ニュースリリース

デロイトが世界のセキュリティコンサルティングサービスにおいて、6年連続で市場シェア1位を獲得(ガートナー調べ)

ガートナーが2018年7月に発表したレポート「マーケットシェア:世界のセキュリティコンサルティングサービス2017年」(Market Share: Security Consulting Services, Worldwide, 2017)で、デロイトは6年連続して収益ベースの評価で1位に選ばれました。

20181030 

本ニュースリリースは2018年10月5日にニューヨークで配信された内容を翻訳・加筆したものです。

ガートナーが2018年7月に発表したレポート「マーケットシェア:世界のセキュリティコンサルティングサービス2017年」(Market Share: Security Consulting Services, Worldwide, 2017)で、デロイトは6年連続して収益ベースの評価で1位に選ばれました。

デロイト グローバル リスク アドバイザリー ビジネスリーダーのSam Balaji(サム・バラジ)は、次のように述べています。「サイバーセキュリティは取締役会にとっても経営陣にとっても、引き続き最優先の戦略的ビジネス課題です。デロイトはサイバー攻撃から組織を守るという支援のみならず、サイバー戦略を競争優位性の源泉として活用する支援も行うコンサルタントとして、最も選ばれる存在であり続けています」

「デロイトがセキュリティコンサルティングサービスにおいて6年連続で世界1位になったことは、私たちのサービスについて多くを語っています」と、デロイト グローバル サイバーリスク サービス リーダーのNick Galletto(ニック・ガレット)は述べています。「組織の取締役会から経営幹部までが組織のサイバーレジリエンスの決定的な重要性を認識しており、そのためにデロイトにコンサルティングを依頼しているのです」

クライアントが変化し続けるサイバー攻撃の状況に対応できるよう、デロイトはサイバーセキュリティがビジネスリスクとテクノロジーリスクの両方を含むものであることを視野にいれたうえで、End-to-Endのケイパビリティを提供します。攻撃の防止と対応方法を検討し、企業が新たな機会を解き放つことができるようなサイバーリスクの管理方法を考えます。

デロイトは戦略的目標およびリスクアペタイトに沿ったサイバーリスクプログラムに対する助言を行います。組織のもっとも重要な資産を保護する効果的な統制を導入しつつ、リスク低減および業績向上のニーズのバランスを図ります。また24時間365日稼働するデロイトのサイバー インテリジェンスセンターのグローバルなネットワークを通じて、市場のサイバーセキュリティサービスに対する需要の高まりに応じ、高度なセキュリティイベントのモニタリング、脅威アナリティクス、サイバー脅威マネジメントおよび地域の企業のインシデント対応を含む、カスタマイズ可能なマネージドセキュリティソリューションを提供します。

日本国内においても、デロイトのグローバルネットワークを活用し、グローバルと同等のサイバーセキュリティに関する包括的なサービスの提供をデロイト トーマツ リスクサービス株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 丸山満彦)が行っています。サイバー脅威に関するサイバー インテリジェンス サービスや、24時間365日のサイバー脅威監視センターなど、グローバルの知見を最大限活用したサービスを提供しています。また、各国のサイバーセキュリティ規制についても、当該国のデロイトのサイバーチームと連携した実践的な対応を実現するコンサルティングを行っています。今後ともグローバルな対応が求められるサイバーセキュリティ対応に関して、皆様の期待を超えるサービスの提供を続けます。

※当ニュースリリースで使用されている「デロイト」とは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッドのメンバーファームおよびその関係会社のみを指します。

※典拠:「Market Share: Security Consulting Services, Worldwide, 2017」
(マーケットシェア:世界のセキュリティコンサルティングサービス2017年)
Elizabeth Kim著、2018年7月26日、ガートナー

■ガートナー免責事項
ガートナーは、調査出版物に記載されたいかなるベンダー、製品、サービスも支持することはなく、最高評価またはその他の評価を得たベンダーのみを選択するよう、技術ユーザーに助言することもありません。ガートナーの調査発行物は、ガートナーの研究組織の意見に基づくもので、事実の記述と解釈されるべきではありません。ガートナーは、この調査に関して、商品性または特定目的への適合性の保証を含め、明示的または黙示的を問わず、一切の保証をいたしません。

 

 

 

デロイト トーマツ グループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームであるデロイト トーマツ合同会社およびそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人、DT弁護士法人およびデロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査・保証業務、リスクアドバイザリー、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、税務、法務等を提供しています。また、国内約40都市に約11,000名の専門家を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)は、監査・保証業務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリーサービス、リスクアドバイザリー、税務およびこれらに関連するサービスを、さまざまな業種にわたる上場・非上場のクライアントに提供しています。全世界150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じ、デロイトは、高度に複合化されたビジネスに取り組むクライアントに向けて、深い洞察に基づき、世界最高水準の陣容をもって高品質なサービスをFortune Global 500® の8割の企業に提供しています。“Making an impact that matters”を自らの使命とするデロイトの約245,000名の専門家については、FacebookLinkedInTwitterもご覧ください。

Deloitte(デロイト)とは、英国の法令に基づく保証有限責任会社であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。Deloitteのメンバーファームによるグローバルネットワークの詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。

報道機関の方からのお問い合わせ先
有限責任監査法人トーマツ
広報担当 新井、田邊
(デロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社)
Tel: 03-6213-2050
Email: audit-pr@tohmatsu.co.jp