示します

フェーズ3 導入計画
トランザクションレンディング事業導入に向けた構想策定から、与信業務設計、事業導入のロードマップ策定までを行います。

※クリックすると拡大表示します

■トランザクションレンディングとは
「トランザクションレンディング」とは、事業や財務・年収情報に基づく返済能力の評価および資産・担保の評価を柱とする伝統的な融資とは異なり、これまで融資審査時に利用されてこなかった売買や資金決済、顧客評価などの取引履歴(トランザクション)等のさまざまなデータを収集、モデルによって信用力判定・融資条件決定を行う枠組みです。

※クリックすると拡大表示します
  伝統的な融資 トランザクションレンディング
審査の観点 財務諸表を中心とした企業事業計画に基づく融資決定 リアルタイムのビジネス状態、売上、在庫、評価等に基づく融資判断
活用情報 財務諸表・事業計画資料・担保等 購買データ・決済データ・顧客評価・取り扱い商品等
審査期間 2週間~ 最短数分

 

 

リスクアドバイザリー 新規事業推進の関連情報

最新のナレッジやサービス事例を探す

<報道関係者からの問い合わせ先>
有限責任監査法人トーマツ
広報担当 新井
(デロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社)
Tel: 03-6213-2050
Email: audit-pr@tohmatsu.co.jp

デロイト トーマツ グループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームであるデロイト トーマツ合同会社およびそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人、DT弁護士法人およびデロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査・保証業務、リスクアドバイザリー、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、税務、法務等を提供しています。また、国内約40都市に約11,000名の専門家を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)は、監査・保証業務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリーサービス、リスクアドバイザリー、税務およびこれらに関連するサービスを、さまざまな業種にわたる上場・非上場のクライアントに提供しています。全世界150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じ、デロイトは、高度に複合化されたビジネスに取り組むクライアントに向けて、深い洞察に基づき、世界最高水準の陣容をもって高品質なサービスをFortune Global 500® の8割の企業に提供しています。“Making an impact that matters”を自らの使命とするデロイトの約245,000名の専門家については、FacebookLinkedInTwitterもご覧ください。

Deloitte(デロイト)とは、英国の法令に基づく保証有限責任会社であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。Deloitteのメンバーファームによるグローバルネットワークの詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。