ニュースリリース

デロイト トーマツ コンサルティングとZuora、サブスクリプション型ビジネスモデルによる企業変革推進コンサルティングで協業

サブスクリプションモデルによる新規事業開発、ビジネス戦略の策定、業務プロセスの設計、システムの全体設計からシステム導入・展開まで一貫したサービスを提供

2018年11月08日

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:宋 修永 以下、DTC)とサブスクリプション管理プラットフォームで世界をリードする米国Zuora Inc.の日本法人 Zuora Japan株式会社(ズオラ・ジャパン、本社:東京都千代田区、代表取締役社長 桑野 順一郎 以下Zuora)は協業し、サブスクリプション型ビジネスモデルによる企業変革推進コンサルティングサービスを開始します。

サブスクリプション型ビジネスモデルは、モノやサービスを定期購入・定期利用の形式で提供することで、事業者が継続的な収益を得るビジネスモデルのことを指します。デジタルコンテンツの定期購入・定期利用をはじめ、機器とサポートをパッケージにしたマネジメントサービスなど、モノ・サービスを問わず様々な業種に急速な広がりを見せており、企業は収益の安定化を通じて顧客に対して新たな価値や利便性を提供し、顧客との継続的なリレーションを構築することで収益力を向上する機会を手にしています。

DTCとZuoraは今回の協業でサブスクリプションビジネスへの転換を目指す事業者に対し、顧客ニーズの把握、競争力と共にカスタマージャーニーを考慮したサービス設計に加え、効率的かつ柔軟な事業運営を行うためのサブスクリプション管理業務の設計、システム導入、従来的な事業観からの意識変革まで含めた一貫したコンサルティングサービスを提供します。

DTCはデロイトの全世界 150 カ国 24 万人のネットワークを活かして得られる、あらゆる業界の企業変革をリードしてきた知見・経験を有しています。それに基づき、今回の協業ではサブスクリプションモデルによる新規事業開発、クライアントのステークホルダーを巻き込んだビジネス戦略の策定、サブスクリプションモデルを効率的に運営するための業務プロセスの設計、既存システムとの連携を見据えたシステムの全体設計といった、構想策定フェーズから導入・展開までを一貫して支援します。

Zuoraは、サブスクリプションへのビジネスモデルの変革と収益向上のためのクラウドベースのサブスクリプション管理プラットフォームを提供しています。このプラットフォームは継続的な収益の最適化と加入者との長期的なリレーションが必要なサブスクリプションビジネスに特化して設計され、従来のERPやCRM、販売管理等のシステムでは対応できない、サブスクリプションビジネス特有の受注から入金までの一連の業務のプロセスを、統合かつ自動化する、インテリジェントな管理ハブとして機能します。今回の協業ではサブスクリプションビジネス向けのプラットフォームの提供で世界をリードした実績をもとに、システム導入時のソリューション提供や技術的観点でのサービスを行います。

【Zuora Incについて】

・社名 :Zuora Inc.
・ホームページ :https://zuora.com
・本社所在地 :米国・カリフォルニア州
・代表者 :Tien Tzuo (CEO)
・設立 :2007年9月
・2018年ニューヨーク証券取引所上場 (証券コード ZUO) 
・資本金 :2.5億アメリカドル
・事業内容 :
Zuoraはあらゆる業界の垣根を超え、サブスクリプションビジネスにおける業務システムとなる、業界をリードするクラウドベースのサブスクリプション管理プラットフォームを提供します。Zuoraのプラットフォームはサブスクリプション・エコノミーを活発にし、動的で継続的なサブスクリプションビジネスモデルを考慮した上で設計されています。また、Zuoraのプラットフォームは、インテリジェントなサブスクリプション管理ハブとしての役割も果たし、請求や収益認識を含む、サブスクリプションビジネスにおける受注から入金までのプロセスの管理を統合、および自動化します。Zuoraは、ソフトウェアやハードウェア、メディア、エンターテイメント、製造、自動車、通信などのあらゆる業界の世界中の1,000社以上の企業にサービスを提供しています。シリコンバレーに本社を置くZuoraは、他にアトランタ、ボストン、デンバー、サンフランシスコ、ロンドン、パリ、ミュンヘン、北京、シドニー、チェンナイ、そして東京にてオフィスを運営しています。

※ZuoraはZuora Inc. の登録商標です。すべての著作権をZuoraが所有します。
※その他記載の商標は各社に帰属します。

 

<サービスに関する問い合わせ先>

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
テクノロジーストラテジーユニット システムズインテグレーションチーム
Tel: 03-5220-8600 E-mail: dtc_subscription@tohmatsu.co.jp

担当:
テクノロジーストラテジーユニット 
パートナー 根岸弘光/マネジャー 岡田圭一郎

テレコム・メディア・テクノロジーユニット 
パートナー 真鍋裕之/マネジャー亀割一徳

報道関係者からの問い合わせ先

デロイト トーマツ コンサルティング 広報担当 高橋、青堀
(デロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社)

Tel: 03-5220-8600
Email: DTC_PR@tohmatsu.co.jp

デロイト トーマツ グループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームであるデロイト トーマツ合同会社およびそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人、DT弁護士法人およびデロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査・保証業務、リスクアドバイザリー、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、税務、法務等を提供しています。また、国内約40都市に約11,000名の専門家を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)は、監査・保証業務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリーサービス、リスクアドバイザリー、税務およびこれらに関連するサービスを、さまざまな業種にわたる上場・非上場のクライアントに提供しています。全世界150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じ、デロイトは、高度に複合化されたビジネスに取り組むクライアントに向けて、深い洞察に基づき、世界最高水準の陣容をもって高品質なサービスをFortune Global 500® の8割の企業に提供しています。“Making an impact that matters”を自らの使命とするデロイトの約245,000名の専門家については、FacebookLinkedInTwitterもご覧ください。

Deloitte(デロイト)とは、英国の法令に基づく保証有限責任会社であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。Deloitteのメンバーファームによるグローバルネットワークの詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。