ニュースリリース

仮想通貨取引分析プラットフォームを独自開発

ブロックチェーンからデータを直接収集し、仮想通貨取引を分析

有限責任監査法人トーマツは、仮想通貨の取引データを取得・分析するためのシステム「仮想通貨取引分析プラットフォーム」を独自に開発しました。

2018年9月26日 

有限責任監査法人トーマツ(東京都港区、包括代表 國井泰成、以下トーマツ)は、仮想通貨の取引データを取得・分析するためのシステム「仮想通貨取引分析プラットフォーム」を独自に開発しました。トーマツならびにデロイト トーマツ グループは、本システムをはじめ、蓄積したブロックチェーン技術を活用し、仮想通貨を扱う企業のみならずブロックチェーン技術に関わる企業向けにより高度なサービスを提供するための体制を構築しています。

仮想通貨取引分析プラットフォームは、ブロックチェーン上の記録された主要な仮想通貨の取引データを容易に抽出・分析するためのシステムです。当該プラットフォームの開発は、金融機関の監査経験者、大手金融機関での決済システムに精通した者、及び仮想通貨の基礎技術であるブロックチェーン技術に詳しい技術者が中心となって開発を行いました。また、今後さらにシステム開発を通じてブロックチェーンの技術的知見を蓄積し、新たなブロックチェーン技術が利用される領域にも活用すべく開発を続けています。

図 仮想通貨取引分析プラットフォームの概念図

仮想通貨取引分析プラットフォームの概念図
クリックして別ウィンドウ表示

仮想通貨取引分析プラットフォームの概要

仮想通貨による取引データは一般に、誰でも参照可能なパブリックブロックチェーンに記録されますが、このプラットフォームではパブリックブロックチェーンへ直接に接続して取引データを入手しています。データを外部企業や外部業者の照会機能(エクスプローラー)から提供を受けるのではなく、バイアスを受けないように自らブロックチェーンからデータを直接入手することで、分析等に使用するデータの信頼性の確保を図っています。
また、仮想通貨取引分析プラットフォームは、入手したデータに対してトーマツのビッグデータ解析技術を活用し、ある過去の時点の仮想通貨残高を一括検索する、特定のブロックチェーンアドレスにおける取引明細データを抽出し異常データを分析する等、仮想通貨取引を容易に分析することを可能としています。
仮想通貨取引分析プラットフォームは、ビットコイン、イーサリアム等の現在広く取引が行われている主要な仮想通貨をカバーしています。また、今後は、スマートコントラクト技術を用いて発行されたトークンの分析等、対応領域の拡大を目指しています。

ブロックチェーン技術のアドバイザリーに係る体制および今後の展開

トーマツは2017年より仮想通貨取引以外の領域も含めてブロックチェーン技術の適用等についてアドバイス、ブロックチェーン技術を用いた取引、記録等に係る評価手続の研究、およびそのために必要とされる内部統制設計のアドバイスを行ってきました。
また、デロイト トーマツ グループでは、2018年5月にグループの各ビジネスのテクノロジー領域でのソリューション開発・展開の一層の加速と、サービス品質向上、セキュリティ対応の高度化などに向けた様々な取り組みへの支援体制を、グループ規模で抜本的に強化するための基幹組織としてFrontier Tech Labを設立しました。

デロイト トーマツ グループは、これらの取組みを通じて得た技術ノウハウを集約・活用し、今後より仮想通貨・ブロックチェーン領域での付加価値の高いソリューションサービスを強化してまいります。

 

 

デロイト トーマツ グループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームであるデロイト トーマツ合同会社およびそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人、DT弁護士法人およびデロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査・保証業務、リスクアドバイザリー、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、税務、法務等を提供しています。また、国内約40都市に約11,000名の専門家を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)は、監査・保証業務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリーサービス、リスクアドバイザリー、税務およびこれらに関連するサービスを、さまざまな業種にわたる上場・非上場のクライアントに提供しています。全世界150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じ、デロイトは、高度に複合化されたビジネスに取り組むクライアントに向けて、深い洞察に基づき、世界最高水準の陣容をもって高品質なサービスをFortune Global 500® の8割の企業に提供しています。“Making an impact that matters”を自らの使命とするデロイトの約245,000名の専門家については、FacebookLinkedInTwitterもご覧ください。

Deloitte(デロイト)とは、英国の法令に基づく保証有限責任会社であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。Deloitteのメンバーファームによるグローバルネットワークの詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。

報道関係からの問い合わせ先
有限責任監査法人トーマツ
広報担当 新井
(デロイト トーマツ コーポレートソリューション合同会社)
Tel: 03-6213-2050
Email: audit-pr@tohmatsu.co.jp